ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

富柏村香港日剰 日記 ブログ 網誌 博客

2016-05-26

fookpaktsuen2016-05-26

農暦四月二十日。北角の馬寶道にある南洋食品店には前から猫が数匹ゐるが家人から子猫二匹登場と聞いて帰宅途中に寄り子猫を愛でる。夕食は肉骨茶で食後にグールドピアノ聞きながら寛いでゐたら最近引っ越してきた隣家からピアノの大きな音。 f:id:fookpaktsuen:20160527211717j:image:h220:left居間が壁一枚で接しており先方はその壁に接してアップライトピアノ置いてゐるのでピアノの背後は音が大きく、それが壁が共鳴してかなりの音量。妬きが回つたオヤジ(私)は隣家笑顔で(これが怖い)夜だからピアノがうるさいのは困る、と苦情。案の定、新しいマンションに引っ越して娘のピアノ幸せ感じてゐた隣家の主人は謝ることも恐縮もなく「午後11時以前は問題ない」の一点張り。条例ではさうだが……と思ふのは間違ひだし、そも/\Common Senseでありマンション住まひの気遣ひと諭すが聞く耳もたず。さうなるとアタシはエコエコアザラクで法には法で、で理不尽相手論破せねばならぬ。ごめんなさいね。香港政府の騒音管制条例(400章)の第4項には確かに

any person who between the hours of 11 p.m. and 7 a.m., or at any time on a general holiday in any domestic premises or public place makes or causes to be made any noise which is a source of annoyance to any person commits an offence.

とありますが、実は第5項に、これはあまり知られてないですが f:id:fookpaktsuen:20160526225123j:image:h180:right

Any person who at any time in any domestic premises or public place-

(a) plays or operates any musical or other instrument, including any record or cassette player or radio or television apparatus;

(b) uses any loud-speaker, megaphone, or other device or instrument for magnifying sound;

(c) plays any game or engages in any pastime; or

(d) carries on a trade or business,

the noise of which is a source of annoyance to any person commits an offence.

と謳はれてゐて環境保護署の説明こちら)でも

Section 5 of the Ordinance provides control over particular noise sources (in domestic premises or public places) at any time of the day or night. These sources are animals and birds, musical instruments, loudspeakers, games, trades or businesses and air conditioners.

と書かれてゐます。つまり午後11時前でも騒音となるピアノ演奏は罰金刑なのです。アタシも条例を盾に金輪際一切ピアノを弾くな、とは申しません。せめて静かな曲を選んで弱音ペダル踏むくらゐの配慮必要では?と。狭い居間ピアノに座つたまゝの娘はさっそく弱音ペダル踏んでピアノの鍵盤をさら/\と叩いて笑顔。ほらご覧なさい。それでも家庭の団欒を邪魔された亭主は自粛の気配なし。思はず“Your daughter understands much better rather than you”と口にしたらオヤジの表情は怒り心頭。これで、そのお返しに赤い漆喰玄関にかけられたり、刺されたりするリスクもないわけではない。

伊勢志摩サミットで晋三が「リーマン危機を警戒」と一人興奮して「アベノミクスの世界展開」語る。世界経済の現状をそこまでリーマン前夜の危機認識せぬべき、と考へる首脳もゐるが「おバカさんには良言はせておけ」と冷かゝ。風が吹けば桶屋が儲かる、どころか桶屋が放火するがごとき晋三の愚弄。今日は各国首脳を伊勢神宮に案内した晋三だが休憩室で“Here is Ise Jingu, Ise…”と、どうやら“Ise Shrine”と言ひたかつたやうだがshrineが出て来ず“Here is Ise Jingu, Ise…Jingu”と説明。いやはや。昨日も晋三は夕方伊勢神宮参拝してから賢島入り。サミット前に伊勢で藁にも縋る思ひでサミット成功の神頼みか。賢島選んだのも賢く振る舞へれば。晋三にとつては伊勢こそ日本の原点なのだらう。だが伊勢より出雲。出雲サミットにして八百万の神の集結にすれば良かつたのに。f:id:fookpaktsuen:20160526225114j:image:h220:rightf:id:fookpaktsuen:20160527211718j:image:h180:left

伊勢志摩サミットでは各国首脳らに三重県産の真珠散りばめたアクセサリー(ラペルピン)贈られる。7つの小さな真珠あしらひ、東京五輪のダサいデザイン各種に比べたら洗練されて美しい。7カ国の首脳がこれをつけて伊勢神宮にも現れた……が唯一これをつけてゐない(と見えた)のはフランスのオランド大統領。さすがフランスの個人主義センスと言つていゝのかしら。このアクセサリーに比べ歌舞伎テイストのフェイスパックも各国の参加者に配られたさうで……言葉もなし。

▼毎年六四の支聯會による維園での六四追悼集会と中国民主化要求に対して数年前より社民聯や本土派の若者らは尖沙咀での集会開催。この対立は明確になり前者が香港の自由と民主獲得のためには中共専制反対が必須だとするのに対して後者は中国の民主化要求は香港の民主発展をむしろ阻害する、と。どっちの言ひ分も一利あるが、いずれにせよ反対派にありがちな理論対立で、いつもこれに利を得るのは反動派といふことになる。

2016-05-25 晋三の衆院解散弄びについて

fookpaktsuen2016-05-25

農暦四月十九日。早朝、紅磡のラグナベルデに所用あり。1997年に第1期で5棟が落成し居住まり2002年までに25棟が完成。4,700世帯で1世帯3人だとしても1.5万人だか居住、1棟あたり600人の高密度住宅地。交通手段は路線バスに依存で計画当初から予定f:id:fookpaktsuen:20160526070817j:image:w280:leftされてゐた地下鉄の延長はやつと今年年内にも黄埔まで開通し便利になるはず。隣接の商業施設は当初、Fisherman's Wharf(漁人碼頭)として海鮮料理屋など集めた施設が華々しく開業したが集客に難あり閉業続きLaguna Mallと名前を変へ幼稚園や補習塾など入り今に至る。朝の出勤通学のラッシュ時間、此処のタクシー乗り場にフィリピン人とかのアマさんたちが並んでゐてタクシーは空車が並んでゐるのに一向に乗りもせず、後から来た人がタクシーに乗つていくので「ん?」と思つたらアマの雇ひ主やその家族通勤通学でタクシーに乗る際に行列待ち避けるためアマに先着で立たせて順番待ちさせておく措置。なんとまぁ。夕方、Braemar Hillでミニバスに乗つたら渋滞で何かと思へばポルシェ?が見事に暴走で歩道に乗り上げ電柱が食ひ込み大破。車の馬力がわからず高級スポーツカー運転しアクセル踏むから。上手に歩道に入つたもので、歩行者なしは幸い。f:id:fookpaktsuen:20160525204438j:image:w280:right

読売ナベツネ様が取り敢へず「会長」職を退き、それでもまだ代表取締役主筆老害には全く困つたもの。だがナベツネのゐない読売など長嶋のゐない巨人軍のやうなものナベツネなしでは虚無であるからからナベツネ崩御後のことを深刻に考へるべき。産経合併して自民党と日本会議広報誌としての位置でも取るべき(もう既にそれか)。

朝日新聞の夕刊(あのとき・それから)で「7条解散違憲訴訟 衆院解散、総理の専権事項か」といふ記事が懐かしい話だが1952年吉田茂抜き打ち解散での苫米地「7条解散違憲訴訟」を取り上げてゐる。f:id:fookpaktsuen:20160526195959j:image:w280:left

野党改進党の有力議員だった苫米地義三は「抜き打ち解散」後の総選挙には出馬せず1952年10月「7条解散は違憲であり無効」と最高裁に訴え出て、憲法判断を迫った。苫米地は「第7条による解散が有効と認められるような憲法解釈が行われるとすればやがては内閣総理大臣専横の基礎となり、国家の運命は一総理大臣の手に握られ旧憲法時代よりも恐ろしい結果を生ずる」という声明を出した。

本当に義三が恐れた時代が今まさに到来。だが敢へて69条以外の解散もあるわけで長谷部恭男曰く

戦後代表的憲法学者の一人である清宮四郎は、日本が議院内閣制である以上、69条所定以外の場合でも内閣の権限で解散はできるとしました。重要な政治問題が新たに出来したときには、有権者の考えを聞くべきだからというのです。最後は主権者たる国民の判断大事だということで、法理論というより政治的判断として答えを出している。最高裁判決統治行為論は、暗黙のうちに清宮説に立っていたとも言えます。

現在、憲法に緊急事態条項を入れろという議論があります。何が緊急事態か、その必要性合理性を最終的に判断すべきなのは裁判所です。高度に政治的から判断しないなどということになれば、日本はまともな国ではなくなる。緊急事態条項を入れるのであれば同時に、統治行為論立場はもうとらないと決めなければならないでしょう。

問題は最高裁が判断逃げたことを指摘。これについて

総理がいつでも好きなときに自由に解散できるというのは「7条解散」を根拠としているわけだが、その合憲性には深刻な疑いあり。最高裁も少なくとも「合憲」という判断はしていない。ただし戦後憲法学を代表する宮沢俊義も清宮四郎も「69条以外でも解散できる」という考え。それはつまり「解散要求」は「主権者である有権者民衆の権利」であり至高のものであるという考え方が基底にあるらからか。たしかに苫米地判決が出た1960年6月の紙面には「各界から解散要求」という記事が連日掲載されていた。「岸を倒せ!」しかし議会議席配分は不信任案可決に至る情勢ではない、とすると岸はみずから解散して信を問え、というつまり選挙をやれば勝つのは勿論、我々、民主陣営である」という自信があったわけ。

と築地のH君。

2016-05-24

29日(日)楽しみにしてゐた新光戯院での京劇。天津青年京劇團率ゐて孟廣祿が演ずる〈鍘判官〉他の公演。f:id:fookpaktsuen:20160320104649j:image:w180:left所用あり行けぬことになつたが早晩に発券のため新光に寄る。晩にカレーライス飰す。

▼李怡終於看清文革本質是權力鬥爭。他批評梁振英重施文革故技「群眾鬥群眾」,打壓異己,現今香港比五十年前更淪落,「你可以笑文革群眾幼稚,但真係信(左派思潮)。𠵱家群眾係假,只信權力、攞着數」。然而李怡對香港並不絕望,即使傳統媒體染紅,公義聲音依然在網上彰顯,「任何做得過份嘅事,都一定會好似文革咁物極必反。講到底,人心仲係知道邊樣對、邊樣錯」。

專權政治的掌權者號召人民愛國,但他們自己並不愛國,因為如果愛國他一定會想到年輕人才是國家的未來。他們只愛權,以及由權而帶來的私利。他們把自己斂財所得子女轉移外國,卻叫國內的年輕人振興國家民族文革時要年輕人上山下鄉,現在要年輕人去一帶一路沿線國家修公路鐵路。

2016-05-23 毎日新聞の電通批判

fookpaktsuen2016-05-23

農暦四月十七日。晴。早晩に中環の某所で立食の懇談会あり、それから参加者引き連れFCC中華で会食。最低消費がHKD10Kのとこf:id:fookpaktsuen:20160525212342j:image:w200:leftろ7.5Kで収まってしまいHKD2,500は捨て金か、と思つたら「ワイン購入でお持ち帰りなさいませ」という配慮授かりCh Lascombesのセコンド5本となつた。払つてるおカネとはいへ、どこか得した気分。帰宅のつもりが知己のI氏と邂逅で一酌。

毎日新聞山田孝男氏が連載(風知草)で東京五輪疑惑について電通を突いてゐる。メジャーマスコミ電通に物言ふとは、これだけでもニュースだが毎日新聞からできるのは、もはや毎日電通からも多少距離があるからか。つまりまり相手にされないくらゐの位置。原発だつて山田孝男からだが反原発を主張できる。だから毎日新聞を購読して支へることが大切。だが今更、毎日を読むといふことはかなり明確な意識がないとあり得ないこと。このまゝ「新聞離れ」続けば毎日どころか朝日も危ないわけで、記者人件費特定部署のブラック企業的劣悪な労働環境見直すことが前提だが、近いうちに新聞朝日毎日経営統合とかもあるのでは。読売産経はさっさと合併しちまへば良いのだが。日経日経を読んでいればビジネスがわかつたつもりでゐるオトーサンたちで保つてはゐるが読まなくても何を伝へるかわかる点ではアタシの中ではいちばん期待度は低い。株屋や相場師ネット時代日経の株価欄など見る時代でもないわけだし。

2016-05-22

fookpaktsuen2016-05-22

農暦四月十六日。晴。今日休日出勤お仕事。ナンバーがCY963のVW車を見かける。CY689に比べ274票も多いじゃないか。早晩に日本人倶楽部の「すみれ」で宴会あり末席を汚す。或る青年職業は「ワイン屋」といはれたのを香港の日本料理「碗屋」と聞きちがへ素っ頓狂な会話をしてゐた私。十六夜の月を愛でる。

2016-05-21

農暦四月十五日。晴。週末だが昼に銅羅湾での一つ打合せはさみから夜まで官邸で書類整理。f:id:fookpaktsuen:20160526214341j:image:w280:left

▼先日の中共全人代議長何某の来港で演説のあと立ち上がり拍手する奴隷たちの中で董建華が立ち上がるのが遅れ拍手しながら腰を上げたさまがまるで仏様拝むやうで可笑しい。まぁ自分の海運会社の倒産を中共に救つてもらつた董建華にとつて中共神様、仏様か。

▼伊吹元衆院議長の「皆が公のことを考える恭順な日本人をつくらなければならない」という発言はぞっとするが、今の日本社会を「パチンコ屋の前で良い台を取ろうとして開店を待っていてもなんとか食べていける国」という表現は妙。だが、この状況は日本に限ったことではない、パチンコは日本だが。

ドナルド・キーンさん「啄木私たち現代人と似ている」(朝日新聞こちら)。「20年前、東京電車ではみな本を読んでいた」とキーン先生、それは一寸思い込みすぎでは?

常無常人常無常人 2016/05/24 18:18 東京の電車内、20年前30年前ほとんどが寝てる、一部は新聞を読む。40年前サラリーマンが漫画週刊誌を読む。現在スマホの席取りをサラリーマンがする。

2016-05-20

fookpaktsuen2016-05-20

農暦四月十四日。小満。晩に雨のなか上環の西港城。銀行家の畏友L君に誘なはれ文藝復興基金會籌款晚宴でL君卓の末席を汚す。f:id:fookpaktsuen:20160524112757p:image:w250:leftお呼ばれで費用の話もなんだが慈善晩餐会で一卓HK$28千也。L君の幼稚園の時からの!親友と、大人になつてからの知己が半々。12歳まで東京暮らして今も麻布十番にお宅があるといふ台湾人銀行家J君の面識を得る。L君はオークションでも某プライベートキッチンのお食事落札。台湾の光華新聞文化中心の香港代表のL女史紹介されお話する機会あり。台湾の現代文学映画から台北の裏町のことよくぞご存知で、と褒められこそばゆいかぎり。

▼台湾で民進党の蔡英文女史が中華民国の第14代、7人目の総統就任新聞政治的な面でばかり報道するが今の台湾にとつては経済こそ焦点あてるべきでは。蔡女史就任早々にTPP加入促進に言及

▼今春卒業大学生就職率が97.3%で(文科省と厚労省が調査始めた)1997年以来最高の由。これもアベノミクス効果といはれさうだが、はたしてさうか。「求人が本当になく就職したくても職がない」より「求人はあるが、こんな仕事と条件なら就職しない」もかなりある。これからの世の中「そんなこと言っていられない」が就職率上げた原因では?

2016-05-19 一帯一路、一帯一路

fookpaktsuen2016-05-19

農暦四月十三日。晩に鰂魚涌。Taikoo PlaceにあるHerman Miller代理店PoshでLivable Office Awardといふイベントあり。酒も供されるので家人と飲みに行き末席を汚す。日本の設計事務所が3つだか受賞。どれもステキだが、どれもMonocleに出てくるテイストのオフィスで没個性といへば没個性。5つだか部門別の発表で時間が予定より遅延、各受賞者の作品発表でついリキが入ることもあるが、日本からの発表がすべて日本語通訳が噛むことで時間を費やすこともあり。途中で抜け出し「函館」で味噌ラーメン食べて帰る。

▼先日ふと気がついたのだがNHKプレミアム海外向けテレビ放送で「突っ込みどころ満載」でいつも期待してゐた「海外安全情報」が、気がついたらNHKプレミアムから消えているやうな……。香港の尖沙咀の地下鉄駅で「落し物を教えてくれるフリした窃盗」も定番ネタだつたが、やはり一番ウケたのは紐育の中央公園で付近ビルから公園漫歩の市民狙つた狙撃に対して「公園を歩きときは、できるだけジグザグ歩きを」だつた。そんなことしたら目立ってスパイナーにとって格好の標的だよ。この情報流れてゐるときはボロクソに文句言つてゐたがなくなると一抹の寂しさあり。

全人代委員長の張紱江、今日の昼に離港。一国両制どころか「一帯一路、一帯一路」と、この言葉が何百回繰り返されたことか。この方の車列での移動の際に一般車を止めるのは各国要人などあることだが反対車線を通行止めにして逆行とは。香港政府側の狂気全人代トップの来港につき矛盾点を李怡氏が指摘してゐる(蘋果日報)。中国の国務院は全人代に対して負責、香港の行政機関は香港特区立法会に対して負責。つまり香港特区政府が全人代に負責ではないだろ、と。但し基本法12条で香港特区は中央人民政府直轄、その中央人民政府は中国憲法85条で中央人民政府=国務院と規定されており、香港政府は国務院に対しての負責はあつても全人代に対してはないはず。さらに立法府の長が政府や地方自治体の施政に対して直接の指導は論外のはず。基本法で基本条の解釈については全人代常委によると決められてゐるが、それは法解釈だけの権限で、直接の香港統治に関する介入に非ず。だが、それが許されるのは結局のところ中共が一党独裁国家で、その党の序列三位から、といふだけのことからか。……と他の国のことを嗤つてゐられないのは我が国。晋三が国会答弁で「立法府の長として」乱発。首相は行政府の長で明らかな誤解だが、さすがの晋三もこれがわからないのではなく「一見、知性が低いような矛盾だらけの発言予測不能な奇襲のように繰り返す方法効果的」と内藤朝雄・明治准教授社会学)が指摘(東京新聞)。「首相には並々ならぬ自信があり、大衆は愚かだから騙すことができ、マスコミとは持ちつ持たれつでコントロールがきくという自信。国民が慣らされれば日本の政治から憲法秩序が消滅してしまう」と内藤先生。それもこれも改憲への自信か。絶対に晋三にだけ、は改憲はさせてはいけない。さういへば、改憲電通ってビジネスにしてゐるのかしら。

▼「しじみ汁の経済学」といふタイトルは「ん?」と思つたがチェコの経済学者Tomas Sedlacek氏の「成長戦略は空回り、借金増」についての経済学朝日新聞こちら)。世界経済は二日酔ひのやうなもの、翌朝飲むチキンスープは「日本だとしじみ汁かな」とセドラチェック氏。

  • 金曜の夜にバーに行けばお酒がおいしい、お酒からエネルギーをいっぱい貰ったように感じるのは誤解。翌日の土曜朝のエネルギーを金曜の夜に移動させているだけ、週末のエネルギーの合計は一定
  • 借金も同じ。金がなくなると銀行や友人から借りたり、実際には「私の未来から現在に」金を移しただけ。
  • 豊かであればあるほど借金に傾く。飢えたから金を借りるというより、食べ過ぎたからもっとほしくなる。豊かな国の問題は「借金を作りすぎて崩壊する」ということ。成長しないからではない。二日酔いどころか麻薬中毒。
  • 銀行で100万円を借りた私に「もうかったね」という人がいたら馬鹿。これが実際の経済で起きている。国がGDPの7%の借金をする、それを注入して1%か2%くらい経済が伸びる、これを「儲かった」はナンセンス。(まさにアベノミクスと黒田日銀がこれだよ:富柏村
  • 日本は苦しくて借金を増やしたのではなく、経済成長をより速くしたかったため(晋三が自分の功績にしたいため:富柏村)にこうなったのではないか。成長を速めるために債務を増やし、ある日全部が崩れる。ギリシャは遅れているのではなく先駆的。
  • 政府自体はお札を作れない。それは独立した中央銀行仕事。政府が作れるのは借金政治家が紙幣を刷るようになれば(まさに今の日本:富柏村)どれだけ矛盾か。

2016-05-18 結束中共専政

fookpaktsuen2016-05-18

農暦四月十二日。大埔方面から沙田に大埔道を抜けやうとするとKCR(今はMTRの東鐡か)跨ぐ陸橋に何人もの警官の姿。何事か、と思へば全人代委員長某氏来港でのテロ対策。蘋果日報の社説曰くf:id:fookpaktsuen:20160520145051j:image:w360:left

全球恐怖襲擊威脅都在上升,香港也不可能獨善其身,完全不顧政要包括內地領導人的保安問題。但重視保安,重視安全絕不等於隨便限制新聞自由又或是隨便作出擾民的規定。跟英、美等國的政治領袖相比,中國介入其他國家或地區的政治紛爭不算多,成為恐怖組織襲擊的目標的機會甚低,是否需要把保安提升到如此嚴重情況是個大疑問。而且,張紱江雖是人大委員長又主管港澳事務,但在習近平大權一手抓下其實不算是有實權官員,在國外的名頭也不響亮,拿他做襲擊目標的機會其實相當低。至於香港本地的情況,雖然農曆新年時發生過旺角騷亂這樣的暴力衝擊及抗爭,也有一些團體聲言抗爭無底線,但這樣的勢力在香港是極少數,只要警方嚴加監視,他們要接近會場或領導人已極為困難,更不要採取任何行動。

香港の現状で全人代委員長テロ対象になるリスクがどれだけあらうか、と。然り。そも/\なんで、この張紱江といふ全人代委員長(日本でいへば衆議院議長)の来港か。噂によれば中南海では南院と北院の文鬥が白熱。習近平の中共中央が中南海「南院」にあり、それに対して「北院」は李克強首相の国務院で、この矛盾が露はなのだといふ。この文鬥にあつて序列三位全人代委員長距離を置くやうに来港だ、と。この張紱江は2003年SARSの際の広東省委書記。香港での疫禍の元凶は広東省でのウイルス対策瑕疵スーパーウイルスの保菌者を香港に逃してゐるわけで。警察は獅子山で夜を徹して反対派による抗議幕吊るし警戒したが社民連など用意周到で昨日のこの方の来港に合わせ空港からの高速道路跨ぐ道路の橋桁工事現場に「結束中共専政」、他の山の岩肌に「普選実現」と幕を吊るし個人でも公共団地の窓からなどさまざまな主張あり。

毎日新聞で連載の「文革50年の中国」興味深く読んでゐるが、昨日の?もさうだつたが今日の?「女子生徒 捏造された首謀者 教員暴行死、有志が真相究明」(こちら)も殆ど同じ内容の記事が蘋果日報の文革特集にあり(こちら)。毎日は北京特派員記事となつてゐるが……同じネタ記事、ネタ本でもあるのかしら。

2016-05-17

fookpaktsuen2016-05-17

農暦四月十一日。北角碼頭のバスターミナル、先週金曜日でその役目を終へ土曜から嘗ての北角邨公共団地跡に建設された高層住宅の大きなピロティに移設され運用開始。f:id:fookpaktsuen:20160519052129j:image:w280:left暑さ、大雨、バス排気ガスには閉口ターミナルだつたが記憶の中に仕舞ふ。

中共で港澳統括トップださうな全人代委員長何某来港。Grand Hyatt宿泊で湾仔から中環は香港警察が極度の警戒態勢。渋滞。昨晩から今朝にかけては獅子山に反政府スローガンの幕が掛けられること警戒し警察が獅子山の頂上にテント張り泊まり込みとは笑止千万中共に対して言論の自由もないか。中共よりも香港政府の諂ひの酷さ。Chris Patten卿の指摘 “My anxiety is this: not that this community's autonomy would be usurped by Peking, but that it could be given away bit by bit by some people in Hong Kong.”である、まさに。阿Q的奴隷性。陶傑曰く、初代の行政長官・董建華は香港に50万人参加の反政府市民デモ起こさせたことで「民主之父」。続く曾蔭權は見た目、安定してゐたが地価上昇に無策で地產之父」。それに対して更に香港の反中ムードを高めたCY梁は「港獨之父」と(こちら)。

▼東京五輪疑惑についてマスコミ報道は低調。日経など昨日の夕刊で竹田宮の国会招致社会面ベタ記事扱ひ。今日の朝刊も同じ位置ベタ。民進党の会合に招かれたJOC専務理事(平岡某)がIOCに何のパイプもないコンサル起用はあり得ず竹田宮が昨日、国会でこのコンサル会社の背景を「知るよしもなかった」と発言したことは竹田宮の「表現が悪かった」と。

2016-05-16 文革半百

fookpaktsuen2016-05-16

農暦四月初十日。五十年前の今日人民日報掲載された一枚の中共中央委員会の「通知」で文革の始まり。偉大なる革命運動、実は毛○東が仕掛けた権力闘争で2千万人が文革で命を落としたといふ。アタシが子どもの時に短波ラジオで聞いた北京放送日本語放送はまさにプロレタリアート文化大革命の広告塔。紅衛兵らの運動は鎮静させられてゐたが思想としては未だ見た目は確固たるもので、日本では西園寺公一的に朝日など文革賛美、公一の子朝日記者だつた一晃の『青春の北京』など読んだ記憶あり。この一晃氏、今は工学院大学にある中共孔子学院の院長だとは……筋金入り。文革否定され臂平のお陰で中国は豊かになり……だが中共の権力闘争は確実に毛○東の頃と何も変はらず。孔捷生曰く「文革土壤從來就未得到清理,專制主義鍛造的人格未得到改造,整個民族沒有甚麼長進。文革之後無中國」(蘋果日報、こちら)。

東京五輪疑惑。英国衛紙が“Tokyo Olympics: €1.3m payment to secret account raises questions over 2020 Games”(こちら)と報じたが日本のメディアは後手/\で記事で「電通の関与」に触れない。菊の次に電通タブーだがさすがに今日、JOC会長竹田宮が国会に参考人として呼ばれるに至り電通の関与も俎上に。JOCの五輪招致委は新加坡にある怪しいBT社と契約したが、その際、BT社については「電通に実績を確認」の由。これは電通がJOCに「BT社にカネを払へば」と唆したのは小学生でもわかる話。

BT社は当時IOC委員五輪開催を決める委員の票を取りまとめる影響力があったとされるラミン・ディアク国際陸連前会長の息子と関係が深かったが、竹田会長は「知らなかった」。電通は国際陸連の主催大会に関わる全世界マーケティングなどの権利2001年から2029年まで保有するが、電通広報担当者は「ロビイストとしての実績はある、という事実を伝えたまで。取引は一切ない」とする。(朝日

この五輪東京開催が決まつた時にアタシは「東京五輪音頭2020」を作詞してみたが(こちら)我ながら歌詞は的確だつた。

ハアー (ソレ)

あの日リオデで 眺めた月が (ソレ トトントネ) きょうは都の空照らす (ア チョイトネ)

七年たったら汚染もないよと 晋三約束 噓ばかり ヨイショ コリャ 噓ばかり

オリンピックはカネにカネ ソレトトント トトント カネにカネ

ハアー (ソレ)

待ちに待ってた 電通祭り (ソレ トトントネ) 東のソ連は今なはい (ア チョイトネ)

北のキムさんもいらっしゃい テポドン飛んでドンときた ヨイショ コリャ ドンときた

オリンピックは起爆剤 ソレトトント トトント 起爆剤

D

--------------------

https://www.facebook.com/Fook-Pak-Tsuen-137442623118246/ 引用するには内容の深い記事等はこちらの顔本に無断転用で掲載しております

Fookpaktsuen twitter

富柏村サイト www.fookpaktsuen.com

常無常人常無常人 2016/05/18 13:50 文革50年と言いますけど日本国だって先の戦争で300万人から失った、しかも明治クーデター政権から何も変わらず綿綿と民草は耐え忍んでいるのでどの国を貶しどこを褒めるべきか、共産政権だけが人民虐殺するわけでないことは明らかです。そのおおもとは民草は何もやらんと見くびられているからで。愚かな都知事おろしても選挙には何十億円でもったいないって、アホや能力怪しいを泳がせて育てるなど絶対にできない日本人には無意味な説法、どんどんバカなお金を使ってとどのつまりさてどうしようというのが本領でここまで来たのですから。だからあのころ造反有理は輝いて見えました。

2016-05-15 澳門二日目

fookpaktsuen2016-05-15

農暦四月初九。週末の隠れ家気分でホテル滞在だといふのに昨晩も二更のうちに寝入り今朝も夜明けで目覚めてしまひ朝七時の朝食が待ち遠しい。ラウンジの朝食で昨夕の早酒時間に供されてゐた香檳酒の残りあり朝から御酒いたゞく。朝から香檳では、これがホントの朝シャン。二杯ほどいたゞいて瓶を空けたら給仕がすかさずもう一瓶抜栓で、こりゃマズいと退散。朝寝。目覚めて広いジャグジーで澳門旧市街眺めつ朝風呂。まさに小原庄助さんのやう。「小原庄助さん なんで身上つぶした 朝寝 朝酒 朝湯が大好きで……」は有名だが、あのフレーズは曲間の合ひの手であることはあまり知られてゐない。けっこういゝ曲で私は好き。家人は朝から買ひ出しで昼前に戻る。退房時間ホテルのご厚意で午後2時まで延長で部屋でごろごろ。外は猛暑。坤記まで歩き遅めの昼餉。澳門で一番ベタf:id:fookpaktsuen:20160518053244j:image:w440:leftな澳門風葡萄牙食堂……いや、葡萄牙風澳門食堂だが、意外と葡人の常客多し。警察が多く出て何かと思へば市民デモ。3千人規模で行政長官(崔世安)辞任求める。就任当初から能力不足指摘される二代目の行政長官だが今回は広州の曁南大学に門基金から1億元寄付につきマカオの公的な社会発展になぜ基金を使はず大陸寄付か、と市民の抗議の声。当然。崔世安は曁南大学理事会理事長の由。禮記アイスに寄ると爆満でBairro de São Lázaro(瘋堂斜巷)漫ろ歩いてから禮記に戻りアイス。Z嬢と別れ利東図書館。パティオに面したピロティで新聞読むといふ体で午睡。昨日に続きマカオソウル。Monte d'OiroのLybra 2005年飲む。亭主に京都の版画を見せられる。人間国宝・稲垣稔次郎の、法観寺の塔を見上げる八坂通りの光景の版画。ホテルに戻り荷物受け取りシャトルで晩八時半には波止場に着く。ジェットフォイルの優先搭乗狙ふが日曜晩の混雑で前二本爆満、九時の定刻で香港に戻る。f:id:fookpaktsuen:20160515104552j:image:w320:right

▼澳門の行政長官・崔世安について。ヰキペディアによると1957年に「マカオ政庁に生まれる」だそうで(笑)。マカオ政庁で生まれたなら、そりゃ能力に欠けても未来の行政長官候補か。

宇野重規先生憲法改正反対、現憲法維持といふ「異変」について書いてゐる(毎日新聞)。第二次安倍政権での憲法改正への意欲と反比例する世論。それでも内閣支持率を見ると「安倍政権の継続を望みつつ、その下での憲法改正には否定的」が趨勢か、と。これが「いいとこ取り」ならまだしも晋三にどこかいゝところがあるのかアタシにはさっぱりわからない。山口二郎先生が「世界のアベ化」を書いてゐるが(東京新聞世界情勢が緊迫を増すなか(なんてベタな無節操フレーズよ)日本でその緊迫さの中で対応できるのは強い安倍政権で、となるのか(実際に何も強くもないのだが)。

2016-05-14 週末澳門

fookpaktsuen2016-05-14

農暦四月初八。佛誕。昨晩は早寝決めたら夜中の1時半に悪い夢で目覚めてしまひいろ/\気にしなくていゝことまで頭を過ぎり発汗もひどく昔、医者に処方された精神安定剤服す。雨。朝の四時すぎまで日記書いたり読書。少し朦朧としたのでやつと仮眠。週末働いてばかりゐたが今週末は予定もなく家人と逃げるやうに一路、澳門。香港は小雨だつたが珠江のデルタ渡る頃は晴れ間も見える。朝十時に澳門に着き定宿のSofitelへ。クラブフロアの帳場でJunior Suite宛てがふといはれるが海景で、海景とはいへ珠海の開発区の埃っf:id:fookpaktsuen:20160515113412j:image:w200:leftぽい風景眺めても仕方ないので澳門の街並み見下ろす市景の部屋を求めると退房の客がまだゐるので……ってそりゃさうだ、まだ午前11時前。午後イチなら入室できます、もし宜しければラウンジで朝食でも、と勧められる。ラウンジでは確かに週末の遅めの朝食の宿泊客少なからず。私らにはもう昼餉の時間なので荷物預け出街。33系統の路線バスで氹仔。いつもならXiolas O Castiçoに昼餉となるが今日女将挨拶して世間話しただけで偶には別な食堂も、とIN Portuguese Foodといふ食肆へ。狭い店で古い建物の二階が厨房、三階が食堂だが強い冷房と五月蝿い音楽閉口屋上へ。今日の気温なら外でも良い。Xiolas O Castiçoもさうだが、この食肆も切り盛りするのはフィリピン人たち。葡萄牙の料理が澳門に定着してフィリピン人が展開する、といふのも面白い。安いVihno Verdeを一本。食後これから食材など買出しに、といふ家人と別れ路線バスで爆睡のうちに宿に戻る。クラブフロアの帳場で未だ部屋の清掃と設へに一時間かゝるといはれラウンジ新聞でも読んでゐようと思つたら一つ格上のPrestige Suiteなら部屋がありますのでそちらを是非と勧められ断る理由もなく下榻。居間と寝室にウォークインの衣装間、市内見渡す大きなジャグジーのついた風呂場と洗面所で80平米。シャワー浴びて昼寝。家人戻る。午後5時半からの(も少し早くからにしてほしい)早酒時間。三鞭酒を二杯。マカオソウル今日は客が多いとご亭主と女将も天手古舞。中二階の知己の客しか入れぬ書斎風の隠れ間に通される。Quinta do Crasto Reserva 2011年飲む。黄枝記。薑蔥撈麵。宿に戻り早寝。

f:id:fookpaktsuen:20160515113406j:image:h180 f:id:fookpaktsuen:20160515113407j:image:h180 f:id:fookpaktsuen:20160515113408j:image:h180 f:id:fookpaktsuen:20160515113409j:image:h180 f:id:fookpaktsuen:20160515113410j:image:h180

2016-05-13

fookpaktsuen2016-05-13

農暦四月初七。早晩にF家にお邪魔して早酒。家人共々。美味しい三鞭酒と赤葡萄酒いたゞく。

朝日新聞の連載漫画、いしいひさいちの「ののちゃん」四コマ漫画として、この4つのコマの構図は見事すぎる。

都新聞で林家木久扇(木久蔵)の昔語り読んでゐたら正蔵(彦六)門下だが元々の入門は、漫画をよくして清水昆の弟子から名人・三木助の門を敲き、三木助の急逝喪中の家に黒門町(文楽)と小さんの両師匠が現れ三木助の弟子が集め今後のこと相談兄弟子三人が順に皆、小さん門下選び自分はかうなると黒門町とすべきか、と思つたが正蔵師匠が三木助の見舞いにぽち袋に大枚三枚包んでくれたこと思い出し黒門町前に「正蔵師匠のところへお願いします」と木久蔵。なるほど、さういふ経緯だつたか。

▼巴西で大統領が弾劾手続き職務停止。中南米では(山崎カヲル的な見方で)かつて左派が善で民衆の選擇で政権を取り、それを米国と組み倒すのがピノチェト軍事独裁政権といふ図式があつたが巴西では左派中道としての労働党政権が金権政治で醜態晒したわけで大統領代行の副大統領は巴西民主運動所属で巴西社会民主党が強調で左派が引き続き不安定政権担ふことになるが英国のブレア労働党以降、いやフランスのミッテラン大統領の頃からすでに左派=反体制ではなくなつておりエスタブリッシュメントであり左派への貧困格差解消だのリベラルといつたイメージはすでに幻想だつたか。台湾の阿扁総統とて、さう。台湾といへば李登輝先生、今年1月の立法委員選挙では台湾団結連盟はついに議席0となつたが、民進党の蔡英文女史の総統就任を前に「九二共識なんてものはそもそも存在しない」とぶち上げてゐる由。それは事実なのだが存在しないもの存在してゐることにして安定に寄与できれば良しとするやうな、さういふ大人の政治が李登輝ですら出来なくなつてゐるのだから不安定な政治環境といへば晋三のもつ解散権もさう。野中尚人教授学習院政治学)が「制限ない「首相の解散権」時代遅れ」と指摘する(朝日こちら)。

(解散権を縛る発想の)根底には「政治エリート勝手なことをやるのは慎むべき」だという考えがあります。そして政府には有権者との約束実現にじっくり取り組ませることが重要だと。任期が4年なら4年でやるという公約マニフェストあるいは基本方針を有権者に示して選挙を戦い与えられた任期で実行する。任期中にできたこと、できなかったことをもとに次の選挙を戦うサイクルを重視しているからです。

(96条による内閣不信任決議と解散に比べ)問題なのは憲法7条を根拠とする解散です。内閣の助言と承認があれば天皇国事行為としていつでも解散できるとされ、首相1人がだれにも邪魔されずに解散について判断できるという解釈につながっています。世論調査などが発達した現代では、いつ衆院選を行えばどの党にとって有利かをかなりの程度まで予測することが可能です。首相は自らに最も有利な選挙のタイミングを選ぶことができるのです。首相は解散をちらつかせて、野党ににらみをきかせるだけではなく、政府・与党内の求心力を保とうとします。(略)日本の首相は内閣や国会でほとんど正式な権能を持たない「弱い首相」の典型自由な解散権という残された武器で何とか頑張ろうとするわけです。

2016-05-12 Chinese officials were ’very rude’

fookpaktsuen2016-05-12

農暦四月初六。久々にFCCで早酒獨飲。バーテンダーのN君と四方山話帰宅してカレーライス頬張る。

▼”Queen caught on camera saying Chinese officials were 'very rude’”(衛紙、こちら)といふ話について。英国女王個人的はいバッキンガム宮殿での園遊会の場でカメラの前でロンドン市警の司令官に語られたと思ふと、どこまで偶然なのか、もよくわかぬ。いずれにせよ女王発言に「だよね」的なネット上の反応多し。これに対して中共は中英間の良好な関係は続くとしつゝも不愉快であり、かといつて女王をば罵倒もできず環球時報の社説(英媒爆炒女王私话,八卦术折服全球、こちら)はこんな場面を配信したメディアに苦言が面白い

相信中英关系不会受到此次事件的影响,两国间“黄金时代”是由深厚利益打造的,而在这两个历史悠久的国度里,理性都有着不可撼动的地位

中国已经站在拥有了全球影响因而树大招风的位置上,世界上的秘闻奇事层出不穷,但那些能跟中国沾上边的,就更容易被发现出来,炒成“一件事”。中国人终将会见怪不怪,耳根子也会越磨越硬。

西方自近代以来走到了前面,创造了辉煌文明。但那里媒体不管不顾的“八卦狂”们既张牙舞爪,又很自恋,似乎留了些“蛮夷”的不文雅。然而我们同样相信,在与东方五千年文明不断接触中,他们会进步的。

面白可笑しく何でも伝へる西欧メディア蛮夷の不文雅と叱り、西洋は東洋(って中国だが)の文明つまり礼節を五千年にわたる接触の中で学ぶべき、と。中国の礼節を持ち出すことで英国王室など歴史的にも語るにも足りぬ……といふのが本音か。まるで、この環球時報の社説呼応するかのやうに劉健威兄が信報に書いてゐる中国の「禮」の欠如について。

中國代表團很可能也不知道曾經對英國大使「無禮」;從新聞讀到英女皇的由衷評語,他們只當作是外國人對中國人的偏見

「禮」這根弦是長時間浸淫、鍛煉而來,包括家庭和社會教育相輔而成。過去儒家將禮和樂視為教育根本所以華人社會的中上層不失禮數;但共產黨治下,禮崩樂壞,結果是一代人比一代人的行止粗鄙,漸漸不知「禮」為何物。故即使是國家代表團,到了英國醜態百出亦不稀奇。

中国の礼節など破壊したのは中共だろ、と。

▼演出家の蜷川幸雄逝去享年八十。「世界のニナガワ」だが、この「世界の」ってknown worldwideだが「世界のオザワ」「世界のムラカミ」「世界のアオキ」とみんな名前カタカナ書き。この「世界の」の誇らしさ。この訃報平幹二朗さん曰く「あなたは私の演劇生活の中で最高の相棒でした。もっと若者予測できない力に夢を託す君には不満もあったようでしたが……」と。

2016-05-11

fookpaktsuen2016-05-11

農暦四月初五。爽やかな日。久々に窓を開け放ちそよ風を愉しむ。

日経フォーラムに参加の香港政府の財政官・ジョン曽俊華曰く

香港はアジアの中心に位置し、アジアの長期的な台頭から利益を得るポジションにある。一部格付け会社は中国経済の減速で香港経済も厳しい影響を受けると予測するが、私はそうは思わない。中国の経済成長投資主導から消費主導に移行し、人民元の国際化など金融改革を続けるなら、世界最大のオフショア本土外)人民元センターである香港は引き続き恩恵を受けるだろう。

……って香港は地の利と中国あつての利ざや稼ぎ以外にないのか。だがこれが現実か。

大江健三郎が語る加藤周一言葉として天皇制について。これは加藤周一の『言葉戦車を見すえて』より「天皇制を論ず」の一節。

天皇制は何故やめなければいけないか。(略)戦争の原因であつたし、やめなければ、又戦争の原因となるかもしれないからである。(略)問題天皇制であつて、天皇ではない。

問題天皇を担ぐことで余りに理不尽勝手をしてしまふ皇民の怖さ。國體などといふ幻想國體さへ維持できれば、の発想が強いから加藤周一天皇制廃止といふ。だが日本で共和制ができるのか、に更に臆病な私。

2016-05-10

fookpaktsuen2016-05-10

農暦四月初四。天気予報通り天気荒れ朝六時に集中豪雨の黄色警報発令。陋宅から望む北はかなりの黒雲で新界はすでに30mm超の雨のなか赤色警報出ぬまゝ朝の通学ラッシュ始まつたので、そのまゝか、と思つたら七時半すぎに赤色。だがこの時間赤色にすると通学途中の学生ら面倒なことに。通常は天文台の赤色警報と同時に発令される教育局からの「停課」つまり休校措置が出ず「あれ?」と思つてゐたら15分後に「所有上午校及全日制學校的學生今日無需上課」と教育署。これを休校と読む勿れ。あくまで「学生は登校しなくてもよい」と微妙スクールバス通学の多い郊外の学校や小学校はすでに登校してゐたのに対して高中生はこれ幸ひと登校せず。雨も峠を越し教育局と天文台の曖昧ぶりに不満の声あがり行政長官が「教育局の判断学生安全を憂慮したもの」と弁明。一旦は雨も弱まり黄色となつたが昼前にまた大雨となり赤色警報で今度は午後校は登校時間前といふことで教育局は堂々と「下午校學生今日毋須上課」として学校は休校。午後は雨も歇む。

2016-05-09 小林節首班の立憲内閣か

fookpaktsuen2016-05-09

農暦四月初三。昨日の母の日は「とらや」の母の日の水羊羹を実家の母と家人の母に贈る。ぎり/\母の日の朝に配達。晩に地鶏の水炊き。水炊きと聞くと水の江瀧子彷彿する私。だが水炊きは七面鳥(ターキー)にあらず。

小林節先生が夏の参議院選に政治団体設立し比例区から立候補の由。違憲の安保廃止、言論の自由の回復、消費税延期、原発廃止、憲法改悪阻止……とかつての社会党も真っ青な反自民の全て反対でわかりやすいが、参院比例区は共産党と思つてゐる私のような「とにかく反自民、非民進」の有権者はこれは困つたもの。これも全て民進党の為体によるのだが節先生安保違憲から狙つたのは「共産党を除く」野党集結の統一名簿方式模索最初から共産党除外が痛い。それにしても節先生立候補しなければならぬほど世の中追い込まれてゐるとは。築地H君に教へられたがブログ「世に倦む日日」で「立憲党で選挙に勝つ - 小林節首班とする立憲連合政府の閣僚名簿」といふのが出てゐる(こちら)。

総理大臣  小林 節        外務大臣  国谷裕子 (民)

官房長官  長妻 昭        文科大臣  谷岡郁子 

財務大臣  金子 勝 (民)    厚労大臣  福島瑞穂 

総務大臣  片山善博 (民)    農水大臣  舟山康江 

法務大臣  枝野幸男        経産大臣  蓮  舫 

防衛大臣  柳澤協二 (民)    国交大臣  辻元清美 

国公委員長 平岡秀夫        環境大臣  嘉田由紀子 

復興大臣  山本太郎        沖縄担当相 糸数慶子 

経済再生相 藻谷浩介 (民)    地方創生相 亀井亜紀子

官房副長官 山井和則        官房副長官 森 裕子

とこちらでは共産党を含み「マニフェストの細目は石川健治杉田敦山口二郎原案を練り長妻昭と枝野幸男と志位和夫を入れて骨子を調整する立憲連合政府綱領」が提唱されてゐる。

▼日テレ「笑点」放送開始から半世紀。1966年5月放送始まった「笑点」で翌67年1月に初の座布団十枚獲得の歌丸と小痴楽への賞品が「香港で餃子を食べる」で10日間の船旅だったとは。なぜ香港で餃子だったのか……。香港名物の餃子といへば強ひていへば蝦餃(はーがう)だが当時そこまで日本で香港の点心が知られたゐたか。餃子は東北から華北のものクレージー宝田明香港映画でも餃子は食べてなかつたと思ふのだが、確かに映画で広東料理より北方系の料理屋が映つてゐたし、「昔の香港で」といふと老香港の邦人が懐かしむのは北京料理の松竹樓、上海料理の老正興……と思へば香港で餃子も当時ならさういふ発案もありかしら。歌丸師匠に尋ねてみたいところ。

▼内海桂子師匠曰く、連日午後になると警察の車が近辺で子供不審行為をした者がいるので注意しなさいと呼びかけている。再発はしていないらしい。こんな環境から子供今日はも言えない。子供達はこれが特異な状況と理解できているか心配。ただ私は幼子が自転車遊びをしていると気をつけなさいよとつい言ってしまう。

常無常人常無常人 2016/05/11 07:57 世に倦む日日のこの記事も知っているのですが小林先生の判断に敬意を表するとしても湧いて出た低劣ポピュリズムこそ投票率の中核、政権支持のコアなんでしょうし、あのブログだって若い人が読んで分かるかどうか(私も分からないことしばしば)、先生何だか方向が違うかなあと思うのです。だって府立四中一生の不作を担ぐ二度の試みとかタレント呼んでくりゃあに切り込めなかったら結局何も起こらないのではありませんか? 表敬って言いながら女王陛下と並んで記念撮影しちゃったようなことがまかり通る美しい日本ですから理屈が力にならないでしょう。

fookpaktsuenfookpaktsuen 2016/05/11 21:15 「世に倦む日日」もまず「倦む」も読めないし小林先生の話で「府立四中一生の不作を担ぐ……」と言われても、もう誰もわかりましぇーん!でせうね、きっと。

2016-05-08 青衣探訪

農暦四月初二。まだお針の仕事終はらず日曜なのに仕事場へ。昼までにどうにか仕立て仕事済ませ一旦帰宅家人と出かける予定あり行き先は青衣としてゐたが家人の発案で北角から30分に1本のフェリーで九龍城碼頭に渡り、そこから土瓜湾、何文田の団地、旺角、荔枝角、美孚を経て青衣に行く、とんでもない経路のバスに乗車。途中、乱歩の『黒蜥蜴』読む。旺角で渋滞になり何かと思へば法輪功社中のデモ行進渋滞で迷惑だが、これが香港の言論の自由のバロメーターか、と思へば我慢、我慢。90分ほどかかり青衣の終点で長青邨団地。90分要して当然のやうに始発から終点まで乗車はアタシらだけ。九龍巴士のオフィスが昔の九巴配色で可愛らしい。長青邨から隣の長康邨へ。1万人くらゐ住んでゐるのかしら、の密集団地だが、中央の公共エリアなど、どこか風の抜ける感じ、混雑を感じさせない空間設計が見事。必要商業公共施設は充実し香港の公共団地ポリシーに改めて敬服。坂を下り涌美老屋村。ここは昔は臨時家屋のバラックであつただらう立て直しの低層住宅街。此処もこのテの空間のご多分に漏れず「美食街」気取り。そこに華記といふ評判の車仔麺屋あり訪れるがすでに三時で閉店。青衣に来るのにMTRで来たら15分ほどだつたのに。今日天后廟で天后聖母誕生祝賀は「母の日」と偶然の一致なんだらうが集落毎に何かしらのお祝ひで青怡花園といふ大型団地隣接の運動場では数千の人出で粤劇の芝居小屋も大きな設へでB級の食べ物屋並び縁日も盛況。黄昏れて涌美老屋村に戻り悦東廚房なる地元食堂に飰す。「今日母の日満席なんだから予約なしなら早く食事済ませてね」といはれたが本当。すぐに活況。まぁ店員女衆の愛想のいゝこと格別。来た路線バスに乗つたら帰る方向とは逆の荃湾行きだつたがMTR始発なので座れてのんびりと『黒蜥蜴』読了。何十年ぶりかしら、の黒蜥蜴で今更だが目から鱗は女なのか男言葉喋つてみたり二形(ふたなり)なのか好事家紳士淑女の鳩まる密会で宝石だけ身に飾り全裸で踊る恍惚の黒蜥蜴は明らかに変態さんの域だが乱歩は、この女賊を冒頭から一切変態として扱はず黒蜥蜴の存在はけして両性具有奇形でもなくフツーの主人公であること。今日日は何かとLGBTだの脚光浴びるが黒蜥蜴は性的マイノリティなどと思はれもしなかつた。それにしても「ホホホホホ、天勝だってトランクに入れるものは大抵極(きま)ってゐるぢゃないの」だとか「長椅子の上に小間物店を並べやがった」なんてセリフがいち/\可笑しい。幼少の由紀夫さんが乱歩先生の娯楽推理小説に嵌り、これを戯曲にして明宏さんが演じるといふ、本当に素敵な流れ。

f:id:fookpaktsuen:20160510221651j:image:h180 f:id:fookpaktsuen:20160510221652j:image:h180 f:id:fookpaktsuen:20160510221653j:image:h180 f:id:fookpaktsuen:20160510221654j:image:h180 f:id:fookpaktsuen:20160510221655j:image:h180 f:id:fookpaktsuen:20160510221656j:image:h180 f:id:fookpaktsuen:20160510221657j:image:h180

日経の一面トップが2020年までに「全小中高に無線LAN」ですって。なんて貧しい国なのかしら。一つはこの程度のことが経済新聞の一面トップになる貧困、もう一つはIT教育とか所詮、企業が儲かるため。香港でもIT教育は着実に進んでゐて知人の子どもも学校で保護者費用負担でiPad必携だが、当たり前のことすぎて話題にもならず、今どき。

浜矩子「国民無くして国家無し」(毎日新聞)曰く晋三の口から度々発せられる「国家国民のため」。なぜ国が民の先に来るのか、と。晋三に限らず民主党政権でも国家国民。国民国家、nation stateであつて、stateless nationはあつても国家国民の発想はnationless stateになる、と苦言。

▼藻谷浩介(日本総研主席研究員)の「異次元緩和の効果見極め」(毎日新聞トヨタ自動車プリウス開発を例にPDCAサイクル(Plan - Do - Check - Act)が重要なのに日本政府の経済政策だけは論外で異次元緩和で見れば「リフレ論」なる特殊経済理論を奉ずる一部の学者をブレーンとした首相が日本経済成長させるには「この道しかないという信念」を抱き日銀幹部入れ替へ「経済政策はよくわからないが、この首相のやることなら信じる」といふ一部の熱狂的な層の積極的支持と「よくわからないけど皆がそう言っているから」と靡く多くの層の消極的支持を得て進めたもの……でその結果はどうか。異次元緩和でもインフレにならず経済成長も滞り個人消費は伸びず(それを消費税の所為にする)。株価高騰と消費低迷はリーマンショックの時もあつたわけで日本経済は金融緩和では成長せずPDCAで考へれば経済政策の修正が必至でしょ、と。膨大なリスク伴ふ極端な金融緩和といふ行為に無条件で拍手喝采し、しかもその反省判断のできない民度の低さも困つたもの

江戸川乱歩全集 第9巻 黒蜥蜴 (光文社文庫)

江戸川乱歩全集 第9巻 黒蜥蜴 (光文社文庫)

2016-05-07 冨田勲氏逝去

fookpaktsuen2016-05-07

農暦四月初一。朝のNHK-FMWeekend Sunshineはジャコとウェザーリポート特集土曜日だが呉服の仕上げ仕事山のやうにあり仕事休めず。

改憲不要が58%と共同通信の18、19歳対象にした世論調査政治家は信用できないが投票で政治に影響与へることはできる、と考へる若者たち。民主党のダメ政権のあとの選挙で「安倍安倍!」と秋葉原で若者の声援受けた晋三は改憲も「これならイケる」と狙つたワケだが晋三の危なさに若者気づき晋三の改憲は容認されず。

冨田勲逝去享年八十四。シンセサイザーでのホルスト惑星』が1976年、この頃、若き小澤征爾が精力的に録音をしてゐた時期でボストン響の『惑星』と同じころにLPを入手して聴き比べた記憶あり。『惑星』での衝撃から火の鳥』や『ダフニスクロエ』など一連のシンセサイザー曲を聴いた中でドビッシー『月の光』が一番好きだつたかしら。これを今しがた聴いたら思はず涙。そして、このシンセサイザー演奏家だと思つてゐた人が『月の光』の発表と同じ1974年に大河ドラマ『勝海舟』の音楽手がけた作曲家で、さらに『新日本紀行』や『今日の料理』そして『ジャングル大帝』など、まさに自分子どもの頃に慣れ親しんだテレビの曲が冨田勲だと知つて驚くばかり。まさに子どもの頃から十代の多感な頃を富田勲で育つた私。哀悼

D

D

2016-05-06

fookpaktsuen2016-05-06

農暦三月晦日。早晩に尖沙咀。酒血にてD嬢、H嬢と飲む。伯楽星と麓井。ホヤの粕漬。麻の格別な担々麺。お二方残し失礼して二更に油麻地のCinematiqueへ。北朝鮮で36年ぶりの労働党大会今日、Alvaro Longoria監督ドキュメンタリー映画“The Propaganda Game”見る。監督は北朝鮮の体制批判的ではあるが、けしてその批判だけでは逆の意味プロパガンダになつてしまふわけで、そこで北朝鮮の体制内で十分に満足して暮らしてゐる市民の声もきちんと聞く。北朝鮮政府で対外的広報担当する唯一の外国人職員は北朝鮮で言論報道制限がないか、といへば、それはある、と答へる。しかしその理由として北朝鮮が米国との戦争、どういふ戦争かといふとプロパガンダ戦を戦つてゐる戦時下にあり、そのやうな環境では一定自由制限は致し方ないといふ。なんだか一瞬、さういふことか、と思つてしまひさうになる。韓国や欧米の北朝鮮ウォッチャーたち、北朝鮮内部の選ばれた模範市民の声でバランスがとれてゐるやうで、やはり北朝鮮内部の体制に疑問もつ市民の声だけは絶対取材できないことが一番の現実。半夜三更に帰宅。飲酒後の映画はけっこうきつい。

文革から半世紀。文革の誤りは中共で認められてはゐるが北京の人民大会堂で文革当時の音曲を披露する「社会主义经典歌曲大型交响演唱会」が開催された由。この手の文革回顧の音楽会2011年に当時、重慶市委書記だつた薄熙來が率ゐる千人規模の重慶紅歌合唱團が北京民族宮大劇院で「唱紅」以後、初。薄熙來は文革彷彿させる革命路線で失脚したが習近平政権下での「唱紅」に結局のところ「狙ひは一緒」で党中央にとつて「第二の林彪」出現恐れ薄熙來失脚させたものと思はざるを得ず。

東京新聞「こち特」田原牧さんのデスクメモより。

沖縄の現在の闘いが十分に本土に伝わっているとはいえない。だから報じねばと考える。ただし闘いを沖縄のみに背負わせてはならないとも思う。基地問題差別産物であり、本土私たち問題である。沖縄に通じる闘いを本土で築くこと。それが筋であることを自戒したい。(牧)

2016-05-05 まだ立夏の端午節

fookpaktsuen2016-05-05

農暦三月廿九日。立夏。暦はまだ立夏なのに「日本だけは」端午節子どもの日と称して祝ふ不思議本来端午節陽暦なら六月九日で、まだ一ヶ月以上も先のこと。疲労困憊で早晩にジムでサウナに入り早めに帰宅。夕食で二锅头を盃に一杯だけ飲んだが56度の酒にふらふらで午後九時すぎに就寝。

森本あんり(ICU学長)「1947年の祈り」(朝日新聞こちら)より。

元最高裁判事那須弘平氏は、日本国憲法を「祈りの書」と呼びました。「懺悔謝罪の書」とも言っています。憲法を読むと、「決意し」「念願し」「信ずる」「誓う」と、ふつう法律文書にはない言葉が出てきます。「永久」「恒久」という言葉もありますが、それは明らかにこの世の政府や法律保障できる範囲を越えています。言葉づかいからして「祈りの書」なのです。(略)

憲法が尊重されるには、制定者の権威必要です。憲法制定当時の権威とは何か。率直に言うと、米国中心の連合国軍総司令部(GHQ)です。でも、日本人はその権威を受け入れました。それは、米国が自国利益だけでなく、より普遍主義的な理念、つまり世界正義自由、民主主義を掲げていたからです。だから権威があったのです。(略)

(日本で「憲法を変えよう」という声が今この時代に大きくなったのは)終戦直後に人々の目前にあった屍のリアリティーがなくなったからじゃないでしょうか。改憲を唱える安倍晋三首相は戦後生まれです。何百万人という犠牲を前にして世界に誓ったリアリティーを感じられなくなった世代が、政治の中枢にいるという状況です。

実は、日本に限らず、保守のど真ん中を担っていく王道が、憎たらしいけれどデンとしっかり構えている、という時代ではなくなった、と感じています。米国も今の大統領選をご覧の通りです。民主党では型破りな社会主義者サンダース氏(上院議員)が人気を集め、共和党もトランプ氏のようなとんでもない人が指名獲得を確実にしている。党の主流を担う人がいない。私の言葉で言うと『正統』(オーソドクシー)が陰っているんです。

本来なら、まず正統があって、その正統に対するアンチテーゼとして『異端』があるものです。なのに、正統がみな腰砕けだから、あちこち異端だらけになってしまった。群雄割拠で『異端』とすら言えないほどでしょう。そういう状態が、日本でも米国でも起こっています。

(何が「正統」か、だれが決めるのか?)だれも決めません。「正統」は、本来的にはみんなが当然の前提としているもので、ふだんは意識されません。だけどあるとき、自分たちが信じてきたものは何か、依拠してきたものは何かと考える時代が来る。で、いったんそうなると「正統」はかつてのような信頼感を失ってしまう。「それでもやっぱり俺は正統なんだ」って言い募る者が出てきて、当然の前提であるはずの正統」を議論で証明せざるを得なくなる。それがいまの憲法を巡る議論根本にあると思います。

 憲法を巡っては、これまでも9条の問題などいろいろありましたが、憲法が大切だという認識そのものはだれも疑ってこなかった。いまも権威はありますが、改憲の動きが強まり、『これがやっぱり正統なんだ』と、一生懸命に言わなきゃいけなくなっています。

常無常人常無常人 2016/05/08 12:54 二鍋頭よく召し上がるようですねえ。大陸時代茅台が高い上ニセモノだらけで買えなくて北京の金色の箱入り黒い陶器に入ったものを買い置きしてました。薬草の匂いがなく癖がなくていいのですが食べないで呑むのは舌や喉を刺すのでちょっとつらい、広東菜福建菜には良く合いますね。やっぱり茅台のあの滑らかさは出色、寿屋でいえば赤チンと山崎以上くらいの差でしょうかねえ。

fookpaktsuenfookpaktsuen 2016/05/09 23:20 「よく」といふか尖沙咀の四川料理屋で他に選擇もなく一瓶、で飲みきれず持ち帰りをちびちび、と。でも二鍋頭を飲むと茅台の(ご指摘の)滑らかさに驚きますね。

2016-05-04 神社は改憲祈願

農暦三月廿八日。今晩は宴会外食ことなかつたが諸事忙殺されふらふら。遅く帰宅して自家製餃子飰す。日記書いたりしてゐたら夜中で慌てゝf:id:fookpaktsuen:20160504214310j:image:w320:right母と家人の母に「とらや」から母の日の水羊羹注文ぎりぎり間に合ふ。今日は養祖母誕生日明治36年生まれで生きてゐたら113歳か。

▼昨日の憲法記念日の様子伝へる記事の中で毎日が「美しい日本の憲法をつくる国民の会」が全国で七百万余の改憲賛同署名集めたと発表したこと伝へる。署名活動現場取材すれば地域に根づく神社氏子組織の活発な動きで福島は二本松の隠津島神社弁天さん)で毎年正月に各地区の氏子総代集めてお札を配る行事で今年の正月は様子が違ひ神事のあと宮司改憲について語り、この「国民の会」の署名用紙配り各戸まはり署名集めてほしいと頼んだといふ。神事のお札から改憲署名へ。

香港人アイデンティティ中国人といふ認識への卑下について。臙C辧峪羔辧屎、民格」(こちら)より。

不採城格,不採國格,採用民格代表種族群,相信大家並無異議,大陸人、台灣人、香港人世界各地華僑,洗不掉自己華人身份,這點着實叫人難為情,如何全心全意靠攏金髮藍眼?如何餐餐壽司拉麵,難改世人眼中華人格局,惟有自己警醒,時時提點執正,換來人家一句:閣下是中國人?不太似啊!閣下香港人、台灣人,不是中國人?

常無常人常無常人 2016/05/06 23:04 文中の、、、国民の会やら日本会議にしても皆さんみまかれば人材供給も止まる、衰退は時間の問題。厄介なのは団塊ジュニア以下の若者たち、そもそもこの人達はなんとやら主義などの勉強してないでしょう、そのせいか保身のためかデベイトの習慣なんかありそうもない。事の発端は戦争体験を引き継げなかった団塊世代とその子育て失敗なんだから何もできなくてもおかしいことはないのですが、この人達が何もしなかったら改正の名のもとに怪しい憲法になったり子孫が戦争に行くことになりかねないことは分かっておいてもらいたいものです。アメリカ、いよいよ共和党の議会選挙ねらいが始まるようです。

2016-05-03 国民は憲法を守らないといけないか?

fookpaktsuen2016-05-03

農暦三月廿七日。憲法記念日。「国民は憲法を守らないといけないか?」といふ◎✖クイズがあれば答えば✖で国民が守らなければならないのは法律で、憲法は国民が首相や国会議員などの為政者に守らせる約束事(朝日「立憲主義を取り戻す時」こちら)といふ立憲主義の基本の基も晋三のおかげで国民に定着。で数年前まで改憲賛成が反対上回つてゐた世論改憲不要55%に対して必要37%、9条改正反対68%(賛成27%)、緊急事態要項に賛成33%で反対が52%(朝日)。中曽根大勲位をして「世論の動向を見れば憲法改正必要性は受け入れられつつも躊躇もあり依然、壁の厚さを感じざるを得ない」と言はしめるのが「晋三の怖さ」で、改憲賛成層でも安倍政権下での改憲に賛成57%、緊急事態条項追加賛成も56%である。だから自民党は党是たる「自主憲法制定」を晋三などに委ねたことは党史に残る誤謬なのでは。夕方から雨。尖沙咀。福岡O氏が郷里からGWで旧知の囂しいオバサン三人組が来るので付き合つてくれないか、ご馳走するから、と誘はれ尖沙咀のハイアットに向かふが福岡から上海経由の東方航空便で搭乗の便が午後2時前後のいずれの便かわからず、連絡もつかず、先便ならもうとっくに下榻してゐるはずだが未だのやうで後便の由。チンチンバーで四方山話しつつ啤酒飲むこと二時間。雨は本降り。当初はお客様がたが香港の夜景、午後8時から夜景電光ショーご覧になりたいといふことでHotel Iconの広東料理・天外天を予約してゐたが到着遅れで予約取り消してしまひ、フライトも遅れたら機内食も食べてきてお腹空いてゐないかも、なんて言つてゐたら、さすがオバサンたちは「思いっきりお腹空いてまーす!」で三時間遅れの旅の疲れも見せず、で鹿鳴春に電話すると予約取り消しいくつかあり席があるといふ。雨のなか道路渡つて北京料理頬張る。さすがに疲れぎみで寄り道せず晩十時すぎに帰宅

新聞各紙の憲法特集のなかで毎日が具体的に「緊急事態事項不要論」に的を絞つた特集は出色。しかも福島の浪江から「情報網こそ大切」、宮城の気仙沼から「現行法で十分」の声。対談は木村草太と井上達夫で、これも面白い

建前上は「自衛隊安保は憲法違反」と言いながら政治的には本気で取り組まず専守防衛の枠内なら自衛隊安保政治的にOK、違憲のまま存続させろという姿勢、これを主張する憲法学者も出てきて、そんな主張は立憲主義を蔑ろにするもの違憲状態固定化を望む護憲派ってあるか、自衛隊を憲法上認知しないまま「侵略されたら俺たちを守れ」というのは許し難い欺瞞

と達夫さん。毎日社説「まっとうな憲法感覚を」(こちら)も一読に値する。

歴史や伝統は確かに大切だ。しかし、国境や国籍を超える基本的人権の理念よりも優先される歴史や価値観が、あるとは思えない。(略)改憲論議は性急さを避け、社会の広範な同意と納得を目指すのが本来である。憲法の掲げる理念を堅持しながら、多くの国民から理解を得られるものにするのがいい。(略)憲法は社会の安定のためにある。にもかかわらず、改憲論議が国論の分裂を招き、社会を不安定にしては本末転倒である政治家のための憲法ではなく、国民のための憲法に。憲法の議論は、そのまっとうな感覚を持つことから始めたい。

その通り。それに対して情けないのが読売社説こちら)。晋三の改憲に対して国民の反発強いことに配慮してか「改正へ立憲主義を体現しよう」なんて改憲のためには立憲主義まで持ち出してみて9条以外の災害に対する緊急事態条項や参院改革など挙げるが

固有の歴史や伝統文化を有する都道府県という行政単位を重視し、参院議員の地域代表性格を強めることは検討に値しよう。

噴飯もの廃藩置県とその後の統合で出来た都道府県に固有の歴史や伝統なんてないし、それを基にどうすれば参院議員に地域代表性格求められるのか。読売憲法改正不要世論のなか憲法記念日に合わせた世論調査は当然のやうにない。「ついで」程度に書いておくと日経社説「憲法と現実のずれ埋める「改正」を」が、さすが日経さんの筆致(こちら)。

憲法解釈見直して集団的自衛権の行使限定解除したことで現在の国際情勢に即した安保体制はそれなりにできた。9条を抜本的に書き直す必要性はかなり薄らいだ。あとは自衛隊をどう法的に位置付けるかだけだ。9条にばかりこだわる不毛な憲法論争からはそろそろ卒業したい。

って自衛隊をどう法的に位置づけるか、と集団的自衛権は直接の関係はないのに、そこに「国際情勢に即した安保体制」といふフレーズ入れることで強引なレトリックよ。その日経でも世論調査で憲法の現状維持が初の過半数(改正は40%)。アベノミクス評価日経ですら「評価せず」が過半数とは。「9条にばかりこだわる不毛な……」と日経に嘯かれた9条はだが朝日では9条は「長らく銀国主義に浸かってきた日本の政治社会を一旦、徹底的に非軍事化するための規定」であつて、それにより「公共」の改造ができ「公」と「私」の枠組みに支えられる形で日本の立憲主義が初めて安定軌道に乗ることができたのだから9条こそ大切といふ石川健治先生の主張(「9条 立憲主義のピースこちら)。美濃部機関説、矢内原学説、津地鎮祭判決の藤林最高裁長官逸話……と、岩波朝日世界

国を愛するというのは自然感情であり否定のしようがない。しかし、それを国家が強要するのはまた別の話であって、ある特定価値によって、しかも命を懸けるに値する公を染め上げようというのであれば、それは日本の立憲主義にとって致命傷になる。現代版「立憲非立憲」の戦線は、ここにもあるのである

で結局、安倍か反安倍か、となる。

2016-05-02 坊主だらけ

fookpaktsuen2016-05-02

農暦三月廿六日。やつと休日。陋宅でのんびりするつもりが書室のかたつけ。気がついたら陋宅はお寺ぢゃないのに坊主だらけ。午後にハーバー沿ひを5kmほどジョギング。夕方家人と炮台山の油街實現藝術空間。元々は香港電燈(HK Electoric)の火力発電所だつた場所で火力発電で石油を使ふので油街、石油会社シェルも此処に隣接で蜆殻街、電気道……と街路名もそれに纏はる。李嘉誠に買収された香港電燈で昔の建物は次々と壊されおカネの成る高層ビルに化けてゆくなか辛うじて残された建物がアートスペースに。見に行つたのは紙を素材にしたアート作品だつたが北角の昔からの住居空間の展示もあり、それを眺めてゐたらスタッフ女の子外国人だと思つて優しく丁寧に展示内容の説明してくれるのだが「あ、これはあのビルだ」「ここは昔はなんとかだった」、あ、このビル屋上写真がこれで……と私らが話すものだから「ご、ごゆっくりどうぞ」と引きつった笑顔。水星街の甘飯館。かつて100kmトレイルも一緒した広州O君も今は東京住まひで久々の来港、これに合はせ珠海H君も来て会食。持参のPenfoldsのBin 2 Shiraz - Mataro 2013年を2本飲む。二次会、と銅鑼湾のバーSでO君にご馳走になる。

f:id:fookpaktsuen:20160505003412j:image:h160 f:id:fookpaktsuen:20160505003411j:image:h160 f:id:fookpaktsuen:20160505003410j:image:h160 f:id:fookpaktsuen:20160505003409j:image:h160 f:id:fookpaktsuen:20160505003408j:image:h160 f:id:fookpaktsuen:20160505003407j:image:h160 f:id:fookpaktsuen:20160505003406j:image:h160

山田孝男(風知鳥)が選挙意識した「安倍」対「反安倍」を不毛と語る。厳密さに欠ける自民党憲法案には疑問だが自民党が緊急事態条項持ち出せば「ナチスと同じ」と息巻く批判一面的、と。だが晋三支持か反晋三以外にないでしょ。フランスがパパルペン反対で左翼が「鼻をつまんでもシラク」支持したやうに。まぁ晋三がルペンならシラクもゐないのが今の日本の保守だが。

皇后が皇居内の野蚕室で天蚕の卵を櫟の枝につける「山つけ」の作業の由。「卵がついた和紙をホチキスで留めていった」ってホチキスじゃ「伝統的に……」といはれても。

▼「反グローバル化にどう対抗するか」と日経社説こちら)。グローバルがいゝといふ発想こそあまりに短絡的だろ、日経さんよ。

2016-05-01 Champions Mileはモーリス完勝

fookpaktsuen2016-05-01

農暦三月廿五日。労働節。官邸で書類整理。先週のQE II Cupに続き沙田競馬場では国際G1のChampions Mileで安田記念と昨年12月の香港マイル優勝の日本馬モーリスが圧倒的強さの2馬身差で優勝。G3のChairman’s Sprint Prizeは豪州馬のChautauquaが最後尾で第4コーナー曲がり大外から最後1ハロンで追い上げ鼻差でLucky Bubblesを刺して優勝。いずれも1番人気で手堅く私も勝ち。金鐘行きのミニバスに乗ると「湾仔止まりだよ」と運転手。金鐘が雨傘運動選挙された時に出来た途中折り返し。今日メーデーデモゆゑ。早晩に六國酒店の粤軒。目黒からO夫妻来港で家人も来て会食。O夫妻約束時間より少し早く食肆に着けばスタッフが気をきかして携帯電話くれる。L総支配人は私の顔を見るなり「いやー、強すぎる」とモーリス絶賛。あの馬ならモレイラ騎乗せぬとも(肥満体の)自分でも馬がいゝから勝てる、自分が騎乗ならオッズが下がるから更にオイシイ……と軽口。f:id:fookpaktsuen:20160502093411j:image:w270:left昨日の春の天皇賞はキタサンブラックがスタートからハナで走り続け(武騎手のこれは昨年12月の香港国際でのエイシンヒカリ彷彿だが)最後100mでカレンミロティックに先頭譲り、それでも差し返しで鼻差の優勝。お見事。有馬記念では馬券買つたが3着で今回の天皇賞は見逃し。香港に来ないかしらサブちゃんと一緒に。

▼いつも自民党にべったりの日経にしてはぎりぎりで日経の了見を見せる自民党改憲草案について(1日朝刊)。この記事、憲法前文について自民党草案は「国民の権利に重点を置く現行憲法に比べ、国のあり方や国家像を全面に出した」と書くが、そも/\「自民党の」考へる国のあり方や国家像といふものぢたいが偏つてゐるものである点こそ指摘するべきだらう。「代表的批判は、国民が国家統治の最高位にある「国民主権」を後退させるというのだ」とか「天皇元首と見なすのは国民主権を弱める恐れがあるとの批判がある」「日の丸君が代尊重義務思想、良心の自由を侵害しかねないとの意面も出ている」……と結局どこか主張が婉曲、伝聞で済ますところが、何ともまぁ。で、この特集記事の下の広告が日赤で「人がいま、試されている」

たとえ大きな困難が行く手をはばんでも、何度でも立ち上がる底力が、人間にはある、人間はけしてひとりじゃない。手をとり合って生きているからこそ強くなれるのだと、私たちは信じています

……って自民党改憲へのエールか、護憲のアッピールかw

▼安倍政権で改憲に反対が56.5%(賛成は33.4%)共同通信の世論調査。アベノミクスで格差広がつたと思ふ人は57%(さう思はない34.6%)。国民の半数以上が晋三の改憲反対でアベノミクスも懐疑的、晋三盲従は国民の⅓なのだが、それでも内閣支持率は48.3%で横ばい……。

▼数字を追ってみた。米国に押し売りされたオスプレイの購入費は3,600億円。低所得高齢者への一人三万円のばらまきも同額だ。一方、三年前の試算で保育園など幼児教育の無償化に必要なのは8,200億円。前の二つをやめて、もう一息で実現できる。貧困はやはり人災である。(田原牧)

2016-04-30

fookpaktsuen2016-04-30

農暦三月廿四日。晴。朝イチのNHK-FMWeekend Sunshineプリンス追悼。先週はこれか、と思つたが基本的リスナーからリクエストに応じる番組本日ピーターバラカンプリンス、あまり好きでなかつた?と思つたら、リスナーからもそれを指摘されf:id:fookpaktsuen:20160502121038j:image:w240:left「でも僕も好きな曲があります」と選んだのが“How come u don't call me anymore”で、これは往時“1999”がシングルリリースされた時のB面で邦題は「つめたい素振り」(笑)ピアノソロ曲だが番組ではOne Night Aloneライブから。官邸で週末仕事。官邸といへば晋三、日本の伝統だの美を語るが首相のくせにきちんと箸も持てず。どこが保守か。燈刻に陋宅で今年初の枝豆でビールぐびぐび。少しの牛タンと野菜を焼き頬張る。

▼多少古い資料だが(平成23年)「算数と道徳教育との関連」より

引き算:協力の飾り付けをみんなで協力して仕事を進める(勤労)、話し合いにおいてお互いの考え方や意見尊重友情

時刻と時間生活反省し、よりよい生活習慣の形成

筆算:リサイクル活動目標をもって取り組む(努力・勤労)、缶の分別活動と通じ社会のきまりに触れる(公徳心)

図形:しきつめられた図形の美しさについて触れる(畏敬の念

昔の九九:昔の人の努力を知り進んで勉強しようとする態度を育てる(郷土心・愛国心

時間計算日常生活での時刻の計算活用に触れながら家族の中での協力について関心を高める(自主自立・努力勤労・家族愛)、生活反省しよりよい生活習慣の形成材料にする(自主自立)

数の表現のしかた:日本の古語外国語の数の表現に関心を高める(愛国心・国際理解

外国の長さの単位:異なる単位系や文化への関心を高める(愛国心

日本と世界の時刻:世界と日本の時刻の違いから外国と日本への関心を深める(愛国心・国際理解

5のかたまり(倍数):日本と外国の昔の数の表し方にふれ関心をもつ(愛国心・国際理解

……ほとんどビョーキ(涙) フランスなどテロ愛国心高揚もあるが、さすがにメートル法から愛国心小学校で説くまい。

2016-04-29 黒田日銀は終焉の時

fookpaktsuen2016-04-29

農暦三月廿三日。「強気黒田流」に試練」と日経。「黒田日銀は試練の時を迎えている」って今更なにが試練か、最初から張り子の虎イカサマの終焉よ。散髪して帰宅カレーライス頬張り早寝。

緊急事態条項について木村草太との対談で自民党の「立憲知らず」礒崎陽輔、草太教授論理的突っ込みに曰く

いろいろご意見はあるとは思いますが現実憲法改正手続きが始まれば、もう少し条文を具体化し、なぜこういう条文が必要かを示したいと思います。

って、あまりに憲法改正ありき、で結局のところ何も考へてゐないこと明らか。「伊藤塾」の伊藤真弁護士は国民が「立憲主義」に多少明るくなつたことに対して(東京新聞インタビューで)

以前は国民が立憲主義という概念をもたなくても権力側が憲法の縛りを自覚して政治を行っていたが数年前から安全保障法制とか原発政策とか国民の思いと違うことを政治家勝手にやるようになり国民も「自分たち主体となって憲法で権力を縛っていかないと大変あことになる」と気づき始めた。(略)私たち政治家に憲法を守らせる努力を70年間どれほどやってきたのか。そもそも改憲論は国民から出てくるもので縛られている側の政治家が「縛りを緩くしてくれ」と言い出すのは立憲主義を理解していない。

と仰る通り。

▼香港の軍事評論家・平可夫(ピンコフ)日本移住へ、書店関係者失踪安全危惧(時事)。香港も対中共言論では「国内として」危ない場所になってゐるがピンコフさんの日本行きは「亡命」でもなく移住なのはご本人が日本留学経験あり配偶者も日本国籍であること報道はきちんと記述すべき。

朝日新聞若宮啓文・元主筆北京に客死享年六十八。論説主幹のときの「もし「君が代」に二番の歌詞を加えていたら」(こちら)は椅子から転げ落ちそうになつたし*1東日本大震災後に主筆就任初の主張で復興支援は与野党協力が必要として「いま政治に必要なのは冷却水の投入である」も凄かった。「夢想」としつゝ竹島の韓国への譲渡だとか何だか結局「青さ」のまゝ。韓国から北京への旅程での客死はネット上では「だから売国奴らしい死」とか揶揄だらう。唯一の功績といへばナベツネからA級戦犯祀る靖国への首相参拝は反対といふ言説引き出したことか。そのナベツネは「安全保障では立場違ったがお互い本質リベラリスト」と追悼の弁。

*1:これについてはじつは「君が代」には2番があつた、といふ事実朝日でも先輩記者で同じやうなこと言つてゐた方がゐたことについて若宮が改めて書いてゐる。http://www.asahi.com/column/wakamiya/TKY200406270117.html

2016-04-28

fookpaktsuen2016-04-28

農暦三月廿二日。晴。晩に尖沙咀。久々に京笹。小さな宴会あり末席汚す。二次会で数名でバーB。ベルモットでリンスしたグラスにf:id:fookpaktsuen:20160430105132j:image:w280:leftジンエクストラドライマティーニのあと氷なしでハイボール注文したら供された炭酸水は壽屋のThe Premium Soda from Yamazakiでした。香港島に戻り独酌梯子酒。このところ飲み頻繁すぎ。自制せねば……と思ひつゝハイランドパークの1970年はまるで濃いめの紅茶のやうな円やかさ。

▼熊本地震に関する原発報道につき公式発表をベースにと指示のNHK会長の籾井勝人は、この発言に続き「当局の発表の公式見解を伝えるべきだ、いろいろある専門家見解を伝えても徒らに不安をかき立てる」と述べた由。呆れて言葉もなし。

常無常人常無常人 2016/04/30 23:15 籾井会長の発言について公明正大派の中には怪しさ可笑しさ(だよ)がお分かりにならない方も一定の割合でおいでになるでしょうし政権応援団との重なり具合、いつもご覧になってるTVプログラムなど調査ができれば日本低空飛行研究の書が書けるようです。シャープや東芝のリストラサラリーマンが気の毒で経営陣がアホなんておっしゃる向きとも無関係でない組織論の課題でもありますね。

2016-04-27

fookpaktsuen2016-04-27

農暦三月廿一日。久々に天気晴れる。日も延びて午後六時もまだ青空。家人と北角の波止場で待合せ海を見ながら麦酒でも、と思つたがハーバー沿ひのベンチは好天に誰も考へることは一緒で寛ぐ者多し。漫ろ歩き小辣椒に飰す。壁にある麦酒のポスターは小瓶で1枝22ドルはこの食肆にしては高いな、と思ひつゝ家人とで二本頼むと供されたのは大瓶。間違ひではなく写真がおかしい。帰宅して早寝。

本日、赤坂御苑で春の園遊会。福島県副知事招かれ「ご支援をいただいた恩返しを少しでもできれば」と。福島への支援は当然で福島はそれに恩返しなど不要。むしろ核禍は東電と国を損害賠償で訴へるべき。それにしてもこの副知事に「本当にご苦労さんね」と応じられるとは、さすが聖上。

中島岳志都新聞だかで紹介してゐた菅野完日本会議と成長の家についての見方日本会議の原点を60年代民族派学生運動とする。それは(左翼学生運動党派対立で分裂してゆくのに対して)反左翼革命といふ点で思想団体から政治、体育会までを多数擁してゐたもので、日本会議はまさに「個別目標に相応した別働団体を多数擁してゐる」点で同じ。この日本会議でさまざまな団体は「国歌斉唱」と「リベラル揶揄」といふ点でまとまつてをり、成長の家は80年代からエコロジー路線とつたことで、それに違和感覚へる信者日本会議に流れてゐるといふ。その日本会議首相補佐官や首相秘書が加はり晋三の有識者会議も日本会議メンバー少なからず。まさに晋三=日本会議なり。