ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

富柏村香港日剰 日記 ブログ 網誌 博客

2018-06-23

2018年06月23日の呟板

2018-06-22

fookpaktsuen2018-06-22

農暦五月九日。雨。幾度も驟雨あり。東京からのご一行と昼は北角鳳城酒家で飲茶、晩は湾仔六國酒店粤軒で会食。二次会はN君にお任せして帰宅

▼《酒徒》作者劉以鬯先生本月8日逝世,享年九十九白壽

--------------------

Facebook:引用するには内容の深い記事等はこちらの顔本に無断転用で掲載しております。

旧「富柏村のゑぶサヒト」(こちら)には途中でアップデート止めた「香港用語の基礎知識」やかつて香港邦字紙等に連載等の富柏村記事掲載あり。

2018-06-21

fookpaktsuen2018-06-21

農暦五月八日。昼過ぎに空港。東京よりN氏来港でお迎へ。いつも何も土産も買はないんだけど友だちと痴呆症防止で久々に麻雀始めようと思つてね、どこかで麻雀牌入手できるかな?と仰るので空港からの車で上中環ヱリントン街の英發祥麻雀象牙店へ。さすがに象牙の麻雀牌は一式で80万円ほどで遊びには手が出ず。硬質塑料製の上品入手。銅鑼湾のホテルにお送りして急ぎの仕事に戻り早晩にN氏を湾仔で口開けのバーMにお連れするとカウンター席に腰かけ庭を眺めた瞬間に驟雨。近くで久々に劉健威兄の留家厨房にて夕食。豆苗のポタージュといふ珍しいものあり、蟹肉入り。N氏をホテルに送り本日二度目の空港へ。フライトはほゞ定刻だが雷や雨で貨物作業等に遅れ生ず。お二人を湾仔のホテルに送ると半夜三更。夜食に雲呑麺と所望で鵝頸橋の通宵営業の粥麺屋に飰す。

f:id:fookpaktsuen:20180623105927j:image:h180 f:id:fookpaktsuen:20180623105923j:image:h180

2018-06-20

fookpaktsuen2018-06-20

農暦五月初七。多忙の極み。森友で「また、新たな事実が」だが蹴球世界盃日本初戦白星のおかげで隅に。

▼一ヶ月程前に財務省は森友学園との国有地取引に関する交渉記録公表したが共産党の辰巳君入手の文書には、その公表文書選定の過程について物語あり。財務省で理財局と近畿財務局とのやりとりにつき「最高裁まで争う覚悟で非公表とするのだろう」と記載あり。小役人らの腹を括つた覚悟陳腐さ。近畿財務局と国土交通省大阪航空局のやりとり公表するかに否かには「中身にもよるだろう、国交省として出すのが得策かどうか検討してほしい」と記してゐたといふから資料公開ぢたい恣意的文書には(交渉記録公開の)「5/23の後、調査報告書いつ出すかは刑事処分がいつになるかに依存、官邸も早くということで法務省に何度も巻きを入れている」とまで。辰巳君は「法務省を通じて検察に官邸が介入しようとしていたということではないのか」と突いたが晋三は当然のやうに事前の質問状にない、仮定の話には回答できないとはぐらかすのみ。

2018-06-19 膿出すと言ってる人がウミの親

fookpaktsuen2018-06-19

農暦五月初六。昨日の国会(参院予算委)では共産党(辰巳孝太郎君)が森友で「また新たな文書が」。昭恵付きの谷某女による森友栃の財務省理財局への問ひ合わに財務省翌日回答の上に近畿財務局から国交省大阪航空局に情報共有で、そこに首相夫人名誉校長と書かれてゐるといふ。もう一つは森友交渉記録公表につき財務省と国交省の今年5月の意見交換記録。地震がなければ一面トップだが晋三の悪運強さ。加計も加計で地震の翌日に醜聞後初の一方的記者会見。子飼ひの事務長が誤つた発言謝罪してみせた上で (獣医学部につき)「安倍晋三首相と一切したことがない」 と。晩に山頂の某邸にて晩餐会あり末席汚す。湿度高く鬱蒼とした霧のなか。蹴球世界盃で日本がコロンビア破つたと国民ら皆が喜ぶのを眺む。

▼ 湾仔の永華雲吞麵家が夏で閉業の由。1950年創業。竹を用ゐて麺捏ねる独特の製法で窓開けっ放しの二階から竹の打たれる音が聞こえてゐた。女将は競馬好きで競馬開催日は帳場傍らで競馬中継に熱心。竹軸で麺を打つ職人も入行51年で今年72歳だつたといふ。

膿出すと言ってるがウミの親

2018-06-18

fookpaktsuen2018-06-18

農暦五月初五。端午節。晴。大阪で大きな地震。NHKで「女児が壁に挟まれて心肺停止」と連呼。「壁に挟まれた」f:id:fookpaktsuen:20180620233015j:image:w220:leftといふので想像絶したが「壁が倒れ」が正確。2.2mの壁で鉄筋も浅く控へ壁もなく、では明らかに建築法違反。先週土曜に続き本日今月二度目の終日休み居間の額縁いくつか掛けるのに壁にドリル。電動ドライバ活躍。ほゞ1ヶ月ぶりにジョギング。昼に素麺啜り晝酒。午睡。読書。百川が幕末ペリー艦隊接待に幕府の命で浦賀で数百名分の宴席料理を賄ひ神奈川条約締結後は江戸で百川が初めて外国人専用の食事室設へたといふ。百川は大政奉還のころに歴史から姿消すが幕府がペリー来航接待の未払ひや幕府の普請に資金繰り厳しくなり明治になれば洋食専門の料理屋も出来るなかで立ち位置に振れたことなど廃業理由か、と小泉先生夕方家人と珍しく太古城のCityplazaへ。Watoson’sワイン店で今月末までのHK$100クーポンで少し良いワイン贖ひGodivaチョコレート店で誕生月のプレゼント貰ひLog-On雑貨いくつか買ひジムで一ッ風呂浴びて帰宅。久々の平凡な休日端午節で粽いたゞく。

▼大地震のあとの交通麻痺。朝8時前の通勤通学混雑で車内に閉じこめられた乗客が1.6万人の由。なぜ車内に2時間近く閉じこめられるのか、と思ふが線路の安全確認作業優先で工務担当者目視原則。都市部など路線網が広く限られた人員巡回の手間がかゝる。高架線や立ち入り禁止の線路では尚更、乗客列車下りて線路から離れられもせず。

小泉武夫『幻の料亭・日本橋百川』(新潮社)より書き抜き。

  • 酒好きを「左党」と呼ぶのは大工が使ふ鑿(のみ)に由来。(右利きなら)金槌を右に持てば鑿を左手なので鑿を「飲み」に掛けて酒好きは左。
  • 大酒飲みの「虎」は女房詞で酒を「ささ」といふが、これを笹に掛けて虎は竹林に潜むところから
  • 立飲みや安酒屋で枡酒一杯が上等で十二文、中等が十文なら並は六文で今でも居酒屋で「六文銭」はそこから。六文あれば安い枡酒が一杯飲める、と。

2018-06-17

fookpaktsuen2018-06-17

農暦五月初四。快晴。長野H氏にいたゞいた共和園芸農協のサクランボ「紅香」頬張る。美味。朝から散髪済ませ夕方まで官邸執務室で残務処理。小泉武夫『幻の料亭・日本橋百川』少し読む。客筋は日本橋界隈の豪商だが、豪商パトロンとなつて大田南畝山東京伝十返舎一九らが文人墨客らが好きに遊んでゐたといふ。古くは六代目圓生、近くは志ん朝の落語でも有名な百川が長崎の卓袱料理から始まつてゐたとは知らず。それにしても小泉先生、発酵とか食品の専門家で健筆は勿論だが、こんな江戸の料亭の歴史まで研究されてゐるとは。脱帽。江戸で今日となつては幻で終はつたのが百川。当時から江戸一の料亭の八百善は形態こそ違へ今日まで。ところで志ん朝師匠の漫談「山田吾一」は映像、録音が残つてゐない?

D

2018-06-16

農暦五月初三。快晴。今日から香港は月曜の端午節まで三連休気分。f:id:fookpaktsuen:20180618082239j:image:w200:right早朝から官邸執務室で急ぎの縫ひ物仕事済ませ昼前に銅鑼湾。理髪室で来港散髪のH氏と落ち合ひタクシーで沙田競馬場。季末のこの時期の競馬は低クラスの未勝馬ばかり集めたレースばかりで騎手でモレイラ、プルトンで地味に行けばいゝのだが幾つかのレースで複勝当てた程度で先週に続き負け。どうにもならぬ。8レース終はつたところで退散。タクシーで油麻地のH氏のホテル。一端休憩でH氏は客室に戻りアタシは近くのジムで一っ風呂浴びて再開。バスで佐敦まで行き白加士街。昼に食べ過ぎであまり腹も減らずといふことで麥文記で雲呑麺、隣の澳洲牛奶公司はH氏のお嬢さんが香港に来ると、の好物の牛乳プリンでH氏は食したことがないといふ。いずれもアタシも何年ぶりかしら。何度も来港してゐるH氏だが廟街も歩いたことがないといふので、こゝもいつ来て以来か、で路上の屋台ひやかし油麻地まで完歩。H氏ホテルに送り帰宅

f:id:fookpaktsuen:20180618081800j:image:H200 f:id:fookpaktsuen:20180618081755j:image:H200 f:id:fookpaktsuen:20180618081751j:image:H200

2018-06-15

fookpaktsuen2018-06-15

農暦五月初二。曇。長野よりH氏来港。早晩に湾仔。廈門街の渝川會所(Yu Chuan Club)にて四川料理。f:id:fookpaktsuen:20180618075129j:image:w180:left働き手が誰も親切で心地よい。路面のパブで食後のビール飲み帰宅

▼首相の嘘。「嘘つきは晋三の始まり」といふ諺できてしまひさうだが晋三が勝手なことをいふのは自由。少なくても同じバカでも森喜朗のときは喜朗の放言を許さないだけの社会のモラル通用してゐたが晋三の場合はまさに言ひ放題で、それを律する力が党内にも社会にもない。そこで晋三がのさばる。本人は今この局面で首相として日本を率ゐることできるのはまさに自分のみと思つてゐる。結局それを否定できぬのだから、どうしようもない。

2018-06-14

fookpaktsuen2018-06-14

農暦五月初一。蹴球世界盃開催前に二番人気の獨逸にかける。日本優勝は250倍。

2016年2月の旺角での「暴動」につき首謀者とされる若者一人に懲役6年の実刑判決1960年制定のPublic Order(公安条例)適用。無謀な市街動乱であつたが主な先導者のうち、この若者は香独唱へる団体代表。パッテン元総督がこの条例適用での重刑に市民の政治的自由、言論の自由に対する政府の過剰な措置懸念表明。やつてゐることは100年前の中共運動家に比べても他愛ことないが悲しいかな「中共の香港」らしい措置のあることよ。

2018-06-13

fookpaktsuen2018-06-13

農暦四月晦日。雨。早晩に日本人倶楽部食堂「さくら」。20年も仕事で関はつたご夫婦仕事終ひで知己の面々で会食。f:id:fookpaktsuen:20180616082311j:image:w220:left末席汚す。ご主人が酒飲みでAberfeldy18年もの持参され飲み始めたら、やけに量があると思つたら1ℓ瓶。飲み干し。帰宅するつもりがふと最近は陋宅でマイブームのBloody Maryをバーで飲みたくなりバーに向かふ。途中、小用もよほし公厠に入つたのはいゝが酔ひがまはつたか長傘置き忘れ暫く歩いてそれに気付きCox Londonの傘では誰かに持つていかれたか、と慌てゝ公厠に還ると厠の入り口にアタシの傘を持ち立つてゐる青年をり「はい忘れ物」と渡される。なんてありがたい。バーMでBloody Mary一杯だけ飲み帰宅

朝鮮中央放送国内向けに流れた新加坡会談でのビデオには驚いた。冒頭の曲が米帝の「赤い河の谷間」で途中で流れたのは「シヴァ女王である

▼(毎日新聞)安倍首相と拉致解決与良正男こちら

そもそも首相はしばらく前は「圧力をかけ続ければ早晩北朝鮮の体制崩壊する」と言い続けていた。今度も最大限の圧力をかけて北朝鮮が完全に白旗を揚げてくる筋書きを想定していたはずだ。

ところがトランプ氏が予想以上に米朝協議に前のめりになり、軌道修正を余儀なくされて、あわてて「私も金正恩(キムジョンウン)氏と会談」と言い出しているのではなかろうか。

いや、今回はそれを批判したいわけではないのだ。「北朝鮮はけしからん」と言うだけで何もしないのが最悪である。経緯はともかくこの好機を生かすべきだと思う。この問題には首相の進退がかかっている。

2018-06-12 さよなら僕のともだち

fookpaktsuen2018-06-12

農暦四月廿九日。午後から雨。午後遅くある場所で静かにしてゐなければいけないところで暇つぶし新聞をiPadで読んでゐて思わず「えっ!」f:id:fookpaktsuen:20180614095115j:image:h150:leftと大きな声を上げてしまひ周囲驚かせたのは森田童子悲報。四月二十六日に亡くなつてゐたとJASRACが発表(遺族が印税等の処置をしたからか)。享年65歳。高校の頃に「聴いてゐると自殺したくなる」と誰かに聞いて試しに聴いてみたら十代の多感なときに何とも共感1983年森田童子音楽活動中止で、その年だつたか前年だつたか仙台の戦災復興記念館で初めてで最後森田童子ライブLPは全7枚。記憶の彼方にゐるはずの孤高の歌ひ手のはずが1993年TBSのドラマ「高校教師」で「ぼくたちの失敗」がテーマ曲になり突然のリバイバル。ドラマの筋からすると違和感もあつたが、これでベスト盤CDが発売に。出かけた先があんまり冷房がきつくて、すつかり身体が冷えてしまひ通りがかりのマクドに寄ると今のマクドはかなり収益効率化で昔からのマクド部分はハンバーガー等とソフトドリンクのみの販売で温かい飲み物は隣のMacCafeでどうぞ、と。カラメルラテで暖をとりながらiPhoneで森田童子を聴いてゐたら昔のことなどいろ/\思ひ出して涙腺まで緩む。陋宅に戻りLP棚を確かめたら森田童子全7枚のLPが揃つてゐた。f:id:fookpaktsuen:20180614095107j:image:h150:right

▼米朝首脳会談@新加坡。非核化なら北朝鮮ではなく米国だろ。北にとつては余りに不平等交渉だが得たのは「体制保障確約」。それでも米国相手に金正恩はあの若さでご立派。f:id:fookpaktsuen:20180614095749j:image:w240:left英語仏語なら多少のやりとりなら通訳要らずで外交なら晋三よりずつとマシ。この会談受け晋三は拉致問題が共同声明に盛り込まれてゐないがクリントンに対して拉致問題で……と言ひ訳が精一杯。横田早紀江刀自は「奇跡起きた」と喜んでみせるが曽我ひとみさんは「とても残念」と。それにしてもこの「歴史的な」会談NHKなどNW9のキャスター、紐育とソウルから支局長まで鳩まる必要あるのか? たゞ遠巻きに会場等背伸びして眺めるだけ。日本の立ち位置そのもの。

▼新潟知事選のかげで東京の中野区長選では立憲、国民、自由、社民推薦の元区職員酒井直人氏が自公推薦の5選目指す現職破る。中野区議の補選でも立憲の新人が自民破り当選

f:id:fookpaktsuen:20180613064729j:image:w300:right

1. Donald Trump, US president

2. John Bolton, US national security adviser

3. Kazuyuki Yamazaki, Japanese senior deputy minister for foreign affairs

Promoted to the post in July 2017, he recently led a Japanese delegation to Pakistan and took part in joint talks between Japan, China and South Korea in Seoul about a proposed free trade agreement.

4. Shinzo Abe, Japan's prime minister

He has come under increased pressure to join retaliatory measures against America's tariffs. This puts him in a difficult position - he has tried hard to cultivate a warm relationship with President Trump and the two are said to have met at least 10 times since he was elected to the White House.

5. Yasutoshi Nishimura, Japanese deputy chief cabinet secretary

The MP from Japan's governing party once worked in the ministry of international trade and industry.

6. Angela Merkel, German chancellor

She has been at the forefront of talks to try to resolve differences at the summit, as is clear in this photo. Mrs Merkel apparently floated an idea to set up a mechanism to resolve trade disputes between the US and its allies on Friday. Asked during the summit about her relationship with President Trump, Mrs Merkel said the two leaders did not always agree but could talk to each other: "I can say that I maintain a very open and direct relationship with the American president."

7. Emmanuel Macron, French president

8. Theresa May, UK prime minister

9. Larry Kudlow, director of the US National Economic Council

2018-06-11

fookpaktsuen2018-06-11

農暦四月廿八日。猛暑。来客あり午後から空港へ。とても機能的な香港国際空港だがターミナル1のL6の通路f:id:fookpaktsuen:20180613065119j:image:w170:left何のためなのか、わからない。ほとんど誰も歩いてゐない。ターミナルからエアポートエクスプレスの下りホーム(空港→Asia World Expo)への連絡通路があるがほとんど誰も利用しない。晩に食前酒。最近マイブーム岡田屋(Aeon)はTOPVALUの「30種の野菜ミックス」ジュース。これでカクテルは?と思つて咄嗟の思いつきでズブロッカで合はせてみたら、こりゃイケる。

▼結局、平壌はイリューシン62型のチャムメ1号ではなく中国民航のB747ご利用だとか。中共提供は準政府専用機のB-2447で前日に平壌に飛び金正恩を乗せ平壌発ち行き先を北京のCX122便だとした上で中共領空に入つてからシンガポール行きのCA61便にコード変更といふ演出。でチャムメ1号もちゃんと460km飛んで見せたのだから大したもの。北のシンガポールでのお泊まりSt.Regisでアタシはずつと「サンレジ」と読んでゐたが日本の報道ではf:id:fookpaktsuen:20180613065106j:image:h240:right f:id:fookpaktsuen:20180613065110j:image:h240:rightセントレジス」。それにしてもこの米朝会談のため東京から殆どニュースショーのキャスターが現地入りしなければいけないのか。一番バカ騒ぎしてゐるのが日本。「アジアのスイス」たるべくシンガポールも、この米朝会談に16億円だかかけたさうで。このテロ時代安全度で売るのはい手段f:id:fookpaktsuen:20180613065115j:image:w200:left

河野洋平先生今日毎日新聞でアジア外交について語つてゐる。共和党内部抑へたトランプは、ニクソンの電撃的訪中ニクソン自身タカ派からこそできた、タカ派なら国内右派を抑へられる、とハト派河野先生。日本は拉致問題解決重要だが、それだけではなく、日本の朝鮮併合が朝鮮半島分断の遠因で、この米朝会談の機会に「朝鮮半島支配で犯した罪」を再確認する必要がある、晋三もそれを年頭に発言し行動すべき、と。晋三にも日朝関係打開のチャンスはあるが民意形成にはリベラル派も取り込む必要があり晋三にそこまで戦略があるか。北朝鮮に非核化を求めつゝ核兵器禁止条約に賛成しない日本。「外交が得意」の晋三はトランプと随分と面談の回数こと多いが「有効日米関係」を外交で利用できず「よい友だち」で終はつてゐる。河野先生にすれば政権にアジア外交重視の姿勢が見られない。晋三が「地球儀を俯瞰する外交」で遠い地域には出掛けるが足元であるアジア大切にすべきで1977年の福田ドクトリンを参考にせよと指摘。

戦前、戦中に言及しないで」とアジア諸国に要求するとか、相手から過去を持ち出されるとムッとするのではなく、日本は精算すべきものはしっかりと処理する。(対韓国で戦後賠償等でしたやうに北朝鮮にも精算をして)朝鮮半島に対する日本が行った過去行為について、きちんと整理し、詫びるべき点はきちんと詫びなければなりません。

自民党には「党がどう考えようと」中国や北朝鮮と個人的信頼関係築く動きがあり。宇都宮徳馬AA研発足させ訪朝し金日成と会談日中関係松村謙三。さうした人材認める雰囲気が党内にあらず。朝鮮半島問題について歴史を踏まえて発言したり行動したりする人がゐないことはとても残念と洋平先生嘆くが、もう世代が違ひすぎるのか。……さういへば洋平先生のご子息が外相だつた。

▼先週のニュースで旧聞に属すが国需企業・三菱重工「今需要なくても、原発新設に全力尽くす」と副社長http://news.tv-asahi.co.jp/sphone/news\_economy/articles/000128884.html:title=テレビ朝日])。国内外の原発新設や輸出につき「現在はごくわずかな地域でしか需要はない」としながら「必ず伸びるとして開発を進める」と強調。福島核禍以降、世界で原発の安全基準高まり建設費膨れ上がり東芝は膨大な損失被り原発大国フランス企業も赤字三菱重工もトルコへの原発輸出で事業費2倍の4兆円。一般的に考へたら「手を引く」のが最善だが、それでも三菱東芝がやるのはなぜ? 石油枯渇といふ将来に向けた投資か。その時に「安全な」原子力発電提供するための「研究をやめない」立派な姿勢。だが石油は中東で枯渇すると米国が最大の石油産出国としてオイルダラーになる時代があるわけで日本は同盟国として米国産石油を安く提供してもらへるのかしら。脱石油のために放射能汚染死ぬリスク

2018-06-10

fookpaktsuen2018-06-10

農暦四月廿七日。快晴。競馬日和。Charter Cupも終はり香港競馬は猛暑のなか消化試合のやうなレースばかりの季節だが昼から沙田競馬場へ。最近お気に入りのHay Marketで昼酒。今日のメインレースは(第8レースf:id:fookpaktsuen:20180612052337j:image:w220:leftClass-3で芝1,200mのMemers Cupなるものだが何より関心はディープインパクト産駒(母はBaahama)の“Stimulation”のClass-2 芝1,800mでの初陣(第4レース)。こフランスのA.ファーブル厩舎からアキヒロの名でデビューして重賞戦線でも好走し(こちら)香港へ。オーナーは許世勳先生。1番人気はRocketterで6.2倍の2番人気。抑へに抑へて末脚で!と期待したら見事にその展開で……だつたが15倍で6番人気の比卡超(ピカチュー)が斤量119磅のところ黄俊騎手で▲10磅で軽々しく飛び抜けてStimulation懸命に追ひ上げるが3/4馬身届かず2着。冗談でデュープインパクトとピカチューで1,2ゲット(笑)と言つてゐて馬券など買はなかつたら連複で56倍。第6レースではChadwick騎手が8番人気馬(Golden Kid)に騎乗で、これで冒険と思つてゐたが馬券買ふ直前にSCMPの予想見て気が変はつたらChadwick騎手で単勝13.2倍。今日の競馬は今季最悪の結果で全く擦りもせず。香港で騎手王たるJoao “Magic Man” Moreira騎手が今日は出場停止期間だつたが今季で香港去り日本への鞍替へ(SCMP)。日本競馬で賞金狙ひといふ見方もあるが“It’s not about the money”と本人。そりゃ香港のほうが彼にとつては勝ち星重ねられ「収入なら香港のほうが3割増だらう」と本人はシビア。だが2012年にシンガポールで活躍してゐたモレイラ騎手がJRAに短期免許申請拒否され、それで香港に来ての栄光。やはり一度は日本で騎乗したいといふ本音。34歳といふ年齢考へると今のだらう。晩にテレビで「ブラックペアン」最終章なんてのを見てゐてNHK教育で今年4月のN響定演ベートーベンピアノ協奏曲4番聞き逃す。N響は興味ないがピアノMaria João Pires(最近はピリスでなくピレシュなんださうな)。今年で引退。そのあと1992年11月NHKホールでの録画でモーツァルトピアノ協奏曲第17番の第2&3楽章聴く。指揮は今回と同じ、まだ若きヘルベルト=ブロムシュテット。N響にはとてもN響らしい指揮者だと思ふ(評価は別として)ブロムシュテット今日投票だつた新潟知事選では自公が推す千葉県人の花角候補が54.7万票で当選。野党統一池田候補が51万票でもう一人の安中候補が4.6万票だから反自公が候補者一人に絞れてゐれば池田当選だつたのだらうが地方選は国政の場に非ず。花角候補柏崎原発には慎重な姿勢見せ反原発票も取り込めば、そりゃ「わけのわからない野合の野党」より「腐っても自民公明」か。今回、池田候補の選対に中村喜四郎先生かけつけ新潟で田中角栄仕込みの選挙戦術で貢献した由。

2018-06-09

fookpaktsuen2018-06-09

農暦四月廿六日。朝三時すぎに起きた頃には小雨だつたが、やつと雨上がる。それでも無風で風もどんより憂鬱f:id:fookpaktsuen:20180610111202j:image:w160:left土曜。官邸で周末の残務処理。夕方、湾仔。譚臣街の工具やで憧れのマキタ製の電動ドライバーご購入(こちら)。先週末にIKEAで浴室用のミラーキャビネット組立の際に老化で握力なくなり指元の筋をおかしくして今更この工具があれば、と思ふ。楽々でネジを締めたり外したり。先ずは洗濯乾燥用の乾燥機カバー外してのクリーニング作業

▼フランスという国家は人々を解放する一つのプロジェクトであり、それを目指す共和制である。(マクロン大統領)

2018-06-08

fookpaktsuen2018-06-08

農暦四月廿五日。海南島から広東省を迷走する熱帯性低気圧の影響で天気不安定続き昼にかけて赤色警報発令で50mm超への豪雨。午後になり雨歇む。昨日から官邸のネット不調応急措置済んだが仕事まり、そこにイレギュラーな面倒な案件も。午後から深圳に行く予定は悪天候もあり取り消し。晩は自宅で台湾の缶詰めつかつた魯肉飯食し早寝。

▼「男を上げる」とは、まさにこれ。是枝裕和監督が文科相の祝意を辞退。

映画がかつて、「国益」や「国策」と一体化し、大きな不幸を招いた過去反省に立つならば、大げさなようですがこのような「平時」においても公権力(それが保守でもリベラルでも)とは潔く距離を保つというのが正しい振る舞いなのではないかと考えています。

映画賞受賞祝ひたいとする団体や自治体からの申し出を全て断つてゐるのだといふ。今回なぜこの発言になつたか、といへば、これも晋三で発端は7日の参議院文部科学委員会の由。(以下、朝日新聞より引用)立憲民主党の神本美恵子議員がノーベル平和賞受賞の「核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)」に祝意示さなかつたこと論ひ「好きな人だけお祝いをするのはいかがなものかと思う」と指摘したのだといふ。晋三があんな奴だと思へばICANに祝意表したら大ニュースで、この質疑も重箱の隅をつゝくやうな……と思ふが、その神本君が「ぜひ近いうちに(是枝監督に)祝意を述べていただきたいのと、総理にちゃんとやりなさいと言っていただきたい」と指摘したことに文科省林芳正君が「大変いいアイデアをいただいた。来ていただけるかどうかわからないが、お呼びかけはしたい」と答弁したさうで実に陳腐なやりとり。それに対して是枝監督コメントに溜飲も下がる思ひ。

▼「紀州のドンファン」死亡が毎日どうしてあれほどニュースになるのか不思議。奇妙な事件だが「依然、真相不明」で。森友加計なら政治的で「依然、真相不明」でも展開が何かしら報道されるべきだが殺人事件とか事実報道が突端にあるのはわかるが結果でないことには、と思ふのだが。

2018-06-07

fookpaktsuen2018-06-07

農暦四月廿四日。天候不良。何度も大雨。昨日からの熱帯低気圧(トロピカルサイクロン)警報が1からf:id:fookpaktsuen:20180609052728j:image:w280:leftになりトロピカルストームで台風ほど強力ではない。それを「台風、台風」と騒がれると耳障り。下手な気を衒つたもの食べるよか世界やまちゃんの手羽先にむしゃぶりつく幸せ。少し塩辛いもの食べて飲むハイボールの美味さ。几帳面なので手羽先の骨も肉はきれいに食べて骨を並べてうゐたが、ふと井形に組んだら面白くて5段まで。これは生きる楽しみが増えた。ちなみに井形9段重ねで18本の骨を使つたが手羽先1本(1羽じゃないんですね、手羽先の数詞)から尺骨、撓骨と指骨の3柱を得てゐるので6本食べさせていたゞいたことに。

日高六郎逝去享年一百一。かなり前から痴呆であつた由。高校生のときに日高訳のフロム著『自由からの逃走』読んでからリベラル象徴的“日高”だつたが引用されるのが多い思想家で今になつて見直すと意外と寡作岩波新書の『戦後思想を考える』は大学教養課程あたりの社会思想史では入門書で、これくらゐ読んでゐないとバカにされるどころかバカそのものだつたが当時さうした思想の土壌の上に平成のこの晋三な時代があると思ふと戦後リベラル思想もかなり錆びついてしまつたのか、と思ふ。

2018-06-06

農暦四月廿三日。芒種。天候不良。何度も大雨。晩に湾仔の太郎ラーメン。あるお祝ひあり知己の面々集まり言ひたい放題な飲み会。大雨のなか連中は鵝頸橋の海鮮食堂に二次会に向かふがアタシは電池切れ帰宅。雨でさすがにタクシーもない。

2018-06-05

fookpaktsuen2018-06-05

農暦四月廿二日。朝七時に金鐘。The Upper House 49階の食堂で政府某局副局長との朝食会あり末席を汚す。かなり中共色濃厚な政治的な話。中共奴隷たることに何ら疑問もなき香港の小役人たち。一国両制壊すのは中共に非ず香港といふパッテン元総督の警告そのもの。海南島沖を北上の熱帯性低気圧の影響でやつと真っ当な雨が降る。子どものころ大好きだつた『ぐりとぐら』の絵本眺める。今にして思ふと他愛ない話しだが何が子ども心を擽るのかしら。あまりにもハッピーな二人の暮らしか。何のストレスがない。子どもにもそれがわかるのだ。それにしても『ぐりとぐら』は説教も訓示も何もない。これが魅力。かうした世界から子どもは成長するに従ひ離脱強制されてゆく。ぐりとぐらが森の中で大きなカステラを焼き始めると、その美味しそうなにおいに動物たちが集まつてくるのだが、みんなカステラが焼けるのを楽しみに待つてゐる。ライオンやワニはまずネズミのぐりとぐらを食べてしまふのが現実なのに。他人に下手に優しくすると大変なことになる、といふ教示では台なしか。

▼森友問題で晋三は全ての責任を財務省に押しつけ外務省では全て佐川仕業で幕引き図らうとするが全て晋三が「自分や妻が関係していたら」に始まつた改竄で指示もないのに小役人らが自らのポストかけてまでこんな小狡いことができるはずもなし。

佐川後任で正直さうに見えた太田理財局長も昨年9月に国交相の小役人と会計検査院対策。それにしても役人といふのは本当によくメモをとる。習性なのか何かあつた時のための保険のやうなものなのか。だが今回の騒動ではメモがとにかく爆弾のやうに炸裂。だがメモがなければ本当に何も出てこないやうな企みなのだから役人らのメモ習性には経緯表すべきか。

2018-06-04

fookpaktsuen2018-06-04

農暦四月廿一日。未明にお湿り程度の雨。午後になり一瞬本降りとなるがそれまで。昨秋に帰国するS氏よりf:id:fookpaktsuen:20180605015219j:image:w240:left日本のテレビ見放題のネットテレビシステム譲り受け「ふだんは全くテレビ見ない」と言つてゐたアタシもミイラ取りがミイラになり何かとちらちらテレビ見る生活になつてゐたが数日前その契約が切れてゐて見られなくなつた。さうなると手持無沙汰で再契約するにも他人のものだし、そのプロバイダがどうもサービスに難あり交渉に手間取るので手許にチラシのあつた別の会社と契約しようと連絡したら会社名は違ふが同じ会社であつた。結局、ネットテレビといふ一つのクラウドのやうなものあり各社はそれの営業権を得て商売してゐるのかしら。数日ぶりに繋がって、それで見たのが「出没!アド街ック天国」の埼玉特集と「タモリ倶楽部」なのだから我ながら地味。

2018-06-03

fookpaktsuen2018-06-03

農暦四月二十日。天気予報では昨日から天気崩れるはずがお涙程度にも雨降らず。休日仕事は多少なりともイベント身体動かさねばならず疲れるが室内なだけでも冷房に凍え猛暑のなか有難い。夕方FCCへ。4年ぶりに東京から香港へ戻つてきたN嬢と旧交温め家人と三人で酒豪飲み会。香檳酒はDrappier、白はLouis LatourのBourgogne Chardonnay 2015年、赤は新西蘭のLeap In The Dark Pinot Noir 2016年をきちんと飲む。食事もきちんとしたが香港の飲食物価高のなか、これで酒3本入れてHK$1,200なんだからお値打ちPacific Place ApartmentにN嬢送つて帰宅。こんな季節なのに脛が乾燥で痒い。ふつうなら冬のことだが6月に乾燥肌で脛にワセリン塗るのは人生初。浴室のミラークローゼット整理したら、ふと気がつけばPenhaligon’sな私。ペンハリゴンコロンは香港の直営店より新宿のほてい屋(伊勢丹)の方が安い事実

2018-06-02

fookpaktsuen2018-06-02

農暦四月十九日。あつといふ間に6月になつてしまつた。昨晩の深酒で少し疲れてゐるが官邸で週末の書類整理。午後遅く湾仔。家人と待ち合はせTOTOのショウルーム参観。f:id:fookpaktsuen:20180603174311j:image:w240:left陋宅にて16年前に当時は香港でシャワートイレといへば黎明期INAXが地元日系代理店で扱つてをり、それを使つてゐるがシャワートイレ部分は今でも正常に動いてゐるが止水管の劣化。香港の場合ちとややこしいのは香港のトイレ用水は海水の鹹水利用でお尻洗浄は海水では大変なことになるので上水道を利用。鹹水は塩分多く香港のトイレ劣化防止と簡単排水管交換のためメタルは使はずプラスチック。だがINAXの日本から輸入のトイレメタルな止水栓部分の劣化著しく緑青などついて内部もかなり動脈硬化でタンクに水がちょろちょろとしか貯まらず。本来であれば止水栓部分の交換だけで良いのだがINAX純正でその部分を地元の代替にすると水道管を交換しないといけない、水道管交換するとタンク内部のパーツも交換しないといけない、INAX純正のタンクは香港に当時の代理店は既に廃業INAX自体が株式会社LIXILになり……で今回はTOTOへ。ひとまず機種だけ決めて代理店に連絡。銅羅湾のIKEAへ。浴室は不調がシャワートイレだけでなく洗面台前のミラーキャビネット劣化。15年過ぎるとやはり住人と一緒でいろ/\老化。既存のものより少し大きめで16kgのセット抱へ帰宅して組み立て。意外と面倒で1時間ほどかかり取り付け。晩は大いに飲み早寝。

▼定期購読は最後岩波世界』6月号で笠原十九司「憲法9条は誰が発案したのか」読む。米国お仕着せの憲法で憲法9条がGHQ案ではなく日本で首相の幣原喜重郎からの発案だつたといふ「事実」は自主憲法定命の方々からデマ避難されるところだが、この笠原先生の指摘によれば、そも/\帝国憲法の改憲でよいといふ立場であつた幣原は〈國體〉としての天皇制の維持にあたり戦争責任すら問はれる天皇の「人間宣言」は必須として憲法で戦争放棄謳ふことで軍統帥権もつ「戦争の権化」としての天皇消滅させることで「象徴」として名目的に天皇が存続することも豪州や新西蘭等ソ連と同じく天皇制廃止を求める国々も納得させることができるといふもの。しかし畏れ多くも〈國體〉に触れる憲法案を一臣の幣原が敗戦後、陸海軍両省廃止されたが旧軍部隠然と勢力残存で陸海軍大臣もゐる内閣で唱へるに能はず幣原はマッカーサー元帥への直訴で元帥理解得て天皇制見直しと戦争放棄をGHQからの「押しつけ」として提示する以外に実現できぬといふ考へ方。これは実に興味深い。自主憲法制定派は〈國體〉の維持を唱へるが敗戦後、実際にそれをするために幣原の戦争放棄と一体となつた天皇制存続といふ案により形は変へながらも戦後の〈國體〉が守られたといふこと。よつて天皇護憲立場をとることもよくわかるところ。

▼新宿三光町の花園万頭が倒産。子どもの頃からぬれ甘なつと」大好きなアタシ。花園万頭に行つたのは、それでも昭和の末に築地H君とが最後。新宿はデパ地下を除くと、もう残るのは追分だんご本舗くらゐ?

2018-06-01

fookpaktsuen2018-06-01

農暦四月十八日。今日の遅くから天気やつと崩れるといふ天気予報だが5月は15日間連続で酷熱警報発令で平均気温は摂氏28.3度で1963年5月の摂氏28.2度を超える記録的猛暑。元朗の或る串焼き屋はあまりの猛暑従業員が店内の暑さにやられ臨時休業したといふ。雨もなく1998年に暴雨警報制定後で5月で初めて警報発令なし。それでも5月の降雨量(57.5mm)は歴代9位の少雨ださうで1963年に僅か6mmといふ記録あり。当時は中共からの補水もなく水不足深刻。早晩に大坑。Classifiedで冷たい白ワインで涼をとりO氏と日本料理・植原に飰す。銅羅湾のラウンジバーに飲み半夜三更すぎて帰宅

2018-05-31

fookpaktsuen2018-05-31

農暦四月十七日。あまり猛暑帰宅途中にベルギー啤酒屋でステラアルトワ二杯。f:id:fookpaktsuen:20180530133314j:image:w240:left日が陰つてから帰路につく。岩波図書』で2014年のころの青柳いずみこ「どこまでがドビッシー?」の連載をコピーして残す。

▼森友問題佐川君ら改竄・背任容疑は不起訴に(大阪地検)。驚かぬが検察は慎重で確かに晋三への忖度程度では無理もあるのだらが値引きはゴミ問題で訴訟起こされた場合リスク回避といふには無理あり。いずれにせよ検察審議会への審査申し出あるのだらうし検察はそれも含みでの今回の不起訴。自民党は幹事長の二階殿が「これですっきりして仕事に励んでいただきたい」などと嘯く。

籠池泰典先生勾留中の読書で「保守とは何ぞや」と理論武装したさうで「偽物の保守である安倍総理を倒すことが使命」といふ考へに至つたとか(週刊文春)。間違つてゐないが、それにしても安倍晋三記念小学校作らうとしたのだから……。

▼加計ではまるで鵺のやうな事務局長が登場でのらりくらりと「首相面会」について曖昧な言ひ訳。

2018-05-30 うそで日本が溶けていく

fookpaktsuen2018-05-30

農暦四月十六日。溶けてしまひさうな猛暑。気温は摂氏38度だが屋外での体感気温は摂氏48度くらゐだといふ。唯一の救ひは湿度で雨が降らぬため湿度は50%ほど。雨季である本来は。

▼国会で1年半ぶりだかの党首討論。野党がいくら追求しても怯まぬ晋三。晋三は確実に強権になつた。バカなりの進化。晋三の勝ち。なぜにこんな晋三を与党、官僚、加計も守るのか。森友の籠池夫妻だけが方言危なつかしいので拘留までされてゐたが。少なくとも自民党で昔なら首相といふのは4、5人ゐる先発投手の一人だつたが今では石破君ですら晋三に替はる主戦投手になれぬ首相主導。毎日新聞与良正男

政談「うそで日本が溶けていく」引用。日本はすでに「うそつき社会」を許容してゐる。

「私はうそをついていた」と告白するのには覚悟が要る。白状すれば信用どころか仕事も失うかもしれない。だから普通「よくぞ、うそを認めた」と評価さえする。

ところが、その告白も「うそではないか」と私を含めて多くの人が疑ってしまう。こんな事態を一体、どう考えたらいいのだろう。

加計学園の獣医学部新設に関し、3年前に安倍晋三首相が学園理事長と面会していたとする愛媛県の文書について、学園が「当時の担当者が、実際にはなかった総理と理事長の面会を引き合いに出した」と記したファクス1枚(!)のコメントを出した。

既に先週の本欄で「学園関係者が虚偽の報告を愛媛県にしていたとすれば別の重大な問題となる」と予告していた通りだ。仮にコメント通りなら、補助金を出す愛媛県や今治市に対し、学園は作り話をして獣医学部新設を働きかけていたことになる。

「一点の曇りもない」どころではない。首相の名前悪用した詐欺的な行為だったと教育機関が自ら認めているようなものだ。

そこまでリスクを冒してコメントを出すのは、「学部新設とは無関係」を強調する首相を守るためとしか思えない。

名前が使われたことに、首相が抗議しないのもつじつまが合わない。そして学園は今後、面会の作り話は事務局独断理事長には責任がないと言うのだろう。

加計問題で首相の元秘書官は愛媛県担当者らと会ったことを1年近く認めようとしなかった。森友学園問題では財務省が公文書改ざんにまで手を染めた。いずれも首相のためであり、権力者に逆らうと自分の将来の人事が危うくなると考えたからだろう。

こうして「うそをついてはいけない」という社会の規範が崩れていく。うそを見逃せば、この国は溶けていってしまう。私は日ごと不安を感じている。首相がまず責任を感じるべきはそこだ。

この話を日大アメリカンフットボール部の問題と同じ構図だと語る人は多い。でも違うのは、相手けがをさせた当事者の選手がこう語っていることだ。

監督コーチからプレッシャーがあったにしろ、プレーに及ぶ前に自分で正常な判断をすべきだった。自分の弱さだと思う」

20歳の若者覚悟を決めた言葉を、モリ・カケ関係者はどう聞いたのだろう。

2004年に岡山県で当時小学3年生の女の子殺害された事件犯人から迷宮入りかと思はれてゐたが別の事件で服役中の男が自供で逮捕。9歳の子どもが学校から友だちと帰る途中で一人で家に戻り網戸開けたところに一人でいた……犯人こそひどいが家庭も無防備すぎ。香港では考へられない。香港では子どもを一人にした親の責任刑事罰で問はれる。

2018-05-29 屯馬線

fookpaktsuen2018-05-29

農暦四月一五日。猛暑警報発令は連続13日で記録的溽暑。雨も降らず。今年に入つての雨量は僅かに175mm(昨年同期で407mm減)で雨季であるはずの5月は正常なら305mmの降雨量が57.5mmではダムも干上がる。さすがの寒がりのアタシも半袖シャツ。早晩に散髪の前、コンビニで缶ビールぐい呑みで熱中症予防。f:id:fookpaktsuen:20180531095748j:image:w300:left

朝日新聞連載小説吉田修一の『国宝』終了。出自からして梨園から程遠いやくざな背景ありの主人公が国宝と称される役者になることは『国宝』というタイトルからして察せられて最初から興醒めだが先代半二郎の実子(俊二)が若くして他界してから主人公・喜久雄(当世半二郎)の気味悪さが何だかよくわからず。アタシの知る大役者は皆、凡人以上に現実的リアルがわかつた上で非凡狂気を冷静に演じきつてゐる。朝日新聞連載小説歌舞伎といへば宮尾登美子の「きのね」。

▼馬鞍山〜屯門を結ぶMTR路線名称は「屯馬線(Tuen Ma Line)」だそうな(香港経済新聞)。とんま(笑)。今回のMTR延長計画での新鮮名称はちとややこしい。沙中線(沙田〜中環リンク)という以前の計画時の路線名を温存したものから大圍〜紅磡と紅磡〜金鐘いずれも沙中線という仮称のまゝで混乱生じてゐた。簡単に言うと馬鞍線(茶色)と西鉄(紫色)がつながり屯馬線となり、東鉄(水色)が金鐘まで延長になる、というもの東鉄の金鐘までの延長は、かつての広九鉄道がついに香港島に乗り入れるわけで「北京から香港島が鉄路でつながる」という、中共的には政治的意義もあり。

2018-05-28

fookpaktsuen2018-05-28

農暦四月十四日。本当にクソ暑い日が続きアタマもくらくら。財布を忘れて出かけたがオクトパスカード使つてバスMTRに乗り降りで財布忘れたことも気づかず。老眼が進んだことで近視が弱くなり最近は近視の眼鏡なしでも日常生活に不便もない。巴バスの行き先さえ見えれば不自由なし。見たくもない余計なものを見る気もせず。晩に自宅で今評判の喫茶店風ナポリタンスパゲッチ食す。

▼国会での森友加計問題での集中審議。晋三は2015年2月25日の加計理事長との面会は「新聞の首相動静で確認した結果」それは無いと否定。その無いはずの面会での内容を加計側が愛媛県と今治市に誤った情報を与へたといふ加計が発表のシナリオ通り。面会とコメント事実でないなら加計のコメントをなぜ非難しないのか。電話で話したか?は3年前のことで正確に回答できない。だが、この面会での成果を機に柳瀬らが動いてゐるのも事実で面会や首相コメントをなかつたことにすると、では何故に獣医学部新設が具体的に動きだしたか、が説明できず。加計が加計なら森友も森友で関与について晋三は不正を贈収賄に限定し「さういふ文脈において一切関はつてゐないと申し上げてゐる」と唐突に関与を贈収賄に限定してみせる逃げ口上。明らかに事実隠しでの弁明だが、何が出てきても怯まぬ姿勢唖然通り越して見事といふ言葉しか見当たらず。もはや言の真偽よりも落ちぬ支持率に開き直つても内閣総辞職のやうな事態にはならぬといふ安定感。少なくとも秋の自民党総裁選までは居続けてやるといふ意地か。バカなりに覚悟だけは立派。

2018-05-27 彦十蒔絵(若宮隆志)「三竦み」

fookpaktsuen2018-05-27

f:id:fookpaktsuen:20180529092242j:image:w260:left農暦四月十三日。昨晩は半夜三更に寝て夜中に一度目覚めたが朝六時すぎまで眠むれた。朝ほんの少しの驟雨あつたがスズメの涙程度で雨があがるとすぐに干上がる。昨夕、彦十蒔絵の作品を手に入れてĐặng Thái Sơnを聴いてかなり満足だつたからかしら。朝食のあと、その若宮さんの彦十の「三竦み」を初めて明るいところで眺める。暗いところで照明に当てゝも精緻で美しいが、やはり自然光での輝きの柔らかいこと。蛙が上蓋に目立つが乗つてゐるのは蛇の肌上。蓋を開けると裏にナメクジ。箱の中に蛙卵。蛙は蛇を、蛇はナメクジを、ナメクジは蛙を、それぞれ恐れて竦(すく)めばなるほど「三竦み」。下手したら随分と「エグい」題材を見事に美的にまとめてしまふ若宮ワールド。どんな小さなものでも手の込んだつくりで高価だが、どうしても若宮作品を一つ、と願つてゐたが昨日の出品の中ではとてもこの「三竦み」に魅かれた次第。家宝。溽暑でとても外は走れずジムのトレッドミル。昼に陋宅でそうめん茹でて啜り午後は競馬。香港は沙田ヴァースとチャーターカップ。パキスタンスター圧勝。日本はダービー。大相撲夏場所は栃丿心13勝目あげるが鶴竜が昨日の栃丿心に続き白鵬破り14勝で優勝。InterFMバラカンビート。茹でトウモロコシと枝豆。平凡な日曜日に安堵。

佐藤優『獄中記』より

⇧「知事の批判は当たり前」と共産党の志位委員長曰く「ただ「偽りの説明」が事実とすると、その後、柳瀬氏ら官邸サイドが動きだしたこと説明つかなくなる」。つまり「偽りの説明」という弁明が「偽り」だとしか考えられない、とさすが弁証法には長けているw

2018-05-26 Đặng Thái Sơnのピアノリサイタル

fookpaktsuen2018-05-26

農暦四月十二日。昼前に出先で小噺の高座に上がり午後、官邸で残務整理。夕方猛烈な日差しのなか家人と湾仔のエキシビションセンターで待合せ国際古玩展。輪島から若宮隆志さん(こちら)の彦十蒔絵が出展若宮さんから叮嚀にそれぞれの作品解説受ける。雪舟の師にあたる周文の四季山水図、佛、孔子と老子の三賢人に見立てた秦那と日本の三美人泉鏡花物語モチーフとした作品の中に「三竦み」と読んだ箱根付けの作品あり。さんざん迷つた末に清水の舞台から飛び降りて購入。手許に一つでも若宮さんの物語があることの幸せ。慌てゝマクドで腹拵へして中環。市大会堂。Đặng Thái Sơnのピアノリサイタル1980年にアジア人として初めてのショパンコンクール優勝。越南戦争終結から5年でハノイ出身ベトナム人ピアニストなのだから。Đặng Thái Sơnが漢字だと泰山とは寡聞にして今回まで知らず。その越南の彗星も還暦。Đặng Thái Sơnを生で聴くのは初めてのアタシの印象では公開演奏稀少で香港も何年ぶりなのかしら。曲目は前半はシューベルトのアレグレットD915ハ短調12のドイツ舞曲ショパン舟歌アンダンテスピアナートと華麗な大ポロネーズはĐặng Thái Sơnにとつてはお得意。中入後にイグナツィ=パデレフスキ(1860〜1941)の作品を5つ。初めて聴く19世紀演奏家として高名を得て作曲家に転じ米国に居住すればカリフォルニアでワイナリー興し、それだけでも非凡な半生だが第1次世界大戦中にパリで「ポーランド民族委員会」の活動家となり三国協商からパデレフスキは「三国連合側ポーランド」の代表と見なされ戦後新生独立ポーランドにて首相となりパリ講和会議に出席。その後、国際連盟でポーランド大使となり政界引退しスイスに居住演奏活動に復帰したがポーランド国政の翼賛化に反対する活動続け晩年ナチスドイツのポーランド侵攻でロンドンにてポーランド亡命政府指導者に。80歳でその運動財源確保のため精力的に演奏活動行なひ1941年にニューヨークで客死。このパデレフスキのあとはリストの「ノルマの回想」。若手のピアニストがこれ見よがしに弾いて見せるならわかるが還暦で「大人のロックだね、こりゃ」と家人。御意。アンコールソナタは何? 帰宅毎日少しすず佐藤優『獄中記』(岩波書店)読んでゐる。

小泉政権以降の外務省、官邸、国会、メディアを見る中で私は官僚世界のみならず公的世界に心底嫌気がさしています。これは虚構によって塗り固められた世界です。その最終的仕上げがこの司法的擬制世界だと思うのです。

この佐藤優の拘留が2002年のこと。15年以上も経つた今、佐藤優の憂ひた状況はますます深刻になつてゐる。

▼十ヶ月に亘り拘置所に拘留されてゐた籠池夫妻保釈記者会見で籠池理事長やはりこの人は面白い

私は天皇国日本のもとに教育をさせていただいておりますから今上天皇陛下がしっかりと憲法第9条については(改正)反対とまでおっしゃってませんけど積極的賛成だということはおっしゃってませんので今上陛下危惧されてることにつきましては、されない方がよろしかろうと思っております

このコメントの部分やはりメディアではほとんど菊のタブー天皇の政治性で取り上げられず。

juliajulia 2018/05/28 14:33 ネットサーフィンでここに来た、失礼ですが
あのアンコール曲は Schubert Piano Sonata No 21, D 960, second movement

fookpaktsuenfookpaktsuen 2018/05/28 16:17 ありがとうございます!すっきりしました

2018-05-25

fookpaktsuen2018-05-25

農暦四月十一日。溽暑。早晩に湾仔のバーMで口開け。銅鑼湾の玄穂に飰す。カウンター割烹で見f:id:fookpaktsuen:20180526100847j:image:w200:left世の名の如しでコース最後に出る炊き込みご飯が実に秀逸。酒は佐賀、五町田酒造東一の純米酒。お肉はさすがにお腹いっぱいでお昼のお弁当箱に詰めてもらふ。

▼アタシは「ほていや」と古風に呼んでゐるが香港でApita(旧ユニー)の経営権を香港の富豪・李兆基の恒基發展が買収の由。これでユニクロと無印良品除くと大型小売店ではAeonが唯一の日資となる。かつて大丸(1960〜1998)に始まり伊勢丹(1973〜1996)、松坂屋(1975〜1998)、三越(1981〜2006)、ヤオハン1984〜1997)と日系デパートの輝かしい時代撤退そごう(1985〜)は現在一人勝ちだが2001年経営権手放し現地化。恒基はすでに沙田にあつた西友系の西田(1989〜2005)買収し「一田」として営業中で今回このApita買収で小売部門強化。Apitaもユニー時代は「生活創庫」と名乗り「何か必要ものあればUNYへ」だつたが太古城の家賃高で売り場縮小続き苦戦。一田は刺身と日本酒など香港で評判なのでApitaも一田系になるのは期待できるかしら。