Hatena::ブログ(Diary)

メモリの藻屑、記憶領域のゴミ

20130227(Wed)

[]70年代東映テイストの"ずべ公"バイオレンス・アクション、沙村広明の『ベアゲルター』 70年代東映テイストの"ずべ公"バイオレンス・アクション、沙村広明の『ベアゲルター』を含むブックマーク 70年代東映テイストの"ずべ公"バイオレンス・アクション、沙村広明の『ベアゲルター』のブックマークコメント

■ベアゲルター(1) / 沙村広明

ベアゲルター(1) (シリウスKC)

梶芽衣子の昭和任侠・バイオレンス映画に物凄く興味を惹かれた時期があった。というのもオレはタランティーノの映画『キル・ビル』がオールタイムベストに入れて良い位愛する映画なのだが、この映画の一部は梶芽衣子の『修羅雪姫』にオマージュを捧げたものであると知ったからだ。その後観る事が出来た映画『修羅雪姫』は確かに噂に違わぬ最高にイカレた最高にイカした作品だった。だが、それから梶芽衣子映画を続けて観たかというとそうでもなかった。興味を無くしたわけではなく、逆に面白過ぎてとことんハマリそうでヤヴァイものを感じたからである。関連作品を芋づる式に全部観てしまいそうで、とてもじゃないが時間的なキャパ超過になりそうだった為に泣く泣く封印したのだ。

沙村広明の新作コミック、『ベアゲルター』のあらすじをざっと読んだときに頭に浮かんだのは、『キル・ビル』の女殺し屋集団ブラックマンバであり、そして梶芽衣子映画だった。

狂気か? 復讐か? 3匹の獣(めす)が牙を剥き合う…おんなの修羅場! ドイツ、中国、そして日本へ! 中国の売春街で起きた謎の殺人…それはやがて、日本の某・広域暴力団内部での現金盗難事件と結びつき、とある辺境の孤島にて、予期せぬ火花となり炸裂する! ネオ時代劇『無限の住人』大団円の余韻に浸る間もなく、沙村広明が渾身で描く、背徳のエンタテインメント。著者の大好物であるチャイナドレスが、縦横無尽に冷酷非常に舞い戦う、情慾(エロス)と暴力(バイオレンス)の完璧な融合…これが“叛逆ずべ公アクション”だ!!

(Amazon作品紹介)

…といった、女!エロ!ヤクザ!暴力!陰謀!殺戮!などなどが乱れ飛ぶノワール作品となっているわけである。沙村広明の代表作『無限の住人』は乗り遅れてしまって読んでおらず、せいぜい彼の単発作『ブラッドハーレーの馬車』を1冊読んだことがある程度なのだが、そこで感じた冷え冷えとした暴力と淫蕩なエロティシズム、そして穿たれた孔のような昏い狂気は共通している。そしてやはり、作者が公言しているように、この『ベアゲルター』は当初、「女囚サソリみたいな復讐系キャラやスケバンキャラも出して70年代東映テイストで」ということが目論まれて執筆されたのだという。

この『ベアゲルター』に登場する"叛逆ずべ公"は今のところ4人、チンピラの情婦、特殊能力を持つヤクザの拷問担当女、謎の過去を持つ凶暴なドイツ女(?)の殺し屋、そしてやはり謎の実験施設に務める(?)クンフー使いの中国娘、この4人がそれぞれの事情でヤクザの取引が行われるとある孤島に居合わせ、そこですさまじい暴力と殺戮の幕が開く、といった趣向なのである。一応男も出てくるのだがこの4人の前には全員形無し、まるで影が薄い。彼女らが孤島に集ったのは何故か?この孤島では何が行われているのか?ドイツ女や中国女の正体と目的は何か?そういった謎がちりばめられ、物語の全容が明らかになるのはまだまだ先だと思われるが、それにしてもこの1巻目にして吹き荒れる死とバイオレンスの凄まじさはちょっとしたスプラッタムービーさえ思い起こさせる。といったわけで昭和任侠・バイオレンス映画好き、『キル・ビル』好き、スプラッタ/トーチャーホラー好きの方はこの『ベアゲルター』、大いに気に入ること間違いなしの作品だろう。

ベアゲルター(1) (シリウスKC)

ベアゲルター(1) (シリウスKC)

[]惜しくも終了、木葉功一『ディザインド』 惜しくも終了、木葉功一『ディザインド』を含むブックマーク 惜しくも終了、木葉功一『ディザインド』のブックマークコメント

■ディザインド(2) / 木葉功一

ディザインド(2) <完> (シリウスKC)

被害者を嬲るかのように行われる、最悪の猟奇連続殺人。真相を追う女刑事が事件の裏で目撃したのは、おぞましき「何者」かの影。その正体は、人外の“怪物”か、それとも“瀕死の少年”なのか!?物語は遂に核心へと向かう!!読むと血が滾(たぎ)る野獣派ハード・サスペンス、「虐殺連鎖シンクロニシティ」編、膨大な描き下ろしにて完結!!幻の初期傑作『カフェボヘミア』の後編を特別収録。

木葉功一は情念とバイオレンスに満ち溢れたドラマをマジック・リアリズム的手法で描き上げる非常に個性的な作家で、自分もこれまでリリースされた作品は余さず追いかけてきたつもりだ。ただどうも作家として不遇な扱いを受けている部分があり、連載打ち切り、休載などで物語半ばにして中断させられた作品も多い。この『ディザインド』は野獣のような体力と嗅覚で社会の闇にメスを入れるフリーランスのカメラマンを描いた作品だが、これもまた打ち切りの憂き目に遭い、単行本化に際して相当枚数の書下ろしが成されている。

今回の物語は全身麻痺状態の車椅子の少年と彼が殺人の夢を観るときに事件を起こす謎のシリアルキラーを追い、真犯人をつきとめるというものだが、そこは木葉功一、単なるクライムサスペンスではなく人間の深層心理にまでメスを入れた夢幻的な物語に仕上がっている。そして今回驚かされたのは木場のもう一本の未完の作品、『セツ』主人公の女刑事セツの登場があったことだ。それも端役というものではなく副主人公といってもいいほど出ずっぱりであり、この『ディザインド』2巻自体が『セツ』とのコラボレーションの如き味わいとなっているのだ。もちろん両作のファンとしては嬉しいが、事情を鑑みると複雑な心境でもある。

作家も作品も大いなるポテンシャルを秘めたものであり、これら両作品が再び日の目を見ることをいちファンとして願ってやまない。

ディザインド(2) <完> (シリウスKC)

ディザインド(2) <完> (シリウスKC)

wataruwataru 2013/02/27 23:47 わたしも「ベアゲルター」読みました。沙村版のキルビルといったところかな?という印象でしたがまだ1巻なので今後どういう展開を見せるのかなぁという興味はありますね〜。ベアゲルターが気に入ったのなら「無限の住人」はオススメです。最近発売になった30巻でようやく完結しました。連載19年、長かったです......(わたし20代の頃からずっと読んでました)

globalheadglobalhead 2013/02/28 01:17 ベアゲルター、冒頭から謎だらけで展開が気になりますね。
2巻で終わりって話もあるんですが、ホントに終わるのかよって気がします。なにしろ掲載誌が季刊なんで次いつ出るのか分かんないですが…。
「無限の住人」はメッチャ興味が湧いてきましたが30巻は長い…。そうだ!こういう時のマンガ喫茶なのか!?オレまるで行ったことないんだけど入れてもらえるのか?
とりあえず短編集1冊買って読んでみることにします〜。

oyuoyu 2013/02/28 04:33 私は「キリコ」で木葉氏のファンになり、木葉功一氏のコミックスを毎週どれか一冊は読み返すぐらい好きなのですが、あまりにも作品数が少なく、もっと作品をたくさん読みたいのになぜこうも打ち切られるのだろうと夜中に考えて検索していた所ここにたどり付きました。しかも記事の日付が新しいので、これも何かのご縁と思い書き込ませて頂きます。
木葉氏の1コマで訴える情報量がシチュエーション、キャラの心情や伏線や伏線回収など多すぎて、何度読んでも心に訴える物があります。モノクロで描かれているはずなのに画面の向うに鮮やかなカラーが見えます。
どうかこの奇才で鬼才の異才が世に認められる日を願ってやみません。
滅多にない才能が世の中で認められず打ち切りになる残念さ、本当に惜しいと思います。

globalheadglobalhead 2013/02/28 14:24 こんにちは、コメントありがとうございます。自分も最初に読んだのは「キリコ」でしたね。oyuさんのように何度も読み返しましたよ。木葉氏の作品は、そこに登場する異様な情念をたぎらせたキャラクター造形もさることながら、どこか現実の境界線を越えた呪術的・神話的な世界が見え隠れしているんですよね。こういった部分が、ありていのバイオレンスドラマの枠にとどまらない木葉氏ならではの作品世界を成り立たせているのだと思います。こういった非凡な個性は日本のコミック界を見渡してもあまり存在しないのではないでしょうか。こういった部分がなかなか受け入れられないというのことは確かにとてももどかしいですね。またいつか木葉氏の新たな作品に出会いたいものです。

jkjk 2013/02/28 17:24 アマゾンからのお知らせで『無限の住人』最終巻が出たのを知り、一緒に注文した『ペアゲルター』も届きこれから読むトコです。『無限の住人』生きてるウチに完結してくれてヨカッタ!買い続けてヨカッタ! 沙村センセの短編も捻くれた物語揃いで大好きです。木葉センセの作品はデビュー作のJAGUAをアフタヌーン誌で読んで散文的というか独特なリズムで不思議な読後感を憶えていたので、その後に始まった『キリコ』での凄惨な物語に度肝を抜かれました。理詰めで伏線を回収してキレイに終わる物語ではなく独特のグルーブ感で疾走する作品は定期刊行誌より描き下ろしなどで一気に読みたいところですが、なかなかに難しいんでしょうかねー

globalheadglobalhead 2013/02/28 23:14 おおjkさんも無限の住人読者でしたか。やっぱりみんな読んでるんだなあ。無限の住人だけに読者も無限ってことでしょうか(とりあえずたいした面白くないオヤジギャグ)。
これはまずます漫喫行かねば…。
木場さんのコミックも読んでるとは思いませんでした。しかもキリコは結構前に作品なのによく覚えてましたね。キバツだったからかなあ(そして畳み掛けるオヤジギャグ)。

あんなんあんなん 2018/02/12 03:26 アッパーズかモーニング系の雑誌に連載されて、途中打ち切りになった木葉功一の作品名ご存知の方いらっしゃいますか?内容はほぼ覚えてませんが、美しい拳銃が出てきます。多分装飾したバントラインだったような気がします。作品名さえ分かれば単行本化されてなくとも、バックナンバー捜すとか何とかなりそうなきがして…

globalheadglobalhead 2018/02/12 03:47 マリオガンじゃないですかね。この作品だったら単行本化されています。