ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

富柏村香港日剰 日記 ブログ 網誌 博客

2017-02-26

2017年02月26日の呟板

2017-02-25 任航、逝去

fookpaktsuen2017-02-25

農暦一月晦日。昨晩寝しなに(ってまだ晩十時だつたが)上智K君から「レンハンが自殺と」とLINEが入る。未明ネットf:id:fookpaktsuen:20170226150556j:image:w220:leftで見るとベルリンで命絶つたといふ。新宿追分の画廊で昨年から意識して見てゐた中国出身センスよきヌードを撮れる写真家だつただけに。自殺と聞いていふのも何だが作品にどこか翳りもあり。もうこれまで以上の発想が枯渇する、といつた苦悩があつたのかしら。画廊ご亭主よりレンハンとの貴重な記憶写真を見せていたゞく。本日寒風冷雨。暖冬のなか今になつてこの冬の最低気温で尖沙咀天文台で摂氏10.7度。官邸にて週末の書類整理。午後遅く散歩日本人学校前に数名の人出で何ことかと思へば寒桜。晩に佐伯啓思『さらば、資本主義読了。この本の白眉は第4章「ニヒリズムへ落ち込む世界」で、これについては以前のノオト参照(こちら)。第7章「トマ・ピケティ21世紀資本』を読む」が面白い。さんざん語られ尽くされた感のあるピケティだが20世紀の(一時的な、だが)格差社会の崩壊、(見かけだが)平等の実現が左翼革命や民主主義の成果ではなく世界恐慌と第二次世界大戦の結果だつたことは佐伯先生のやうな保守派にとつてはピケティ思想面白いところ。成長率<収益率よりも(それは自明の理で)佐伯先生には「資本主義がこのまま自由市場競争を続ければやがてはとんでもない格差社会を生み出し民主的な政治ももたなくなる」ことが問題資本主義はさして経済成長を生み出さない。そして今の情報化社会で「1ドルのバナナを買えばGDPは1ドル増えるが何回グーグルの検索を利用してもべつにGDPが増えるわけではない」と、これは名言f:id:fookpaktsuen:20170226150554j:image:w240:right

▼ボクシングのもつ、あの『明日のジョー』的な夢の物語って何なのかしら。香港で彗星のやうに現れ20連勝中(内12KO)WBO1位のスーパースター。3月には香港で日本から向井寛史とのタイトル戦ださうでスポーツ観戦に興味なきアタシもさすがにこれは関心あり。f:id:fookpaktsuen:20170225200931j:image:w280:left

森友学園の安倍晋三小学校問題で晋三のシドロモドロには嗤つたが国会で晋三批難する民主党の代議士もまぁよう喋ると思つたら福島伸享って茨城一区でアタシが在外選挙で投票してゐた方。あくまで反自民で野党第一党への投票で民主党だつたので(最近は代々木派のアタシだが)名前もよく覚へてゐなかつた。民主党の中では右派だが晋三ら革新勢力に対して本来保守立場。「愛国の名の下に国民の財産私物化しているのではないか」といふ指摘はご尤も。

D

--------------------

顔本:引用するには内容の深い記事等はこちらの顔本に無断転用で掲載しております。

富柏村の呟板

富柏村サイト(2004年以前の日記、過去の雑誌出稿記事)

富柏村写真 at Flickr

2017-02-24 プレミアムフライデー

fookpaktsuen2017-02-24

農暦一月二十八日。日本はプレミアムフライデーだといふ。アベノミクスも振るわぬなか経済産業省発の消費促進運動としか思へず。f:id:fookpaktsuen:20170225133616j:image:w240:left子供には「脱ゆとり」で大人は「奨ゆとり」だが金曜夕方といはれたところで子育て世代はどこにもいけず、ならば「子供はいらない」といふ選択にならないか?と水戸の畏友J君。御意。このポスターとて30すぎの独身集団キャラクター任せてゐる段階「ファミリーおいてけぼり

金正男さん殺害容疑で、すでに平壌に戻つたといふ4人はKLからジャカルタ、ドバイ、浦塩経由で帰国ださうだが、この片道で計算してみると9,629哩もゲット。かりにKLから直行で平壌なら(もう高麗航空飛んでゐないが)2,909哩なので3.3倍も稼いでゐる。f:id:fookpaktsuen:20170224065727j:image:w220:left大したマイル修行ぶり。

⇧呟板の字数制限いっぱいで「ます」を〼にしたら、ここでの表示が?になってしまいました。

常無常人常無常人 2017/02/26 08:02 日本すごい、森友学園だけじゃなく問われているのは安倍筆頭に野党議員含む国会議員の資質でもなくて日本愚民の程度、悪者競争しても仕方ないけどこれに比べたら貪官曾周辺なんて可愛いもんです。

2017-02-23 屌你老母

fookpaktsuen2017-02-23

農暦一月二十七日。今になつての寒波。

雨傘運動活動家を殴る蹴るで警官7名が懲役2年の実刑判決警官OB家族ら3万人だかが集まり抗議集会。盛大に「屌你老母」の粗語まで叫ぶお下劣ぶり。治安維持のため過酷な勤務につきながら市民はい扇動的活動家暴言暴挙に堪忍袋の尾が切れて……で何故、情状酌量がない、f:id:fookpaktsuen:20170224171542j:image:w250:left公務執行妨害への判決の甘さ等を指摘するばかりか警官襲ふ暴警罪の適用訴へた上に「警官は罪もないのに集団で不幸な目に遭はせられる、まるでナチスに殺されるユダヤ人のやう」とまで自らを喩へるほど(これはユダヤ人団体から歴史的認識に欠ける発言と抗議あり)。警察も民草の勝手に「やってられない」といふ気持ちもわかるが法治社会であればいずれの暴力も問はれるわけで警察も弱いところあり。これで数万人規模で無罪要求では話にならず。九龍の警察施設使つた抗議集会ではあつたが数万人規模で施設の外にまで警官ら溢れ、そもそもこの開催じたい当局に未届けの不法集会で取り締まられるものでは?といふ指摘あり。

▼前行政長官貧官曽20ヶ月の実刑。赤柱監獄では収賄懲役7年半の前同僚で貧官曽の下では政務官務めたRafael Huiと同じ屋根の下に。但しお互い独房で邂逅ない由。行政長官といへば今回の選挙では政務官現職Carrie Lamに北京の支持集まり、かつての本命だつたRegina Ip不本意ながら泡沫候補に。その怨念からか「北京中央は今回の選挙自分立候補取り消せば中央の全国レベルでの要職指名の用意ありと囁いてきた」と欽定選挙ぶり暴露。Carrie Lamに対しても自分政治的判ではなく「上の判断に従ふだけでは昔の自分のやう」と指摘が何とも。貧官曽に対してもRegina Ip曰く「行政官時代の手腕と貢献で減刑を求めるなら当時の失策もきちんと刑罰に加算されないとおかしいのでは?」と。確かに(笑)

fookpaktsuenfookpaktsuen 2017/02/25 07:43 The controversy arose during a mass rally on Wednesday night by tens of thousands of serving and former officers and their supporters against the jailing of seven colleagues for assaulting an Occupy activist in 2014. An officer went on stage to declare that police were being victimised like those who suffered at the hands of the Nazis.
The German consulate issued a statement on Friday saying the comparison was “utterly inappropriate”. It echoed a statement by the Israeli consulate on Thursday, calling the reference “inappropriate and regretful” and demanding no further comparisons be made to the Holocaust. - SCMP 25 Feb 2017

2017-02-22

fookpaktsuen2017-02-22

農暦一月二十六日。夕方湾仔のLockhart Rdぼんやりと歩いてゐて工事現場の防御壁にクラブDJイベントライブのポスターべたべたと貼られてゐて「こゝに突然、ピンクフロイドなんて貼られてゐたらな」なんて20年前以上前に伯林で見たポスターの衝撃思ひ出してゐたら見知らぬDJやロッカーの中にチック=コリアエレクトリックバンド香港公演のポスターあり躓くほど驚く。3月22日バプティスト大学の講堂で渋いところ。早速ネットチケット見ると最安380ドルは売り切れで680ドルから上。1万円也。チックコリアでもReturn to Foreverバンドなら絶対に参じるところだがエレキバンドだと……。バーMで口開け。ドライマティーニ。むかし口裂け女といふのがゐたがバーの口開け男か、アタシは。Black Grouseのハイボール。かなり久々に日本人倶楽部の三菜。岸和田Y氏、上海I君揃つて来港で家人と四人で飲み会。飲食店の夜の営業で「お飲物は?」と聞かず最初からお茶が出てきたり啤酒飲んでゐるのに飲んでもゐない茶の給湯ばかり気にしたり21時過ぎると料理の盛り付けが極端に雑になつたり、やはり民間では考へられぬ不思議あり。

鈴木清順監督逝去享年九十三。愛煙で長壽では死因は慢性閉塞性肺疾患も勲章か。何度見たかわからないほど見たのが〈ツィゴイネルワイゼン〉で高校の時に学校をサボって水戸のオデオン座で3回は見てゐた。追悼。

2017-02-21

fookpaktsuen2017-02-21

農暦一月二十五日。少し天候が崩れ始める。一ヶ月程前に一晩だけ大雨あつたさうだが東京にゐて知らず。もう何ヶ月もf:id:fookpaktsuen:20170223141616j:image:w260:left香港で傘もさしたことがない。今日夕方半時間ほど歩く。毎日歩いてゐると習慣になつて負担と思へないから面白い。晩に本降りとなる。

2017-02-20

fookpaktsuen2017-02-20

農暦一月二十四日。曇。先週、英国から来港のG夫妻宿泊してゐたHeritage Lodgeに夫妻に貸してゐたiPhoneのスペア受け取りに行く。かつての軍営、荔枝角病院は見事な文化施設に変貌遂げてゐた。早晩に銅羅湾で散髪済ませO氏と居酒屋一番。最近みんな焼酎なのでぐびぐびとキクマサをやれるO氏はありがたい。ホッケのひもの。バーSでO氏のジャックダニエルいたゞく。小腹が空き広島バクダンつけ麺。ぎりぎり二更のうちにお開き。

▼前行政長官貧官曽収監。

2017-02-19

fookpaktsuen2017-02-19

農暦一月二十三日。今日散歩はBraemer HillからQuarry BayのTaikoo Placeまで。Braemer Hillから百福道の崖は高所恐怖症には歩くと膝が竦む。百福花園(Bedford Gardens)の通り抜けが面白い健康村、模範邨の二つは戦後香港の酒豪住宅のまさにモデル団地

⇧深刻な内容を伝えてはゐるが、あまりの冷静さで深刻さが伝はらないのが核禍報道の特徴になつてゐる。

f:id:fookpaktsuen:20170221145511j:image:h180 f:id:fookpaktsuen:20170221145509j:image:h180 f:id:fookpaktsuen:20170221145505j:image:h180 f:id:fookpaktsuen:20170221145507j:image:h180

2017-02-18

fookpaktsuen2017-02-18

農暦一月二十二日。雨水。快晴。官邸で週末の書類整理。午後遅くBowen Roadを歩く。10min/kmってアタシの場合、つまり走る必要はほとんどない。Bowen RdからGarden Rdに出てRobinson RdからCounduit Rdが分かれる谷間、頭上にRobinson Rd歩道橋の高架がリゾーム的に「蔓延り」谷間にはピークからの渓流が流れ込み異次元的な不思議スポット。中環へ下りFCCへ。新横浜I君深圳出張で香港立ち寄り明日上海へ。少なくとも5年以上没見で早酒にて旧交温る。家人来て夕食。I君と別れ家人と市大会堂。第45回香港芸術節で今晩はグルシア出身ピアニストელისო კონსტანტინეს ასული ვირსალაძე(エリソ=ヴィルサラーゼ)のリサイタルリヒテルが「世界一シューマン奏者」と彼女を讃へたといふが今晩もシューマンアラベスクからまりピアノソナタ13番、プロコフィエフソナタ2番で中入り。後半はシューマン幻想曲歌曲ミルテの花」からリスト編曲の「貢献」。そしてリストスペイン狂想曲。素晴らしいシューマンの間にプロコフィエフ効果的に入り最後リストは圧巻。聴衆の喝采に答へシューマンの小曲とショパンワルツ2番。

f:id:fookpaktsuen:20170219151716j:image:h180 f:id:fookpaktsuen:20170219151714j:image:h180 f:id:fookpaktsuen:20170219151712j:image:h180 f:id:fookpaktsuen:20170219151710j:image:h180

2017-02-17

fookpaktsuen2017-02-17

農暦一月二十一日。夕方、大坑道を歩く。この頃少しでも運動を、と散歩すいてゐる。大坑道からの崖はかつて不法居住民のバラックが貼りつくやうに建つてゐたが全て立ち退かされ今では跡形もなく鬱蒼とした樹木に覆はれ、ザハ=ハディドのやうなイメージとでも言へばよいのか奇観となつてゐる。香港スタジアムがまるでそれに呑み込まれさう。大坑から天后に出て炮台山の麺樂。R嬢、T君と飰す。帰宅するつもりが銅羅湾に戻り今年初めてでバーS。歓談深更に至る。

▼前行政長官・貧官曽の汚職疑惑について高等裁判所は公職での不正行為を認め有罪。但し収賄に近い便宜供与受けても、それにより何らかの利益贈賄側に与へた点は陪審団判断できず週明けまで最終判決持ち越し。

雨傘運動で公民党所属活動家(曽健超)に殴る蹴るした七名の警官に対して懲役2年の有罪判決。曽健超も公務中の警官に高所から何だか液体をかけたりの行為公務執行妨害に昨年、懲役5週間の判決受け控訴中。何とも後味のまずさだけ残る雨傘運動。それにしてもいづれの状況でも丸腰の市民を物陰に連行して殴る蹴るの「暴行」に警察はトップも含め身内の咎に同情し親中土共は警官特赦を求めるとは。

2017-02-16

fookpaktsuen2017-02-16

農暦一月二十日。快晴。来港中のG夫妻と郊外へ。朝10時半に筲箕灣で待合せ。夫妻は美孚にあるHeritage Lodgeこちら)に宿泊で美孚から筲箕灣まで102系統の隧道巴士で九龍からパノラマ楽しまれる。Heritage Lodge(翠雅山房)は饒宗頤文化館の施設の一部。元々は荔枝角醫院だが監獄や伝染病の隔離施設、精神病院など変遷を経て施設老朽化もあり2004年医療管理局の手を離れ放置されたが歴史的建築指定受け整備され饒宗頤文化館として再開。その一部が宿泊施設のHeritage Lodgeとなつてゐる。9系統の石澳行き巴士は平日でもかなりの混雑で1台待ち。石澳岬の根元で巴士を下りたのはアタシらの他2人だけ。ここから龍背を歩く。好天でかなり見晴らしよく紺碧の海。土地湾に下り石澳。まるで初夏のやうな陽気。食堂でかるく昼食。9系統の巴士で筲箕灣に還る。奥さんGとは此処でお別れ。T君はミニバスで陋宅へ案内。珈琲のみタクシーで湾仔。T君ともここでお別れ。湾仔電脳中心でiPhoneの表面ガラスにひび入つたのを修理。帰宅。まだ体調芳しからず熱もないのに夜は悪寒ひどく早寝。

2017-02-15

fookpaktsuen2017-02-15

農暦一月十九日。晴。午後、中文大学で来港中の山田昌弘先生中央大学)のレクチャーを拝聴。結婚しない、子どもを産まないに加へ恋愛性的行為もない若者たちの増加といふ社会現象を興味深く考察続ける山田先生には敬服。日本で人口減少が見られたのは平安と江戸の後期、そして平成なのだといふ。昭和の戦争期も多くの人命失はれたが産めよ増やせよの殖産体制下で一時的な減少はあつたが戦後の急激な人口増となる。つまり「戦争がない」時代平和で世の中が停滞し「リアル」で満足できずヴァーチャル化があり得る、と。恋愛感情をさまざまな対象に分散させ満足してゐる現象は大胆な説だが「そも/\1人の人との関係で親密性、ロマンス、性欲すべてを満足させなければならないというのは近代社会が作り出したイデオロギーである」と山田先生。御意。源氏世界、江戸後期の吉原や落語の世界がそれ。MTR大學站外側に位置するビジネススクールの校舎でのレクチャーだつたので終はつて隣のハイアットホテルのバーに口開けで泡を2杯。下品大陸客二人がウヰスキーをずずずっと啜りながら飯を食らつてゐる。MTRで紅磡、隧道巴士で銅羅湾。Cloudy Bayのシャルドネ調達して世界貿易中心(といふわりには小ぢんまりしたビル)にある上海素食の功徳林。一昨晩に引き続きG夫妻と家人と四人で飰す。夫人が菜食家で中華の見事な「見かけは肉」の料理に興味津々。素食でもこゝは酒が飲めるのがありがたい。倫敦地下鉄のマグカップいたゞく。Mind the gap between UK & EUである。四人で記念写真銅鑼湾書店跡地前。まだ看板は辛うじて遺つてゐる。Gastroenteritisが本格的な風邪になつてしまつた。

f:id:fookpaktsuen:20170216102917j:image:h170 f:id:fookpaktsuen:20170216102918j:image:h170 f:id:fookpaktsuen:20170216102916j:image:h170 f:id:fookpaktsuen:20170216102914j:image:h170 f:id:fookpaktsuen:20170216102912j:image:h170

▼北朝鮮の金正男さん殺害他人事ながらとても気になる。異母とはい兄弟だが正男さんと正恩さんは別な場所で育てられ面識もなかつたといふ。正恩さんは同母兄の正哲さんにも忠誠を誓はせ平壌市内のホテル幽閉。それで信じる親族実妹と異母姉と女性だけなのも興味深い。正男さんといへば2001年にドミニカ偽旅券での日本入境とディズニーランドだが、この時は新加坡警察が韓国通じ正男さん情報を日本政府に齎したさうで、北朝鮮の当時、正哲・正恩兄弟支持する勢力が正男動静を新加坡側に流したといはれるが、その正哲・正恩兄弟側の人間も今も安定した地位なのか、とつくに処刑されてゐるかもわからない。北朝鮮側はこの件に公式見解などないがマレーシアでは北朝鮮大使館がマレーシア側に遺体引き渡し求めたといふから大したもの。ところで、空港の監視カメラによると布を被せた女は「北朝鮮人のような外見」(毎日新聞)っていったいどんな外見か。

▼文科省の2020年以降の学習指導要綱改定案。もうあちこちで悲鳴が聞こえるほどの内容。終はつてゐる。幼稚園保育所までに「国歌」親しませる気狂ひ沙汰。

↑ハリマオが活躍するのは、さうアジア各地なのだつた。敗戦から15年くらゐのこの当時だと思ふと興味深い。

2017-02-14

fookpaktsuen2017-02-14

農暦一月十八日。薄曇。体調回復せず。何だか花束もつて歩く男女多いと思つたら聖ヴァランタインの日。おめでたい異教徒たち。菊正宗の熱燗でおでんを肴に飲つてゐたらテレビでは北朝鮮の金正男さんKLの空港でf:id:fookpaktsuen:20170216093736j:image:w220:left毒で殺害されたといふニュース佐伯啓思『さらば、資本主義』(新潮新書)半分ほど読む。

▼千代田区長選。首相官邸は与謝野陣営全面支援せず。大阪ダブル選と同様、小池知事との融和路線。晋三と小池知事との密約説は小池は自民党都連とは対決するが国政選挙では対決回避。官邸が設営容認小池劇場で旧守派都議を東京大改革派知事が退治するワンマンショーをメディアが実況しただけ。(週刊金曜日

▼1月に亡くなつた俳優の松方弘樹は大のマグロ釣り好きだつたが危機的状況のマグロを乱獲する巻き漁業への規制強化を訴へてゐた。「人間の力で釣り上げるマグロ一本釣りは獲る量は大したことはなく水産資源に優しいエコな漁法。それに比べ産卵期のマグロや小さい魚を根こそぎ獲る巻き網業は魚の枯渇につながる」と松方さん。

f:id:fookpaktsuen:20170216093735j:image:w240:right

⇧全く当然のことを市長が言つてゐるのだが、これだけで「反政府」的に映る今の日本。沖縄は独立して台湾と緩やかな連邦制度でも敷いたほうがいゝのかもしれない。

⇧香港代表するベテランデュオの逹明一派だが黄耀明が民主派寄りで雨傘運動への参画など影響しコンサートスポンサーが集まらない。企業がそれほど政治に神経質になる、一国両制とはいふがもはや明らかに一党独裁国家の中。

2017-02-13

fookpaktsuen2017-02-13

農暦一月十七日。トランプと晋三の会談ゴルフに合はせ北朝鮮がご祝儀で新型ミサイル発射。なんて予定調和なのかしら。かりに北朝鮮がこの機会に沈黙守つたとしたら「北で何かが?」と察するところだが。体調芳しからず朝、養和病院外来診察受けると思つた通りでGastroenteritisといふ診察。処方薬授かる。午後6時に外に出たらまだ明るくビクトリアピークが夕焼けに映えてゐる。だいぶ日が長くなつた。金鐘のWatson’s Wineで新西蘭はDog PointのSauv Bl 2016年と豪州のClonakillaのシラー2012年調達してMTR太子驛。英国はExeterよりG夫妻来港。再会。賑やかな珠江酒家に飰す。四方山話。ご夫妻とご一緒で会ふのは1996年だかに渡英で当時は倫敦に住んでゐた二人と旧交温め、旦那のT君はその翌年だかに香港に寄られて以来。1990年には当時、豪州のPerthに住んでゐた二人を家人と尋ねたこともあり。そも/\最初出会ひは1985年に7月のある晩三更に広州站の長距離列車の待合室(巨大な難民収容所の如し)で二泊三日!の北京行き列車待つなか長椅子の列にポツンと一人の西洋人バックパッカーがゐて外国人の誼みで同じ貧乏旅行同士と声をかけ列車待つと乗車となり偶然に同じ車両の近くの寝台で意気投合しアタシが香港で調達したジャックダニエル飲みながら北京に着いた、f:id:fookpaktsuen:20170214164239j:image:h190:left f:id:fookpaktsuen:20170214164237j:image:h190:leftそれが年上の友人たるT君。几帳面な彼は毎日日記を丹念に綴つてゐたが、それをつい先日、メールで送つてくれた。1985年7月18日に彼が北京で綴つた日記によれば出会ひは7月14日だつた由。

An hour before departure time I met again that English-speaking railway policeman who enquired of prepositions and superlatives whilst guiding me through to a waiting room. A little after ten he he took me to train no. 19. A Japanese guy asked me if he could see my ticket to check he was boarding the correct carriage. He was. We boarded and found we had berths close to each other. He produced a bottle of Jack Daniel’s whiskey. His name is "F" and now, a few days later, we have become friends and travelling companions. F is from Sendai, north of Tokyo, and is on his way to the North East (of China). He is studying Japanese history and the provinces to which he is travelling were of significance, in particular, during the Second World War, and prior. F is carrying with him the 1936 diary of his grandfather, retrieved from the man’s kit-bag, found in a loft and unopened since the end of the war. It is one of the most beautiful documents I’ve ever seen, filled with local memorabilia including train tickets, cigarette covers etc., and written in those elegant Japanese characters, vertically. F is modelling his own diary of this journey on his grandfather’s.

日記といふのは本当に貴重な記録。さう/\祖父の残した従軍日記(といふか趣味蒐集帳)をアタシは持参して旅行してゐたのだつた。北京でも彼の紹介で永定門火車站(現在の北京南站)近くの、当時はこの掘割をラクダがスイカを背に積んで歩かされてゐたものだが、外国人宿泊可の安宿に泊まり、天安門広場では今では考へられないことだが当時は北京でいちばんのんびりした広い、誰にも邪魔されない空間だつたので、その安宿のメールボックスに知人の旅人が彼に残していつたヘンなにほひの煙草を天安門広場で一服したり本当に何とものんびりした時代王府井の横丁の、地面に窩を穿ゐただけの悪臭で鼻も曲がる公衆便所で兌換券を人民元と闇両替したりアタシが旅行する長春まで彼も来て夜汽車下りて(貧乏旅行者の分際で)旧大和ホテルでとてもシックな朝食を楽しんだり、北京に戻り莫斯科行きのシベリア鉄道に乗り込んだT君が人民元不足のアタシに人民元調達してきてくれて長春站で本来立ち入り禁止ホームにアタシが入り込んで窓から人民元を受け取つて米ドルを渡したり、何とも緩やかな時代

f:id:fookpaktsuen:20170214164716j:image:w240:right

Jin Xingは本当にすごいと思ふ。子どもの頃からバレエで才覚を見せた男の子だつたが自分は女になりたいといふ願望あり中国では性転換は難しく、そこで選んだのが中国を捨てることではなく、バレエに研鑽を積み中国のトップダンサーとなること。その栄誉と知名度を勝ち取れば自分が何をしようと自分決断を誰も邪魔することはできない、と。実際にそれを実現したのだから

原田治さんはほんと好きなイラストレーターだつた。80年代の全てが一番楽しかつた時代に、とにかく全ての羨望の的だつたアメリカのいゝところ(正確には日本人にとつてアメリカの一番いゝと思へるところ)を心晴れやかなイラストで表現してゐた。何かの記事でもう5、6年前だか最近原田さんの生活ぶりが紹介されてゐて……さう/\Eamesの椅子のことだつた、原田さんは大島のアトリエ兼の自宅の椅子はすべてEamesださうで、それで原田ノートといふ、それなりに頻繁に更新される日記ネット上で読んでゐた。ただ素敵なイラストを描く画家ではなく、原田さんのポリシーにかなり共感を覚へた。その日記が昨年11月にぷつりと更新が途絶えてしまひ、日記に飽きたはずもなからうし体調でも崩されたか……と気にはしてゐたが、まさかその月に急逝されてゐたとは。それが先週土曜日新聞に。まだ70歳。今ごろあの世で仲良しのペーター佐藤、安西水丸と再会してゐるのかしら。その原田さんの最後日記より。

好きなアメリカ文化は、1950年代半ばから60年代半ばまでの、わずか十年間くらいのことかな。二十世紀のど真ん中。白人中心の「アメリカンドリーム」が実現した時代で、遥か海の向こうの超モダンな国として憧れ続けていた。美術、音楽映画、デザイン、ライフスタイル、どれをとっても溌剌として輝いていた(食べ物だけはジャンクだが)。朝鮮戦争の終わりとヴェトナム戦争が始まるまでの、つかのまの平和時代世界アメリカ白人けが享受できたドリームというわけですね。

その夢から覚めて、70年代からアメリカ白人文化は、凋落の一途をたどってきた。以来、軍事大国にはなったが、人心は荒廃した。いまや一般人が三億丁もの銃を持っているという恐ろしい国。人口は六割くらいが白人で、あとはヒスパニック黒人その他およそ200種の民族が4割になっているそうだ。ほとんどが移民の、最大の多民族国家。じきに白人は半分以下に減っちゃうらしいが。

そのアセリが出たのか、今回の大統領選では過激白人主義トランプが選ばれたのでしょう。いわばドメスチックな民族抗争だね。日本のほうは、誰が宗主国の大統領になろうが、植民地であることには変わりない。いつもの忠犬アベ公です。早速トランプ様こそ、まさにアメリカンドリームではアリませんか!と電話でヨイショしていた。残飯ぐらいは期待できるのかもしれない。

まさに仰せの通り。これを昨年11月中旬にさらっと書いてゐて、そして亡くなつたとは……哀悼

ぼくの美術帖 (大人の本棚)

ぼくの美術帖 (大人の本棚)

常無常人常無常人 2017/02/15 01:17 原田治さん亡くなっていたのですか。私にとってはやっぱりブロンディのアメリカ、何故かいつも転がっていたTIME、LIFEで見ていたローライ35や水着美人をはべらせた車のイラスト、大型爆撃機B-36の想像図(本物と全く違っていた)とかGEのトースター、雑多なしかしかの国には実在した文明の思い出を彷彿させるノートが好きでずっと読んでいたのに何故止まっているの?とは思っていましたが。ちょっとした手伝いに忙しくて自分のことしか考えないうちにこんなことになっちゃってた。高級舶来の縁がまた消えてしまいました。

fookpaktsuenfookpaktsuen 2017/02/15 12:31 貴兄も原田治ノート読まれていましたか。いい日記でしたね。文章まで原田さんのあのイラストと同じ空気が流れている。でも言うことはきちんと言う日記で。それが昨年の11月で止まっていましたが、まさか亡くなってたとは。原田さんらしい去り方。美学。スタジオのある築地で、場外のすぐ近く、一度お見かけしたことがあって、とてもお声をかけられませんでした。

2017-02-12

fookpaktsuen2017-02-12

農暦正月十六日。晴。香港マラソン中継眺め周末の書類整理で官邸に向かふが高速道路、銅羅湾周辺の道路封鎖の影響で一般道の渋滞甚し。午後早めに官邸出て北角へ。街市漫歩。本物なのだと思ふがFamous Grouseの1ℓ瓶をHK$85で贖ひ帰宅。たまにはジョギングするつもりが気が萎え読書。悪寒あり胃腸の調子も芳しからずGastroenteritisの気配。水炊き。岩波世界』2月号読む。

冷戦後世界とはどういふものか。『世界』2月号で寺島実郎氏曰く:対抗勢力失つた資本主義の弛緩、驕りと歪みが顕著になりイデオロギーの壁崩れたことで「国境を越へたヒト、モノ、カネの移動」が自由化され世界は大競争時代に向かふと喧伝されたが最も効率的に国境越へ肥大化したのは情報ネットワーク技術革命に乗つたカネの移動、マネーゲームで、それが齎す災禍を国民国家の政治システムでは制御できなくなり苛立つポピュリズムの痙攣に世界が立ち尽くしてゐる感がある、と。御意。20世紀前半も同様にポピュリズム制御に失敗しファシズムを生んだが当時はファシズム打倒することで、その後に選擇すべき概念は明確だつたが今はそれもなく「解答なき熱狂」となる。

トランプが晋三の日本語での演説同時通訳のイヤフォンもつけずに頷きながら聞いてゐたといふ。

世界 2017年 02 月号 [雑誌]

世界 2017年 02 月号 [雑誌]

2017-02-11 1日澳門

fookpaktsuen2017-02-11

農暦正月十五日。元宵。晴。昨日に続き寒い。台湾では凍死者百人超の由。気温摂氏十度で?と思はれるかもしれないが防寒が乏しいのだから。朝十時のジェットフォイル家人とマカオへ。往路のターミナルからして客少な。快晴。マカオにつき路線バス乗り継ぎ、途中氹仔の超級市場で葡産の岩塩贖ひ路環の黒砂海岸まで。少し風強いが散歩には心地よく砂浜をGrand Coloane(旧ウヱスティンホテル)のほうに歩く。Miramarといふポルトガル料理屋に昼。かなり不便な場所だが好評。料理のとにかく量多し。二人では難儀。やたらでかく「Union Payでの支払いお断り」とかトイレで雑物に加へ紐育タイムズトイレに流すな、とか可笑しい。二時間ほどゆくつりと食事して近くのバス停に上がるとちょうど30分に1本の15系統バス来たので黒砂海岸まで。そこで路線バス乗り換へ市中央まで還るが1時間昼寝つきでバス料金は計3パタカ(50円弱)。セナド廣場だけは人混みだが、それを抜け荷蘭園にほうを散歩。ぐるりと北側を抜け大三巴からマカオソウルに下る。旧正月はチェンマイの別宅に遊んだご亭主と女将水曜日から店を再開。先日借りたバッハチェロ無伴奏組曲のCD3枚返却すると今度はロストロポーヴィチ1991年のあの有名なヴェズレーの聖マドレーヌ大聖堂でのバッハ無伴奏チェロ組曲のDVDを貸してくれる。知己の客で内々の盛り上がり。Quinta do Vallado Sousão 2007年を飲む。3時間ほど寛ぎ十月初五日街の黄枝記に。改装で余計な高級感。プチ贅澤で蝦球湯伊麺を啜る。路線バスで船着場へ。とにかく空車のタクシーが目立つ。グランドリスボアの前でもタクシー客待ちの列。船着場も土曜の晩九時過ぎだといふのに閑散。これぢゃ路氹に立ち並ぶカジノもかなり深刻な状況のはず。

f:id:fookpaktsuen:20170212140945j:image:h170 f:id:fookpaktsuen:20170212140943j:image:h170 f:id:fookpaktsuen:20170212140941j:image:h170 f:id:fookpaktsuen:20170212140938j:image:h170 f:id:fookpaktsuen:20170212140947j:image:h170 f:id:fookpaktsuen:20170212140934j:image:h170 f:id:fookpaktsuen:20170212140936j:image:h170 f:id:fookpaktsuen:20170212140932j:image:h170 f:id:fookpaktsuen:20170212140930j:image:h170

2017-02-10

fookpaktsuen2017-02-10

農暦正月十四日。曇。朝の気温は摂氏11度。昨晩の痛飲で宿酔ひはないが体力消耗甚し。晩に何気にテレビつけるとMTR列車で日が燃え尖沙咀站構内が煙充満のなか火傷した乗客の救出で何かと思へば還暦の気狂ひ男が晩七時半だか金鐘を出た荃湾往きのMTR車内で虚妄から自分死ぬからオマエらも道連れにとシンナーだか撒き散らし付近乗客が止めようとするなかライターで火をつけ焚身乗客も類焼でパニックのなか列車は尖沙咀まで急ぎ、そこで救援活動。自焚のこの男と巻き添への女性数名が重症危篤の由。キチガイは本当に怖いが自分がいつ、いとも簡単に何も前触れなくともキチガイになる可能性もあることが一番怖い。テロリストとて同様。

▼南スーダンの国連平和維持活動(PKO)に参加する陸上自衛隊日報で現地の「戦闘」が報告されてゐた問題に絡み防衛相稲田某女が衆院予算委でf:id:fookpaktsuen:20170212131424j:image:w280:left戦闘行為」の有無につき「事実行為としての殺傷行為はあつたが法的な意味での戦闘行為ではない」「国会答弁する場合には戦闘といふ憲法9条上で問題になる言葉は使うべきではないことから武力衝突といふ言葉を使つてゐる」と馬鹿正直答弁。馬鹿といへば法相でまともな国会答弁できず。それを言へば答弁屢々はぐらかす晋三も晋三。以下、築地H君の指摘引用

大臣が食言して平気になったのは小泉以降か。小泉によって「自衛隊の行くところが非戦闘地域」「人生いろいろ、会社もいろいろ」といった適当な答弁が通るようになったわけだが、そういう発言をしているときの小泉はニヤニヤ笑みを浮かべて「いま、オレ面白いこと言ってるだろ?」と言いたげな得意顔。逆に言えば「アホな発言をしながらもそのアホを言って無理を通している自分俯瞰するような距離感」がまだしもあった。それが今では首相筆頭に大臣が「自分がいかに適当な答弁をしているか」という認識すら欠ける。法相、防衛相の今回のような発言前世紀であれば直ちに国会審議はストップし大臣更迭はやむなくなる事態戦後ではない。戦前でさえ浜田国松代議士と寺内寿一陸相の「割腹問答」で廣田内閣は総辞職1937年といえば、すでに現職の総理やら大蔵大臣が軍人右翼に何人も殺されている時代だが、それでも議会ではここまでガチの対決。現在の状況に関して「メディアの追及が甘い、メディアが悪い」というのは間違いではないが、直接には野党の力量不足が最大の要因、野党に力を与えないのは有権者の責任でもあり。戦前斎藤隆夫の「反軍演説」においても除名された斎藤を地元選挙区の有権者はその次の選挙ではトップ当選で再び議会に送り込む(しかも大政翼賛会の非推薦候補)。130年にならんとするわが国憲政史上において今は(東条内閣時代の数年間を除けば)議会機能もっとも低下した時代ではないか。「そんな与党に支持率で大差をつけられているではないか」と野党や野党支持者を揶揄し冷笑する意見も(ネットでは)まま見られるが、それほど弱体化した野党に対して与党内で現内閣以外に政権を担おうとする勢力が現れない人材不足はより深刻。

2017-02-09

fookpaktsuen2017-02-09

農暦正月十三日。晴。暖冬だが今になつて気温が下がり始める。晩に尖沙咀のインターコンチネンタルホテル。昨日から沖縄県の香港でのPR行事続いており今晩はOKINAWA Night in HKと称して大規模な沖縄産品売り込みとレセプション。翁長知事来港の予定が突然のキャンセルで副知事がホスト。米国でトランプ当選しなかつたら、先日の知事訪米があのやうな結果に終はらなかつたら知事は予定通り来港だつたはず。今日も、この副知事も年内で辞任といふ報道あり。かなりの規模のパーティで沖縄の力の入れかたに感心し驚くが、会場で「これも沖縄は振興予算が国から出ているから」「我々の税金でこれやってるんだから」と冷ややかな声も耳にする。あまりの人出に早めに退散し酒の一滴で独酌。こゝに来ると相変はらず飲み過ぎ。

2017-02-08

fookpaktsuen2017-02-08

農暦正月十二日。曇。晩にD先生から招飲いたゞき中環の粗豪はLe Soukといふレバノン料理屋。寒さの所為か体調イマイチ。f:id:fookpaktsuen:20170210180615j:image:w260:left

▼豊洲疑惑で都議会慎太郎喚問に毎日新聞記事。豊洲に絡む石原疑惑は当時『噂の真相』で語られていた。

⇧司法判断で何らかの基準必要なのかもしれないが、本人にとつては尊厳に関はる問題

⇧無法治社会としての中共。党による支配絶対性。怖い、本当に怖い。

2017-02-07

fookpaktsuen2017-02-07

農暦正月十一日。通販で購入のペリカンの蛍光万年筆が届く。100円マーカーでいゝのに誰がこんなものを使ふのか、と思ふが物好きはゐるもの岩下尚史著『大人のお作法集英社新書を読む。かなり口説い内容だとは思つたが予想以上のクドさ。この方らしくて可笑しい。だが書かれてゐることは結構個人的には共感するところ、同趣なところあり。

2017-02-06

fookpaktsuen2017-02-06

農暦正月初十。晴。沙田車公廟参拝。まるで信心深くないアタシだがF君が春節前に足首を骨折して入院してゐるといふのでf:id:fookpaktsuen:20170210174744j:image:w280:left今更だが厄除けのお守りをいたゞく。初十でも結構な人出で線香が焚く本数もかなりなので猛烈な煙。香港大学図書館で入館カード更新キャンパスが西に拡張されたことでエントランスも2階に新しくなつてゐた。東区医院にF君見舞ふ。公立病院を悪くいふ声はよく耳にするが6人部屋で確かに雑然とはしてゐるが1日HK$68で入院の一切の費用賄はれるのだから。さすがにこゝぢゃ煩いだらうと、使つてゐないBOSEノイズキャンセリングのイヤフォンも届けてF君に使つてもらふ。公立病院にも個室で治療も優先されるサービスもあり、そちらは1泊HK$5千、セミプライベートでもHK$2千余。午後から強い季節風。

2017-02-05

fookpaktsuen2017-02-05

農暦正月初九。もう春の心地よい気候。一昨日から右目に異物感あり所謂ものもらひ」で昨晩それなりに目立つほど腫れたので散歩気分で養和病院休日診療受け抗生物質入りの点眼剤と寝る時につけるペースト状の薬を授かる。正月休みではチェンマイで赤目だし続けて目を患ふとは。散歩のときもバス地下鉄に乗っている時も騒音や大声の会話が不愉快なので音楽を聴いてゐなくても雑音消去でイヤフォンをしてゐる。Boseの雑音消去のイヤフォンにはお世話になったけどかなり傷んで、藍牙普及のコードレスになるとコードがやたら煩はしく感じる。しかもiPhone7でイヤフォンジャックがなくなって変換ケーブルもなんだか見苦しい。Boseコードレスで雑音消去型も新発売だが首輪がやたら目立つの何だか。アフリカの首飾りのやう、と検知かNさんと納得。雑音消去機能はないがフィトネス用のコードレスのイヤフォンで十分か。将来的には雑音消去型もコンパクトになるのかしら。ここ数日散歩すいてゐる。今日も午後遅く天気がいゝのでお散歩Happy Valley崖上のBroadwood Roadではマンション住民がミニバスつのに雨や熱射がひどいのも解るが公道の歩道に勝手に庇をつけてしまつていゝのか。香港スタヂアム隣の東華東院(医院)も本部建物正面玄関バルコニーがやけに重たそう。建築U氏曰く「これだけのもち出しで梁にはハンチ無し、アンバランスプロポーションのコーブルは文字通りお飾りで、おそらく分厚い腰壁に相当な配筋が仕込まれているんでしょう、と。大坑のClassifiedでぼんやりシードルと白ワインを飲む。隣卓の客がホットチョコレートを飲みながら当てにフレンチフライなのは見てゐるだけで胸焼け。帰宅して白身魚のグラタン風。白ワイン飲む。岩波世界』1月号読む。

f:id:fookpaktsuen:20170206191458j:image:h180 f:id:fookpaktsuen:20170206191456j:image:h180 f:id:fookpaktsuen:20170206191454j:image:h180 f:id:fookpaktsuen:20170206191451j:image:h180

家人の話では太古の岡田屋で会津物産展をやつてゐるさうで(家人の父は会津の出なのだが)会津も風評被害受けてゐるなかf:id:fookpaktsuen:20170206181006j:image:h220:right f:id:fookpaktsuen:20170206181010j:image:h220:right懸命。だが「福島」を敢へて出さず「会津」で売つてゐても香港の市民など日本の地理には詳しいわけで会津が福島なのは承知で「福島」を出さぬことがむしろ「隠蔽してゐるのか」とすら思へないか。本当に難しいところ。いずれにせよ会津も含め産品が敬遠されてしまふ。

▼米国でトランプ総統選挙され就任後のその言動世界が一つ一つ驚いてゐるが何だかそれについていけない私。そして民主主義 ≠ 最善 であつて更に 民主主義 ≠ 平等 なのだといふこともよく心得ておくべき。トランプ変人だが民主的な方法で民主的に選ばれたのだから、あれも民意だろ。『世界』1月号で西谷修先生が書いてゐるのだが(アメリカのない世界)、冷戦後イスラムテロといふ敵を作り上げ、その撲滅を戦争だとして(少なくとも冷戦での「対ソ」は戦争にまではできなかつた←実際に戦争になつたら攻撃されるから)、そして詐欺的金融市場に期待したが、対テロ戦争にも金融のマヤカシにも米国は疲弊して、その結果がコレ。もはや米国は世界に君臨せず「米国のない世界」を我々はもたなければいけないのに、それができない、だから騒いでゐるだけのことなのだ。

▼そのトランプに対してワシントン州の連邦シアトル地裁が入国禁止を一時差し止め決定。地裁の判決国策に即刻影響与へるといふことが日本ではピンとこないところ。この提訴したワシントン州シアトル連邦地裁の司法長官曰く「現在の状況を踏まえると三権の中での役割果たして介入すべきだとの結論に至った」と。これが中共だつたら即刻この地方の司法官は間違ひなく処罰対象行方不明である

⇧この書評ではモンティパイソンを「お笑い界に革命を起こした伝説のグループ」と書いてゐるがモンティパイソンはけして「お笑い界」ではない。東京12チャンネルでタモリのちょっと恥ずかしげなナレーションで当時ほんとうに面白かった。英国の階級もこのモンティパイソン鬼才クルーズに言わせれば上流階級といふのは素晴らしく礼儀正しいのに「本心から好きなのは何かを追いかけて撃ったり、水から釣り上げて窒息させたりすること」が興味深い、と。彼にかかると貴族たちの狩猟や釣りもかうして野蛮にしか映らない。

⇧ただ貧しい人々や子供たちにパソコンを配布したりインターネットに接続できる環境を整えたりするだけでは期待したような効果は表れない。御意。増幅の法則。例えば「ソーシャルメディアが「アラブの春」をもたらした」という説があるが、もともと独裁政権に対する市民の不満があり政権に反対する組織存在していたところでソーシャルメディアが反対勢力の影響力増幅の道具として利用され政権打倒につながった。ソーシャルメディアを与えれば民主主義が生まれるというものではない。意志能力技術によって増幅されるが根本となる意志能力技術によっては作れない。それは人々のなかにもともと備わっているもので、それを引き出すことができるのは身近にいる教師だけである意志能力のある受益者と熱意のある教師がいて初めて技術が貧困撲滅などに期待された効果を上げることができる。

⇧天安門前での軍用自動車走行中の転覆事故あり。それを人民ネットに流したところ「編造、傳播恐怖虛假資訊」ということで警察に拘留された由。警察発表ではこの事故は「路面濕滑」で事故のあった場所は「国家博物館北側」で天安門に非ず、と。そこまでして公安を願ふか。

2017-02-04

fookpaktsuen2017-02-04

農暦一月初八。官邸で午後まで週末の書類整理。建物内は断熱材がないことで薄曇りが続くとまだ心底冷えてゐるが外は春のやうな陽気。久しぶりにBowen Roadを港安病院から西に向かつて散歩して途中から湾仔の星街に下る。ジムでサウナに一浴してから23系統バスに乗ると金鐘から家人もちょうど同じバスOlympia Graeco埃及珈琲店から始まる土曜夕f:id:fookpaktsuen:20170205153223j:image:w360:left方の食材買物コースで上環まで。この散歩も実に数ヶ月ぶり。上環で文武廟参拝は正月で長蛇の列。上環街市の熱食中心で泰之味といふタイ料理屋で早い晩飯。初めてだつたがおしゃべりで陽気な女将世間話。同じフロアに熱食中心では珍しく日本食の肆(家和熟燒)あり閉まつてゐたが、泰之味の女将にそこを切り盛りする日本人名前がKだと聞き、やはり噂で耳にした通り旧知のKさんだつたのか。今日は開けないのかしら?と思つてゐたら女将に「今になって開いたわよ」と言はれ帰りに覗いてみたが少なくとも私らの知る板前のKさんではなかつた。熱食中心だが強烈な冷房にすつかり冷える。帰宅して晩九時前だといふのに寝入る。

⇧だが米国の海外での「ミッション」や金大中拉致などこれまでも同じような国権蹂躙公安活動必要に応じて行われているわけで香港の場合だけを一国両制の危機危惧しても所詮中共の「国内」なわけだし今回の拉致にしても前回の銅羅湾事件にしても何らかの形で中共に関はるからかうなるわけで致し方ないことなのか。

常無常人常無常人 2017/02/05 22:59 所詮同じ国と言えるのは私が外国人だからでしょう。一方の所詮属国、大家さんからお許しが出たからって一斉に辺野古に行ったり今朝の日曜討論(全部は見てない)みたいに何はともあれ軍備増強論になれるのか。家和は元気でしたか、良かった。開店をタブロイド版で知って出入り。あの街市の熟食、美味そうなところが一杯あって知り合い無視するのも何だしこちらも歳もとって遠のきました。#115だとトンネル通って真っすぐなんですけど。

2017-02-03

fookpaktsuen2017-02-03

農暦一月初七。立春。このまゝ暖かくなつてゆくのかしら。湿度はもう先週からだいぶ多湿ですつかり不愉快な香港の春のやう。通常の生活今日は6km歩いた。普段何気なくミニバスに乗つてしまふところを歩くだけなのだが季節がいゝのと天候、それにコースがせめて自動車排ガスが少ないところだからできることで。長野のHさんから預かつた八幡屋の香辛料、Osteria Gattoといふイタリアンバールオリジナルのやつを理髪I氏に届ける。帰宅して豚汁。正月明けのお仕事に疲労困憊で早寝。

香港大学のPeter Mathieson学長が5年の任期でまだ2年残して来年1月で辞職と突然の発表。英国エジンバラ大学学長就任の宜。何かと政治的立場に置かれる大学中国人よりむしろガイジン学長にするほうが政治的余波ないのでは?と突然、英国から招聘学長だつたが、さすが生粋大学人の矜持として大学自治学問自由に関する卓見あり殊に雨傘騒動では見事な学長ぶりで事態鎮静に動く。それだけの人材だがやはり余りに政治的な香港の大学環境を厭つたのか。大公報は「学長の突然の辞任は大学が政治化しているからだ」と苦言するが、そもそもと大学が政治化せざるを得なかつた原因は何よ?と言ひたいところ。

2017-02-02 Orville Schell on the Similarities Between Mao and Trump

fookpaktsuen2017-02-02

農暦一月初六。今日はもう初六だといふのに世の中はまだ正月気分で道路も空いてゐる。沙田から銅羅湾まで車で20分もかゝらず。紅磡のトンネルも全く渋滞なし。明日はもう立春だが香港では今年1月の平均気温は摂氏18.5度で1901年の18.3度を抜き観測史上最も暖かい1月だつたさう。ユニクロのヒートテックとか冬物売れず衣料品店は早くから冬物一掃のバーゲン。寒がりのアタシもさすがに暖房カイロにあまりお世話にならず冬を過ごしてしまつた。最近形見分け」といふことでいろ/\なものを、それに興味ありさうな若い人に贈る行為を続けてゐる。少しでも物を整理して身の回りをきれいにして他界したい、と。それで贈り物をするのに我ながら包装、梱包とかほんとマメ。中身は上野池の端の道明と関係ないのだが、f:id:fookpaktsuen:20170204121637j:image:h180:left f:id:fookpaktsuen:20170204121635j:image:h180:left質のいい包装紙はこうしてとっておくと重宝。さらにクッションいれて丁寧に梱包すると夏の藺草枕のよう。そして今日SQからKrisFlyerのゴールドカードが届く。Star Allianceで昨年7月から12,884哩しか搭乗してゐないのにAmexからシャングリラホテルのtierで本来は5万哩必要ステータスをいたゞいてSQには感謝。早晩に散髪して銅羅湾で居酒屋一番に家人と飲む。すでにキープも期限切れの菊正宗あり四合近く残つてゐたが飲み干してかなりいゝ気分。帰宅してから記憶はほとんどない。こゝ数日、蘋果腕時計をしてゐるが歩行距離から心拍数までよく観察してくれてゐて「座つてばかりなので立ちませう」とか「1分間深呼吸しませんか」などと言つてはくるが、アタシの動態データは読めても、どうやらアルコール摂取量は読めぬらしい。

▼米国の現代中国研究第一人者Orville Schell先生トランプ大統領について毛澤東との類似性について面白く語つてゐると陶傑氏が蘋果日報の連載で書いてゐる(「專家說狂人」蘋果日報2017年2月2日こちら)。Orville Schellはもう30年近く前だが平凡社雑誌(おそらくブルータス)の小さなコラム記事で米国に中国で「センスのいい学者がゐる」と著書“To Get Rich Is Glorious”が紹介されてゐた。渋谷の東急文化会館にあつた三省堂書店洋書売り場で注文して入手したのもよい思ひ出。今ならネットでその場で読んでゐるのかしら。

D

2017-02-01

fookpaktsuen2017-02-01

農暦正月初五。薄曇。ほていや(アタシの記述では伊勢丹や「ほてい屋」でユニーアピタは「ほていや」としてゐる)に寄つたらサントリー角がHK$415である。日本ウヰスキーが人口膾炙高値はいへ他に日本産在庫がないからと角がHK$415はないだらう。便乗商法以外の何ものでもなし。ちなみに同じ酒売り場でVeuvu ClicquotがHK$488なのだから角も随分と偉くなつたもの。太古でのほていやと岡田屋の関係は興味深いものがありほていやが今のアピタの前にユニーであつた頃は「生活創庫」と自らを呼び「生活必需品で何かないものがあればユニーで」で岡田屋(当時のジャスコ)に優つてゐたがユニーアピタ路線になつた頃から体力消耗するのに反比例してジャスコに勢ひがついてゐた。すると今度はジャスコが1ランク上を目指しAEONで香港の旗艦たる太古店をAEON Styleと大規模模様替へしたところマーチャンダイジングが目茶/\になり基軸の食料品も「どこに何があるのかわからない」で敬遠され今度はまた「アピタのほうがいゝ」。改名と模様替へはどうやら凶らしい。

2017-01-31

fookpaktsuen2017-01-31

農暦正月初四。曇。まだ正月休みだが官邸で書類整理。三週間ほど前にハーフマラソンの時につけたっきりの蘋果腕時計をつけてゐたら机に倚つたまま時間が過ぎたら「少し立ち上がりませう」とか(お昼に弁当でカレーライスを頰ばつてゐたときだが)「血圧が上昇してゐます、1分間深呼吸しませう」と指示が出る。後者など「吸って、吐いて」で時計が振動までする。運動不足もあり帰宅途中に2.5kmほど急ぎ足で歩いた。Happy ValleyのBlue Pool Rdには古い集合住宅が並ぶが、f:id:fookpaktsuen:20170201063336j:image:w280:leftその中でも未来主義的な建築があり、これがアタシは好き。この散歩でやつと今日の消費カロリーが250だか。帰宅して常温のドライマティーニ。かなりきつい。晩飯に家人が石班を清蒸にする。市場はいくつか開けてゐる店もあり青物はまだ少ないが魚屋はかなり魚が入荷してゐたのだといふ。食後、焙じ茶に小布施は竹風堂の「くりづと」頬張る。

嵐山光三郎は談志の小ゑん時代も知つてゐるといふ。高橋義孝先生と一緒に末廣亭の楽屋に寄つた時のこと。義孝先生は小さん師匠と家が隣同士で親しかつたとは。圓朝の『牡丹灯籠』が完璧な形でなぜ遺つてゐるかといふと速記者の存在、と志の輔師匠。当時、神田の出版社速記者二人に「国会の議事録ばかり書いてたつて面白くないだらう」と圓朝の落語を舞台袖で書くやう仕向けたのだといふ。以上『銀座百点』2月号での対談より。

▼この『銀座百点』で関容子さんが百点句会のことを書いてゐる。初参加は小川陽子さん(歌舞伎の獅童の母)の誘ひ。この句会の発足はもう六十年以上前で董事永井龍男久保田万次郎安藤鶴夫戸板康二円地文子池田彌三郎に中村汀女といつた面々。こりゃすごい。

寒弾きや十二の師匠つの弟子 (睦郎)

混沌混沌と溶き葛湯かな (同)

繭玉や離村決めたる土間の闇 (辺見じゅん

耳に志ん生口に塩豆年惜しむ (昭一)

舌打ちでたたむみぞれ露天商 (同)

芝居はねて抜きでのむ酒寒の入り (登士夫)

⬇台湾といへば蔡英文総統春節に合はせLINE英文で祝賀述べ更に日本語で日本向けに挨拶したことに中共が「なぜ日本向けなのか、なぜ中国語挨拶もないのか」と不満表す。総督府LINEユーサーの多くは日本であるから、と説明

⬆重大なことなのに、まるで歴史上の発見のやうな、この鈍感ぶりが怖い。⬇週末の新聞読書欄で興味深い著述がいくつも並ぶ。

2017-01-30

fookpaktsuen2017-01-30

農暦正月初三。昨晩NHKオンディマンドで「ブラタモリ」で先週土曜に放映された「水戸」を見る。早朝に水戸駅から水戸城本丸跡地(水戸一高)訪れ水戸藩の倹約を説き(江戸での支出多く財政赤字)水戸光圀から画期的上水道計画としての笠原水道を紹介。この石造の水道の石は那珂川と千波湖に挟まれた水戸の台地の崖から掘り出され……といふ部分がこの水戸編の主な話。番組最後はアタシにとつては中学に通ひなれた三の丸で藩校弘道館を紹介し藩校学生にとつて偕楽園は思索場所として、と偕楽園を地味な正門からの竹林の径を歩き最後に千波湖を望む。よくぞ水戸を取り上げたな、と思ふが、それでも諸国漫遊のブラタモリのネタとしては他に比べると弱い。上述の崖に点在する洞窟であるが今は立ち入り禁止になつてゐるがアタシが子どもの頃は近づける場所で悪さもあつたが小学校の頃にO君はこの洞窟廃品回収だかする父親と一緒に暮らしてゐた。庭先にドラム缶風呂があるのを友だちと遠くから眺めてはゐたが、どこか「近寄ってはいけない、触れてはいけない」こと。それでもO君がそれでいじめられたり疎遠にされたりもなかつた、昭和のまだ戦後といふ記憶のあつた時代。この水戸編に続き金比羅さん、さぬきうどんの2編を見る。金毘羅宮の地理的条件も「なるほど」と納得させられ琴平に現存するJRと琴電のほかに2本の私鉄が参拝客を運んでゐたこと、幼いタモリが丸亀から父と金比羅に来たときの電車も今では敗戦となつた、地形に辛うじて痕跡止める私鉄だつたことまで紹介。さぬきうどんも中讃の滝宮がだうしてうどんの名産地になつたのか、を理詰めで語る。この2本はやはり水戸より面白い。曇。にはか雨。春節正月休みだが官邸で書類整理。メールを開くところまで辿り着かず。メールソフト開くと、オフィス不在してゐたこの1週間で外でもかなり不要メールf:id:fookpaktsuen:20170201055333j:image:h180:left f:id:fookpaktsuen:20170201055331j:image:h180:left処分しておいたがサーバーに残つたメールは388通と正月縁起よく更にジャンクメールは689通なのは嗤へた。今回入手のカシオ計算機のトップエンド機S100を使ひ始める。これまで20年以上愛用のカシオの計算機JS-140はすっかり手に馴染んでいる。当時、どこかの不渡りでも出した問屋バッタ屋オフィスに突然「計算機買つてくれないか」と行商に現れ、同僚だったベテランのQ姐が「不憫だねぇ」と5台だか買つて同僚で同じものを使ひ始め私のは天星小輪のシールを貼つてゐた。夕方帰宅途中に金鐘のPPに出てモンブラン商店万年筆の修理出来上がり受け取る。普段メンテナンスはしつかりしてゐたつもりだがインクの出る量がもの足りず暫くペリカンのM800を使つてゐたが官邸で机上のペン差しモンブランのもので、そこにペリカンはサイズは合つても、どこか居心地がよくない。帰宅して晩にカレーライス

「日本は全体を見ていないのでは?」「地元の人たちが一番ほしいのは治安あの国いるかぎり、いつ撃たれるか、いつ娘たちがレイプされるかわからないという状況です。考えてみてください。そんな切迫した日々の中で、自衛隊が造る道路に人々の関心は向きません」「自衛隊は日本の都合で送っているようです。南スーダンに貢献しているというのとは違うのでは?」と東京外国語大学特任助教のモハメド・オマル・アブディン(スーダン出身の国際政治研究者

常無常人常無常人 2017/02/03 06:59 ペリカン党でした。400ボロボロにして今500の二本目止まり。手書きFax.がビジネスの主流時代、インク黒々が恰好良かったし高い筆圧にも合って。ここに松屋があったときはペリカンのショップが。純正インクがここで常時買えなくなって日本渡来、時代は電脳にもなり最後の500静かに寝ています。ここでドイツものが買えないのってさすがイギリスと思ったものです、ワインも。

2017-01-29

fookpaktsuen2017-01-29

農暦正月初二。昨日、善光寺さんで御朱印を「ほぼ日手帳に書いてはいただけませんよね……」とお尋ねしたら案の定「それは一寸」と。私にとつては御朱印帳のようなものなのだが。御朱印頂いて貼ればいゝのだけど。曇。正月初二は日捲りにも作灶修厨は忌とあるが昨晩散らかしたまゝの旅荷片付け部屋の整理で昼に至る。エプソンのプリンタ取り替へたら今回は印刷のほかスキャンまですべてコードレスに。考へてみたらノートブックも何もかもが電源以外コードレスになつてゐた。お昼は日本で通販で入手の雲仙きのこ本舗の養々麺。午後もいろいろ整理。雨になる。f:id:fookpaktsuen:20170130095423j:image:w220:left東京での楽しみは銀座だが今回は1日だけ銀座に出たものゝ木挽丁で播磨屋の〈沼津〉がかかつてをり慌てゝ歌舞伎座に往き銀座はそれつきり。買ひ物も好きなバーも逸してしまつたが『銀座百点』だけは家人が貰つてきてくれた。今でいふところの「無料タウン誌」だが遉がに銀座で立派な文化。昨日香港に戻る機内で読んだ1月号のうち八千代と松嶋屋の対談のことは昨日書いたが芝居関連ではもう一つ山川静夫が聞く東蔵の芸談も面白い。團十郎11襲名披露の助六で並び傾城の東蔵に「玉太郎さん、一寸ね、目が下がって見えますからご研究を」と成田屋。勘三郎17からは「あなたねぇ、藤雄さんとおんなしやうに目の下へあかんべえみたいに紅入れないほうがいいよ」と。かういふ話は「ちょっとしたこと」だが言はれた加賀屋なら加賀屋が語つておかないと消えてしまふ海老様なり大中村の性格まで滲み出る一言なのだから。その2月号を読む。この雑誌俳句コーナーの選者は高橋睦郎。で毎年のやうに文化人集めた「百点句会」あつたが昨年12月に2年8ヶ月ぶり!に開催で、その句会の模様も楽しそう。なにせ参加者が浅井慎平、嵐山光三郎小田島雄志、関容子、仲畑貴志南伸坊矢野誠一らに高橋睦郎なのだから。そこでの歓談で酒の話になり飲む量を問はれた睦郎が今は二合くらゐがいちばん気持ちいゝと述べ昔に詠んだ句を披露する。

もり二枚熱燗二合やゝ暮れぬf:id:fookpaktsuen:20170130095420j:image:w180:right

午後遅くに蕎麦屋で一酌の気持ち実によくわかる。だが酒が先だし、飲んだ後のもりは一枚でせう。かりに二枚でも詠む時は一枚にすべき(笑)

熱燗の二合にせいろでやゝ暮れぬ

としたいところ。もう一つ、作家朝吹真理子文章で「どきり」とする一文あり。

突飛な書きぶりだが実に納得させられる。

▼香港で春節のお楽しみといへば除夜に黃大仙に並び半夜三更に門が開くと同時にハナで焼香争ふタレント・黃夏濺畆の干支モチーフの奇抜な衣装。もともとかなり濃いキャラでこれだから黃大仙の神様も驚くほど。今年は当然、酉だが、この装束もすべてお手製だといふから大したもの。もはや毎年恒例だが実は始めて干支一巡にはあと2年かゝるのだとか。齢八十三。

常無常人常無常人 2017/01/31 11:33 あの人がいれば、この人は答えてくれるなあと時々思い出す先達は誰もいなくなっちゃいました。G先生とSNSで何でも、大統領さえもこなせるらしい。父はせいろ一枚熱燗一本、せいろは肴、これの出は藤沢周平じゃなかったかなあ。

fookpaktsuenfookpaktsuen 2017/01/31 15:04 蕎麦をすすっと啜って、それを肴に飲める先輩たちは尊敬します。私は蕎麦が口に入ると、とたんに酒が進まない。一番好きなのは蕎麦つゆと一緒に刻みネギとワサビが出て、そのネギとワサビに蕎麦つゆをちょっとつけて舐める、それできゅっとやるのは好きなのですが。

2017-01-28 農暦丁酉年正月初一

fookpaktsuen2017-01-28

農暦丁酉年正月初一。恭囍發財。朝起きて展望風呂に浸かる。朝食はホテルのビュフェ避け昨日、遊歴書房入り口のカフェでT氏買つてくれたパンを飰す。午前九時すぎ円タクで善光寺。参拝。今日春節で正に元朝参り。八幡屋で七味など調達。長野駅行きのレトロバスに乗車。駅ビルで買い物に母を残し駅舎を跨ぎホテルに戻り荷物引き取る。少し早めの昼餉にH氏また来られ明治亭でソースカツ丼。キャベツが美味い。キャベツの値が高騰でもこの量を盛るのかしら。あさま616号で一路、東京上野で母は下車。東京駅丸の内口で麻布の旅寓からタクシーで来た家人と待ち合はせ。荷物片付け地底のホームから成田エクスプレスに乗る。東京も見事な快晴でスカイツリーもくつきり。成田の第1ターミナルで香港に還るフライト(NH811便)は28番ゲートG(バス輸送)なのにあっさりと「お近くのラウンジは」第5サテライトでございます、といはれる。近くはない。f:id:fookpaktsuen:20170129171951j:image:w280:leftスタアラ金でUAラウンジも使へるが様子見で敢へてANAラウンジへ。羅城だかに飛ぶ昭和8年生まれの爺さんがラウンジ食事も卑しい上にあれこれ煩く最初職員に「ありがとうありがとう」だつたが酔ひがまわると職員呼びつけ何だか知らぬが「社長によく言っとけ」と怒り出し見てゐるだけで不愉快。あゝいふ耄碌だけはしたくないものあんなジイさんを一人で渡米させるか。今日春節初一でフライトもさすがに空いてゐる。成田を発ち房総半島から東京湾、横須賀から三浦半島、熱海から沼津と伊豆半島も眺め、駿河灘、伊勢湾から紀伊の山深く、土佐から宮崎、鹿児島と見下ろす。台湾は淡水から台北に入れば今まで見たこともないほどの精緻さで市街がくっきり。台北101の電飾まで見えるほど。遠くには宜蘭も街灯まで見えるとは。予定より45分早く香港着。空港も到着客はやはり閑散。ダンボール箱一つが優先なのに出てこないと思つたら長すぎてベルトコンベアに乗らず職員が別途運んできた。正月初一に業務職員も大変。帰宅しても今晩は荷物片付けとても終はらず明日に持ち越す。

▼機中で読んでゐた岩波図書』昨年12月号に八千代と仁左衛門様の対談あり。前者が『京舞つれづれ』なる四世八千代(先代)について語つた本が上梓ださうで秋には追善会開催の由。当代のことは全く知らぬが先代の八千代の京舞の凛々しさといつたら。日本舞踊など殆ど見てゐない私だが昭和の終はりは八千代、それに武原はんの二人会を見られたのだから。そして地唄舞の吉村雄輝。仁左衛門が孝夫時代、病ひから舞台に復帰して〈お祭り〉のとき八千代(くどいが先代)が見にきてくれたさうで、誂へた獅子頭は東京、大阪に京都と公演続き布が色焼けしてゐたら八千代師匠が「費用は私が出しますかい新しいのを作ったげとくれやす」と。一寸いゝ話。

朝日新聞論壇時評。小熊英二「社会の分断 他者思う大人はどこに」(こちら)より。

社会の分断が政治への不満を生み政治を変革したいという願望が結果的差別的権威主義を呼び込み、さらに社会の分断を強化してしまう。先進諸国で「民主主義への支持」や政治への関心が低下し権威主義への支持が増えている。

子供大学に行かせられるかは収入の一つの基準である。大都市部で子供2人を大学に行かせた場合年収600万円では税金・保険料教育費を除いた生活費生活保護基準を下回ってしまう。

では、所得が600万円以下の人は何割なのか。国税庁の民間給与実態統計調査(2015年〈5〉によれば、給与所得者4,794万人のうち600万円を上回るのは18%。男性の給与所得者では28である。この数字だけから単純には言えないが上位2割程度の所得がないと子供2人を大学に行かせるのは苦しいといえそうだ。

1990年代以降の日本で全体に占める所得シェアが伸びているのは上位1%ではなく上位10%の下半分、つまり上位5%から10%の部分だ。そして2012年所得上位5%から10%とは年収約750万円から580万円の人々だという。なお同年の上位1%は年収1,270万円だった。上位10%は無所得者を含む20歳以上の成人全ての中の10%である給与所得者では上位2割に相当する。

日本社会は全体に低所得化している。そのなかで大企業正社員クラスにあたる年収600万円以上の層が上位10%として相対的に浮上している。しかしこの層も長時間労働にあえぎ教育費がかさめば生活は苦しい。結果として社会の全ての領域で大部分の人々が余裕を失っているのだ。

余裕がなくなればなくなるほど事態直視するのが難しくなる。自分の貧困も他人の貧困も「努力不足」「自己責任」と考えがちになる。それは社会の分断を強化し自分の余裕を失わせる。これでは悪循環だ。