北斗柄の占いについて思うこと このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

北斗七星夜柄長 破軍廻剱曳光芒
悠々法界無窮命 小我帰天満十方
Hokuto.logo

  Office HOKUTO の「占いについて思うこと」から移行
  紫微斗数って占い知ってます?

菅原光雲御宗家が「はてな」さんに削除要請を出したみたいです。(2005-05-26)
御宗家の主張が世間で通用するものなられっきとした刑事事件なんだからケーサツ行くべきでしょう。

バカバカバカのコメントを残した菅原光雲御宗家がやったコメント荒らしの足跡とか
2003-11-102004-04-072004-10-082005-04-102005-04-172005-05-152005-07-04
2005-07-132005-07-14
見て楽しいものでもないですが、光雲御宗家はこういうことをする御仁です。

2100-12-31 当面、これは出しておきますか

[]パクリ本についての注意喚起 パクリ本についての注意喚起を含むブックマーク パクリ本についての注意喚起のブックマークコメント

以前からネットで配布されていた椎羅さんの『紫微斗数入門』を盗用した本が出版されてしまいました。そんな本よりは無料で入手できるオリジナルを読みましょう。椎羅のホームページ紫微斗数入門エントリから紫微斗数入門』がダウンロードできます。落丁があったのが発見されて訂正版が出てます

パクリ本の著者である中島多加仁氏の文章とオリジナルである紫微斗数入門』の文章の比較をやってみた結果が以下です。パクリ本の著者は、この件以外でもパクリやってくれてます

[]そういえば(2011/06/11追記) そういえば(2011/06/11追記)を含むブックマーク そういえば(2011/06/11追記)のブックマークコメント

当の中島多加仁さんが、最近のブログのエントリで、こんなことを書いてました。

罪を犯してしま人間も、
幼少期や青年期の家庭環境や、
その後の生活や社会環境によって影響を受けて、
積み重なっていって悪縁となり、
ついには悪心を生じ、罪を犯してしまうのです。

ああ、そうですか、椎羅さんのドキュメント盗作したのは、自分が悪いわけじゃなくて、『幼少期や青年期の家庭環境や』、『その後の生活や社会環境』の性なわけということですか。

[]そういえば(2011/07/01追記) そういえば(2011/07/01追記)を含むブックマーク そういえば(2011/07/01追記)のブックマークコメント

中島多加仁さんて、のっぴきならなくなるまでシラを切り続ける人だったね。

20091023152048

ぽおppぽおpp 2009/11/27 18:45 お前暇人だから2ちゃんに張り付いてるみたいだよねwww北斗を動かすのは赤子の手をひねるより容易いてかwww

hokuto-heihokuto-hei 2009/11/27 21:25 こうして荒らしちゃんが来るところをみると、文字列比較の結果が一部の人にとっては、いかに不都合なものかよくわかるね。ところでなんでコメント付ける場所毎にハンドル変えるん?

jhon_kjhon_k 2011/02/24 14:39 パクリ本は良くないですね。盗作です。

葵 2015/01/03 13:19 まず、役に立つソフトをありがとうございます。
URL占いやEMail占いを、使わせてもらっています。
非常に的を得たコメントが沢山ありますので助かります。

こちらを拝見して、盗作されたとのこと非常に胸が痛みます。
実は私も盗作された事があるのです。

私は3Dモデリングをするのでメッシュの作り方などをblogで
公開していました。それを、自分で考えた、発見した、理解した、
気づいたという人が居たのです。
その人は、自分でやった行いも省みず、勝手に引用されているんだ
と思った、などと言っていました。それに関連して、私は2chで
3日3晩叩かれました。あれは私にとって精神的なトラウマです。

私はその人を尊敬していたので、何も言えず、相手の悪い部分も
指摘しませんでした。それで3日3晩叩かれることになったのです。
私がチュートリアルを公開した時に、相手が「収穫物がたまった
ので公開する」と言った時、私は嫌でした。無断転載禁止と書いた
所、「自分の公開の仕方に問題があるのにも関わらず、上から目線
の言い方しか出来ないなんて何様だろう。」と言われました。
上から目線で何様のつもりは貴様の方だ、と思いました。

 そんなこともあり、私は盗作を非常に憎んでいます。
残念ながら、そいうことに対して罪の意識が低い方が大勢いる
のは事実です。良識がないことも事実です。自分は何をしても
許されると思っているのです。でも許すべきではないと思います。

悪書を発行している会社は、悪書を発行禁止にすべきですし、
それを公開している人は、直ちに公開中止にすべきですね。
ひとの良心を自分の利欲の為に利用する人は恥ずべきです。

断固として戦う姿に、私は賞賛したいと思います。
盗作されたことに対して、心労が大きいと思いますが、
気持ちを理解している人間もいるのだと思ってください。
また、本当に役に立つ情報をありがとうございました。

hokuto-heihokuto-hei 2015/01/03 16:57 盗作の被害に逢ったのは私ではなくて椎羅さんなのです。

2016-11-25 元亨利貞から始まった話

元亨利貞  元亨利貞を含むブックマーク  元亨利貞のブックマークコメント

久世明希知さんが『元亨利貞』というエントリで、

ぼく個人は、

元亨利貞 というのは、

「四時、宇宙の、息むことのない変化・循環」

であると、ざっくり捉えております

と書いていたので、以下の様なブックマークコメントを付けた。

そうしてところ、久世さんから幾つかの疑義が提せられたので、それらにもブックマークコメントを付けた。そうしたら、幾つかの疑義ないし反問が出された。ブックマークコメントでは間に合わなくなったので、ここでまとめて返答しておくことにする。

時間順序に従って『再・元亨利貞』のエントリから

たとえば、
乾為天でいいですので、
ツイート主様のいう、
「祖霊が供物を喜んで受け取る。
占ったことには利がある」
という新しい卦辞解釈に適った、
‘原義’ による爻辞解釈
して頂けるとありがたいですが。

ですが、乾の卦辞『乾、元亨利貞』を、「乾、この卦を得た場合は、祖霊は供物を大いに受取り、占ったことについては利がある。」という解釈自然だと思います三浦國雄先生は、「祖霊は供物を大いに受取り」から「万事順調である。」という解釈を展開されています

こういった解釈で何か問題があるのでしょうか?

沢火革の五爻に、
占有
とあるのですが、
ここは、なぜ、
未貞有孚
ではないのでしょうか。

様々な理由が考えられるでしょうが、私見としてこの『占』は筮ではなく『卜』つまり亀卜骨卜の占いを言っているのではないか?ということです。『占』は字形からみて『卜』から派生した文字と推測できるからです。

なので、『筮』でこの爻を得たら、卜で占って確かめるまでもなく、戦利品としての俘虜が手に入る、という解釈になりますね。

かって、筮は植物である蓍を使って数を出して占うものであり、卜は亀等の動物を使って形を出して占うものであった、というのは近年の考古学の成果がしめす所です。

続いて、『またまた元亨利貞』のエントリ

易辞は常に、
卦画と連関していると、
考えておりますので、
‘原義だけ’ というのには
違和感があるのです。

私はこれまで、卦画を無視しろなどという発言はしたことがありません。言っていないことを言ったかのように言うのは止めて頂きたいですね。

卦画の重要性については、以前のエントリで語ったことがあります

ついでに言っておけば、私も実占家として書いているつもりです。でなければ、こんなエントリは立てなかった。

kuz-akichikuz-akichi 2016/11/25 18:56 北斗柄 様
早々のお返事に感謝します。
少し論点のズレた回答もあるように
思いますが、キチンと回答していただいて、
易に対する ‘誠意’ を感じます。
もう細かいことは言いません。
易はお化けのように
‘変幻自在’ なのが面白いですし、
また厄介なところですね。
では失礼します。・・久世明希知

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hokuto-hei/20161125

2016-11-19 雑記

占術夜話  占術夜話を含むブックマーク  占術夜話のブックマークコメント

冬コミ当選して『占術夜話』が出ることになった。今回は『いまさら聞けない均時差の話』で1本書いた。明日の日曜から1週間くらい予定が色々入っているので早めにしあげた。いまさら聞けないなんてタイトルを付けたわけだけど、実際のところは他人説明できるようになるのに結構時間がかかった。

というのが、赤道黄道の交差によって、日々日の出入りの位置が変わるのだけれども、それが近時差に影響を与えるということをちゃんと理解するのに、結構時間がかかったわけだ。

それと地球の公転速度の変化とか、赤道黄道の交差が直接に影響を与えるのが、真太陽日の時間変化量なので、実際に何分遅れとかを出すには積分必要だったというのも、理解に少々時間がかかった。

告知  告知を含むブックマーク  告知のブックマークコメント

11月23日勤労感謝の日から浦安魔女☆Maisonさんで六壬の作盤法の講義を始めます。六壬講義としては2回目ですが、1回目は六壬を使っていた陰陽師とは、どういう存在だったのかが中心だったので、六壬の本格的な講義としては実質1回目です。

興味のある方は、席の空きを含めて魔女☆Maisonさんに問い合わせて下さい。

PCが壊れました  PCが壊れましたを含むブックマーク  PCが壊れましたのブックマークコメント

メインマシンがずっと不調だったのですが、遂にまともに起動しまくなって、予備のXPマシンを引っ張り出すことになりました。メインマシンを立てなおすまで、色々あると思いますが御免なさい

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hokuto-hei/20161119

2016-10-25 星占い手帳

星占い手帳  星占い手帳を含むブックマーク  星占い手帳のブックマークコメント

すばる書房から月刊刊行された雑誌の一つに『星占い手帳』があった。私が大学4年の12月に1月号が創刊されて、1ヶ月空いた2月から毎月出るようになった。しかし版元の『すばる書房』が昭和54年8月倒産することになったためだろう、第5号の6月号で唐突に終了してしまった不運な雑誌だった。

内容はかなり充実していて、安西輝晃先生占星術の講義は割と読み応えがあったし、第4号からは1ヶ月のエフェメリスが巻末辺りに載せられているという本格的な占星術の普及を目指すという姿勢が頼もしい存在だった。個人的には、もっと続いていたら『エルフィン』とか“My Birthday”の出番はなかったんじゃないかと思っている。

星占い手帳』に触発された私は実現はしなかったけど、手相研究会でも本格的に研究発表会とかやってみるべきじゃないかと考えたことがある。

ちょっと驚いたのが、浅野八郎先生が『世界占い』というコラムを連載されていて、その記念すべき第1回がなんと『ジオマンシー』だったことだ。

なお本格的な占星術講座を連載されていた安西先生の『愛の占星術』は、ケンちゃん先生の奥様が占いの世界に入って来る切っ掛けとなった本だそうだ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hokuto-hei/20161025

2016-10-20 風水的にはこれはないだろ

電通本社ビル  電通本社ビルを含むブックマーク  電通本社ビルのブックマークコメント

twitterを眺めていたら、電通本社ビルと思しき写真があがっていて、そのあまりのエッジの利いた形状にちょっと総毛立った。


西側から見た電通本社ビル

Wikimedia Commonsより

ぱっと見の印象は中華包丁だった。どう考えても風水的に凶な形だ。今、習っている風水では、こういう見た目の印象もかなり考慮する。もっとも他の流派でもこの形を見たら、敷地を目一杯に使いたいとしてもこの形状はないだろう、という判断になると思う。そういう形状だ。大阪大同生命本社ビルも、わざわざこんな形にしなくても、という形をしているけど、まだ対策はあると思う。しかしこの形は建て直す以外の方法を思いつかない。

電通最近不祥事が多いので、この本社ビル竣工した2002以降の不祥事をそれ以前と比べてみようとWikipedia検索してみた。詳しくは『電通#事件・不祥事・疑惑-Wikipedia』に譲るけれども、2002年以降に、

7件の事件不祥事があり、『パナマ文書から電通租税回避を行っていたのではないかという疑惑もある。

一方、2001年以前はというと『電通事件*1のみということで、Wikipedia情報はいえ、極端に差があることが判る。これはやはり風水が効いているということではないだろうか。

それとこの中華包丁の刃の向かう先もかなりの影響を受けていると思う。

*1:これはこれで大きな事件ではあった。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hokuto-hei/20161020
2003 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2100 | 12 |

Creative Commons License
This work is licensed under a Creative Commons Attribution-Share Alike 3.0 License.