漂流日誌 このページをアンテナに追加 RSSフィード

■■■入れ替わり立ち替わり書いてます■■■
MAILHOME月間予定表2004年9月までの日誌

2018-07-16(月) 雨のち曇り

[][]チュートリアルチュートリアル チュートリアルのチュートリアルを含むブックマーク

7月11日の日誌で相馬さんが触れてくれた「子ども用の訪問フリースペースチュートリアル」を細々と作成中なんですが、1から物を作るのが苦手なので苦戦しています。今はまだイメージしか出来ていません。書きたい文章や載せたい文章はあるんだけどなぁ。如何せんこれまで模写しかしてこなかったので、オリジナルの絵も描けない。困ったなぁ。

そもそもチュートリアルも冊子も作ったこともないし。私、ワードしか使えないし。ということなので、子どもチュートリアルに載せるイラスト意見、そしてアイディアをくれる仲間を募集します。皆様よろしくお願いします。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hyouryu/20180716

2018-07-15(日) 大雨のち晴れ

[][]三連勤 三連勤を含むブックマーク

三連休ってなんですか? 土曜日訪問今日サンデースクール、そして月曜も訪問ですけど。働いてます

サンデースクールには見学の子ふたりごはんを食べて、宿題をして、ボードゲームをしてと満喫して帰っていった。継続利用になるといいな。

サッカーW杯決勝戦らしい白熱したゲームでした。おもしろかった。今年はずいぶん熱心に見たな。熱の冷めないうちにコンサドーレ試合観戦も行ってみようか。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hyouryu/20180715

2018-07-14(土) 晴れ

[][]おたる水族館 おたる水族館を含むブックマーク

児童デイの仕事で、みんなでおたる水族館に行ってきました。9時集合ですぐに出発し、地下鉄JRバスと乗り継ぎ、一階部分を見てから水族館でお昼を食べ、タッチプールで少し遊んだらすぐ帰りのバス時間に。移動に時間がかかるので仕方がないことなんだけど、漂流で行くとしたらもう少し時間の調整が必要だなと思いました。オオサンショウウオも見なかった。

暑い日に出歩くと倍疲れます。帰ってきて横になったら次の日の朝になってました。体力をつけなければ。

みっしーまみっしーま 2018/07/15 21:53 オオサンショウウオと言えば、どうしても身内すずえの白いオオサンショウウオを思い出します。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hyouryu/20180714

2018-07-13(金) 雨のち曇りのち晴れ

[][]キャップを投げつつ キャップを投げつつを含むブックマーク

最近の朝の日課ベランダ菜園についたアブラムシを潰すこと。毎日あまたの命を奪っております。今朝はヨトウムシまで出やがった。鳥の餌になれ。

■いろいろやってみたいことが増えて、それは忙しくなってきたということですよ。ひとつのことに注力するためには、複数プログラムを同時に走らせないとうまくいかない。そういう個体らしい。でも、あんまり手を広げると失敗するので、一番どうでもよさそうなものペットボトルキャップ投げに取り組んでいます。これがやってみるとおもしろい。はやらせたい。

D

ほかにもいろいろ楽しそうなグッズを発見してしまった。体育館遊んだら楽しそうなやつ。札幌市補助金用途変更しようかな。

■今さらながら、貴戸理恵不登校は終わらない』を読み始めた。この本が出たのが2004年教育機会確保法ができ、クラスジャパンのような団体自治体がタッグを組み出したいま、2000年代までの不登校事情を押さえておこうと思った。というのは後づけで、なんだか急に読みたくなったからというのが正解。でも、背景にはそんな心理がはたらいているような気がする。片手にキャップ、片手に本。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hyouryu/20180713

2018-07-12(木) 晴れ

[][]教育機会確保法の見直しを巡って 教育機会確保法の見直しを巡ってを含むブックマーク

■毎週木曜日味噌汁デイ。いつも持ってくる鰹節を忘れて、漂着にある魚粉と昆布コンビニで買ったナメコを使って作ったよ。そして、長年お世話になった無線ルーター寿命を迎えた木曜日です。なむなむ。

■さて、ほぼ一週間前になりますが、7/7土曜日に「多様な学び保障法を実現する会」の総会とイベントがあったので、東京に行ってきました。「普通教育機会確保法の見直し来年に控え「現場から見える変化と今後の課題」というタイトルで現状について話そうというイベントでした。今回は「普通」というところを随分強調していたのが不思議でしたが、帰ってきてから相馬と話したら「夜間中学はそこを推している」との由。そこを意識してのことでしょうか。

■確保法成立後の公民連携の成果や変化として、千葉県でのフリースクール議連結成や横浜公設民営フリースクールの開設、各地のフリースクール行政協議会の動きなどを主催者側は報告していました。ただ、報告後のシンポジウムで登壇した人たちからは、未だに確保法についての認知度が低いことや問題行動ではないと変化するはずの不登校認識が変わっていないことなどが報告され、主催者側が提起する課題はこのあたりの話になっていました。ちょっと面白かったのは、シンポジウムの中で横浜シュタイナー学園の人が、従来のフリースクールを「独立フリースクール」と呼び、学校復帰を目指すようなフリースクールを「支援フリースクール」と分けて話していたことです。「フリースクール」という言葉の中身がはっきりしないのに区分してどうするのだろうと思います。

■こうした報告を通じて全体として主催者側が訴えていたことは、未だにフリースクール公的に認められることと言えるでしょう。フリースクールへの経済的支援を求めることからスタートした教育機会確保法ですが、目指すものが成立途中で変わってしまい、法律ができてもまだ経済的支援を求める活動を続けています。法律の周知徹底とフリースクール認知を高める活動も、最終的にはそこに行きつくためのもので、そのための方便としての認知度アップを求め続けているわけです。理念法として制定されたからどう活用するかを考えねばならないというのはこの法律を推進している人から良く聞く論ですが、活用即ち経済的支援を受けることのできる活動を形にするために理念があるとも言えます。しかし、この法律の周知徹底や認知度を高める行為は、自縄自縛に陥る危険性をはらんでいます。

■「不登校をしている児童生徒の社会的自立を支援する」という理念法律として定めたおかげで、まずこの法律はほとんど不登校児童生徒に関する法律ということになってしまいました(他に夜間中学を使う人も入ります)。この法律適用されるのは、教育機会を学校では確保できない/できなかった人ということであり、自らが望む教育実践しようとする人や団体適用されるかといえば微妙です。また、「社会的自立」や「支援」の中身を定義は、法律を望んだ当事者であるフリースクールの手を離れ、行政機関やこの法律を背景に仕事をしたい営利企業団体など、誰もが考えてよいことになりました。これは法律である以上当然とも言えますが、最大公約数的に「社会的自立」「支援」を語ることが出来さえすれば、良いことになったとも言えます。この二点は、マイノリティ権利を扱ってきたフリースクールとしては致命的とも言えるのではないでしょうか。フリースクールが出会ってきたマイノリティの人々は「学校に行っていない/行っていなかった人」という括りだけでしょうか。そして、最大公約数的な社会的自立」や「支援」とはとりもなおさずマジョリティとしての視点からなされるものであり、そうした言葉に疑問を持ち新たな形を模索してきたのがフリースクール実践なのではなかったでしょうか。

■とはいえ、法律存在否定するわけにもいきません。見直しをするならば、かなり時間的・労力的にきついとは思いますが、フリースクールやその周辺に代表される日本における教育マイノリティ俯瞰して、経済的支援可能にする教育機関定義を行い、経済的支援努力目標から義務格上げさせることが、個人的には必要だと思います。しかしこの定義を決めることは、現在フリースクールや夜間中学、外国人学校シュタイナーサドベリーなどの教育理念に基づいた多様な学校存在を崩すことになりかねないでしょう。現状の法律賛成推進派の立場では、上のように「独立型」「支援型」のような話をするのでいっぱいいっぱいです。しかしそれでもこれをやらなければ、法律を利用してクラスジャパンIT企業のような、不登校児童生徒の学校復帰を目指そうとする営利性格が強い団体が更に台頭してくることでしょう。これは何としても避けたい。

通信や日誌でも批判的に取り上げてきた、新たな不登校に絡む団体の一連の動きについては、総会の中では変化としても課題としても触れられることはありませんでした。主催者側は自分たち方針に沿った動きだけを見て、その他の動きは小さなものとして考えているようでした。シンポジウム後のグループトークで、主催者側の人にこの話を振っても、「東京にいるとまったく感じない」とか「法律をどのように活用するかを考える方が大事」という反応でしたし、他の人もそれについては語ろうとしない姿勢が目立ちました。自分たち以外がフリースクールとして認められることを一切考えていない法律推進派の状況には危惧を感じています。

漂流教室としては生活困窮者自立支援制度に基づく学習支援事業を通して子供貧困問題にも関わってきていますし、昔から医療福祉との関わりも強く持ってきました。全国のフリースクールでもそうした実践はあるというのに、何故この法律の話になると文部科学省マターだけになるのか。自分たち自身のやってきたことを、もっと広く捉えてもいいと思います。外部評価の話も良く出てきますが、文部科学省的な観点だけではなく、医療福祉貧困対策生涯学習地域振興等の観点から総合的に捉えてもらう尺度を作るのはどうでしょうかね。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hyouryu/20180712

2018-07-11(水) 晴れのち曇り

[][]それだけの話の前 それだけの話の前を含むブックマーク

■そういや日曜の旭川行きで石狩川を何度か横断したのだが、どこも川岸が大きく削られたり泥につかったりで大変なありさまだった。ここひと月は晴れた日の方が少ないくらいで、いつまでも気温が上がらない。今月頭には石狩川が氾濫、住宅浸水農作物にも被害が出た。中国四国地方洪水被害はいまだ全容が明らかにならず、さらにこれから台風シーズンが来る。歴史の授業で享保の大飢饉天保の大飢饉なんて聞いたときは遠い国のできごとのように思っていたが、こんな感じだったのかもしれない。

■一昨日の茂木さんの日誌はおもしろい。共通趣味に頼るのと、共通趣味をつくるのは別だと俺は思っている。訪問を始めたばかりの不安な時期は、つい共通話題趣味にすがろうとする。それはあまりよろしくない。「数週間はその話題で盛り上がる。でも話題が尽きたその後は?」となるのはこのパターンだ。

■なんとなく過ごしているうちに共通話題が出てきて盛り上がる。このパターンはうまく転がる。「やることがない」状態に怯えないですむからだ。このあたりが面倒なところで、一度「ちょっと難しく考え過ぎていた」時期を経ないと「ただそれだけの話」にたどり着かない。しかし、それにしても気づくの早いな。

■ところで「訪問チュートリアル」というのがいい。確かに子供向けの訪問フリースペースチュートリアルはあった方がいいよね。きっと茂木さんがつくる、ような気がする。

2018-07-10(火)

[][]久しぶり 久しぶりを含むブックマーク

■皆さんこんにちはボラスタの山川です。雨ですねテンションが下がります。

最近久しぶりに携帯ゲームにドハマりしました。PUBGというゲームをずっとやっています。なんと説明しようか、戦争ゲーム?みたいな感じです。最後の一人になるまで勝ち残るゲームです。あまりゲーム自体ハマることが少ない僕ですが、久々にハマりました。でも好き嫌い分かれるゲームだと思います。「戦わなければ生き残れない。」訳なんです。

■全く関係ないのですが、「逆光」とか「国境」って言いづらいですよね。ではまた。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hyouryu/20180710

2018-07-09(月) 曇り

[][]過半数 過半数を含むブックマーク

■ついにSwitchを持っている訪問先が過半数を超えました。と言っても今訪問してるお家は3件ですが。これはついに私もSwitchを買うべき時が来たのかと武者震いしています。なんのソフトを買おうかな。いきなりゼルダは難しいかな。

8月に私と訪問の子が好きなアニメ映画があります夏休み中なので、訪問を数週間分を使って昼間に映画を観に行こうと作戦中です。映画を観た後、あれこれ感想をいう時間もとって、たっぷり3時間訪問4年目になるはずなんだけど、そんな使い方が出来るなんて知らなかった! そういえば訪問チュートリアルすっ飛ばしたかも! と言っていました。

■色々な事に臆病になって、訪問先と共通趣味を作るのは怖いと思った時期がありました。お互いが、その共通の話をしなくちゃと思って、訪問中は共通話題しか出来なくなってしまう気がして。例えばバイクという共通趣味で知り合った2人がバイクツーリングに行く以外で遊ぶのは難しい、みたいに。しかも、訪問という、あまりお互いの事を知らない状況で出会った2人がたまたま見つけた共通点。数週間はその話題で盛り上がる。でも話題が尽きたその後は?

■と、悩んでいた時期もありました。しかし、今考えるとちょっと難しく考え過ぎていた気もしないでもない。私が、その子が好きなアニメが、たまたまお互い好きな事を知った。ただそれだけの話だったのかもと思い始めてます

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hyouryu/20180709

2018-07-08(日) 晴れ

[][]太陽がまぶしくて 太陽がまぶしくてを含むブックマーク

■前から旭川不登校カフェには行くつもりだった。高速バスで往復することにして、道中に読む本を鞄に詰め、マンション玄関を出たら太陽あんまりまぶしかった。

■そういや20代のころはよく車で旭川まで行った。しか一般道で。窓を開けて田舎道を走った。気づいたら車のドアを開けていた。決めた。運転していこう。275号線から新十津川で12号線に入る。できれば真心ブラザーズスチャダラパーCDがあるとよかったけれど、急に思い立ったし仕方ない。ここで取りに戻ったら、きっとまた気が変わる。

■ひさしぶりの下道での旭川行きは楽しかった。275号線は好きな道だし(ただし夏限定。冬はお金をもらっても通りたくない)。でも、到着まで三時間もかかったのは予想外だった。二時間を切った記憶があるんだけどな。どれだけ飛ばしてたんだ、かつての俺。

旭川不登校カフェテレビゲームがあったり、高校先生による進路相談ブースがあったり、札幌とも北見とも違うカラーだった。こんな感じであちこちに広まればいい。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hyouryu/20180708

2018-07-07(土) 曇り

[][]続く毎週 続く毎週を含むブックマーク

訪問中、スイッチで撮ったプレイ動画を延々見せてくれるだけだった子が、ある日いきなりこれからボス戦ですと言って、私のすぐ横でボスを倒し、2週目のストーリーを進めはじめ、いつしか一緒にコントローラーを持つようになりました。

■私は人前でゲームプレイすると少しだけ緊張します。自分テクニックに自信がないのと、どう思われるか気になってしまう。下手くそだなー無駄な動きしてるなーとか思われるような気がして嫌なのです。この人さっきから何やってるの?と思われたくない。何年か前、姉と2人でパズドラというゲームで遊んでいた時も「緊張するから見るのやめて!」と言っていました。今は大丈夫ですが。

■私がそうだったので、訪問の子のこの変化は思うところがありました。訪問先の色々な変化にいちいち理由付けをするつもりはありませんが、毎週ゲームをしている横に私がいる事がその子の当たり前になってきている横で私は今週も一緒にゲームをしているという事です。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hyouryu/20180707
2004 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 |