Hatena::ブログ(Diary)

香港電影迷宮+blog このページをアンテナに追加 Twitter

3000-01-01(Wed)

[] 公開中&これから公開の中華電影(主に東京地区

  • 00/00《走出塵埃》(底辺から走り出せ)(謝曉東:監督)
  • 00/00《小孩》(于瑋珊:監督)ココロヲ・動かす・映画社 ◯配給


hasehase 2015/02/09 08:27 ありがとうございます。

hkclhkcl 2015/02/12 01:01 忙しくて忘れてしまうので、自分の為ですから。

2017-08-01(Tue)

《光陰的故事・台灣新電影》

[][]《光陰的故事・台灣新電影》(台灣新電影(ニューシネマ)の時代

侯孝賢蔡明亮賈樟柯是枝裕和アピチャッポン・ウィーラセタクン黒澤清 謝慶鈴:監督 2014年


1990年代、台湾映画界に起こった新しい潮流「台湾ニューシネマ」の足跡や影響を様々な映画人へのインタビューから探っていく。


2017.08.01@ユジク阿佐ヶ谷


■□17年に見た映画一覧□■

2017-05-07(Sun)

《青梅竹馬》

[][]《青梅竹馬》(台北ストーリー)

侯孝賢、蔡琴、呉念眞、柯一正 楊徳昌エドワード・ヤン):監督 1985年

マンションの部屋を見に来た阿隆(侯孝賢)と阿貞(蔡琴)。阿貞は家具の配置を考えて盛んに意見を言うが、阿隆は乗り気がしない様子。「内装にお金がかかりそうだ」という阿隆に阿貞は「昇進するから大丈夫」という。阿隆にはアメリカに移住した姉がいるが、自分は家業を継いで迪化街で布地問屋を営んでいる。阿貞は実家を出て不動産会社に勤めるキャリアウーマンだ。2人は幼馴染。


うまくいっているようないっていないような2人の関係。阿隆はアメリカにいる姉夫婦を訪ねて台北に戻ってきたところで、成功している義兄を頼ってアメリカに行くという選択肢もあるとは考えているが、あまり積極的ではない。阿貞は同僚の妻子ある男性との関係が曖昧な様子。阿貞の父は商売がうまくいっていない。妹にも少々問題が。話が進んで行くに従ってだんだんと2人の事情が明らかになっていく。


途中、阿貞が友人たちに阿隆を紹介する場面。阿貞の友人の男性たちは会社員で、名刺を持ち歩き、人に会えば名刺を出して挨拶する。阿隆の職業を聞いて「紡績業だろう」というが、阿隆は「違う、布地を売ってるんだ」という。阿隆は古い体制に属していて、阿貞は新しい世界観の中にいる。2人の帰属する社会が違うことがはっきり分かる場面だ。

この新旧の対比は映画全般を貫いて描かれていく。阿貞と元上司の女性のドライな関係、阿隆と元リトルリーグのチームメイトや阿貞の父のウエットな関係。印象的な富士フィルムを始めとするNECやソニーの日系企業のネオンサインと、迪化街の建物。阿貞の今の住まいと実家の佇まい。ディスコカラオケスナック。というように街の景色も新旧の対比が描かれている。

幼馴染(青梅竹馬は中国語で幼馴染の意味)の2人は、変わりゆく台北の新旧の象徴で、まさに台北の物語(台北ストーリー)なのだ。阿隆と阿貞の父が酒を飲んで酔っ払っているシークエンスで、車のライトに照らされる迪化街の建物が儚くもあり美しく心に残る。

2017.05.07@ユーロスペース


■□17年に見た映画一覧□■

2017-04-25(Tue)

[][]《葉問3》(イップ・マン 継承)

甄子丹、張晉、熊黛林、譚耀文、呉千語、鄭則仕、梁家仁、張繼聰、陳國坤、邁克・泰森 葉偉信:監督 2015年


2017.04.25&05.02@新宿武蔵野館

2017-04-22(Sat)

[][]《作為雨水:表象及意志》(表象及び意思としての雨)

陳梓桓:監督 2014年


2017.04.20@テアトル新宿日本香港インディペンデント映画祭)

■□17年に見た映画一覧□■

2017-04-21(Fri)

[][]《遺棄》

鄭敬基、薛立賢 麥志恆:監督


2017.04.20@テアトル新宿日本香港インディペンデント映画祭)

■□17年に見た映画一覧□■

2017-04-20(Thu)

[][]《九月二十八日・晴》(九月二十八日・晴れ)

張同祖 應亮:監督


元校長だった父(張同祖)は、連れ合いが亡くなり、子供達も巣立って今は一人暮らしだ。老いを感じて、高齢者住宅に住むことにした。そんな父の元を結婚した末の娘が訪ねてくる。


2017.04.20@テアトル新宿日本香港インディペンデント映画祭)

■□17年に見た映画一覧□■

2017-04-18(Tue)

[][]《哭喪女》(哭き女)

衛詩雅、湯怡、柳俊江、Hana Mitsu、高翰文、梁榮忠、陳家樂 許雅舒:監督 2013年


2017.04.18@テアトル新宿日本香港インディペンデント映画祭)

■□17年に見た映画一覧□■

2017-04-16(Sun)

[][]《憂憂愁愁的走了》(憂いを帯びた人々)

余文樂、 何華超、 郭慧、登勤 崔允信:監督 2001年


2017.04.16@テアトル新宿日本香港インディペンデント映画祭)

■□17年に見た映画一覧□■

2017-04-15(Sat)

[][]《亂世備忘》

陳梓桓:監督


2017.04.15@テアトル新宿日本香港インディペンデント映画祭)

■□17年に見た映画一覧□■