イチニクス遊覧日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

0000 | 00 | 01 |
2001 | 01 | 02 | 08 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 11 | 12 |
  □これまでの日記一覧

2006-04-04

[] ブッチーメリー/The ピーズ1989-1997 SELECTION SIDE B

5月のライブに向けて、とりあえずこれまでのアルバムは買い集めようと思っているのだけど、まずは中古で見つけたこれを。

ブッチーメリー The ピーズ1989-1997 SELECTION SIDE B

ブッチーメリー The ピーズ1989-1997 SELECTION SIDE B

活動休止中にリリースされた、編集盤の片われだそうです。

いやもう、だけどこうしてまだ聞いたことのない曲を聴いても、軒並みグッとくるのはなんでなんだろーな。「リハビリ中断」はすぐにでも買いたい。ここでは、アルバム収録されてないっぽい曲についてのみ感想を。

肉のうた(スタジオセッション)

これから焼き肉行くたんびにこの曲思い浮かべるだろうなと思います。くいたくねーよ、といいつつ、肉くう! と歌うのがいいです。くう!

恋は水色(シングル「やりっぱなしでサイナラだByeBye」より)

あのポール・モーリア「恋は水色」のカバー。

そんなきれいな話の後ろで猛獣のごとく叫んでる。はじめてこの曲を好きだと思った。「恋は水色」といえば高校のとき部活の合宿所に使ってたとこで朝の音楽として流れてて、朝から辛気くさい曲だなぁと思ってた、そんなイメージだった。あと村上春樹の小説の中、ドルフィンホテルの廊下で流れてたのもこれだったような。

どっかにいこー(1992/LIVE AT ON AIR)

泣ける。あーあ。だめだなぁ。あーあ。この曲ひとつでながーーい物語が書けそうだ。だれも読みたくないような、だめな話。でもほんとの話。

ずっと待ってんだ/けっこー前から/好きなんだ/2人で/どっかにいこー

これを最後に繰り返すとこの「待ってんだ」で声が裏返るのがいい。ピーズには珍しい(ような気がする)スローテンポの曲も切なくて、この酔っぱらってだだこねてるみたいな、もたついて穴に沈んでく感じが大好きです。「好きなんだ」ってシンプルに言葉になってんのも、はっとする。

[] 今日は風の強い日

どこにあるかわからない桜の木からも花びらが舞ってくるほどの強い風。花見をする間もなく、桜は散ってしまいそう。今年は毎日通る道の桜(画像)だけだなぁ。毎年見てる桜並木にも行けず仕舞い。

でも今月末には弘前へ桜見にいく予定だからそれまで仕事がんばる。と思っていたのだけど、昨日も仕事、今日も終電間近で帰宅して、正直なところ、ありえないよね…という気分が拭えない。

もっと映画みたり本読んだり漫画読んだりゲームしたりゆっくりご飯食べたり酒飲んだりしたい!

なんて日記に書いたりするくらいがささやかなあれです。王様の耳は云々てやつです。王様ってのは私の中の「良い子であろうとする子」な部分です。

f:id:ichinics:20060404020854j:image

[][] 真夜中の弥次さん喜多さん

監督:宮藤官九郎

結構前ですけど、映画が公開されてから原作の漫画を読んで、こりゃすごいなぁ…と思ったんですけど、ほぼそのまんまの勢いの映画だった。

こういうのサイケデリックとかもう言わないんでしょうか。言わないかしら。でもとにかく酩酊感覚。

原作でもあった、いろいろな宿の中から幾つかピックアップして、旅が続いていく感じはとても面白かったのだけども、喜多さんの過去シーンとか入れて「説明」してしまうんだったら、弥次さんにもそれを期待してしまうとこなんですが、彼が何故、喜多さんを、というとこがまったくわからないのでして、いえ、その気持ちの強さはわかるのですけど、何故? というのは、残るよなと思った。

が、それでもあの映像感覚というか、イメージは面白かった。だからむしろ「説明」はしない方が良かったんじゃないのかと思った。

で、何故これを見たかといえばザゼンです。目当てがずれててすみません。でも良かったわ。サントラも買おうと思いました。しかも出演してるし。

 キーワード画面が!

変わってるんですが、これ今日からなんでしょうか?

うーん、とりあえず商品のキーワードページは前のが良かったなぁ。古い日付けの言及日記が読みづらくなった。感想書いてから言及日記を読みあさるのが楽しみだったのに…。せめて一括表示してくれるリンクとかあればいいのになぁ。こういうときにアイディア使えばいいのかな。

ichinicsichinics 2006/04/24 03:01 カゴメさん、はじめまして。弥次喜多はいろんな意味で酩酊映画でしたよね(笑)ところで、せっかくいただいたTBがどうも受け取れていないようです。たしかはてなは文中リンクがないと受け取れない設定になっていたような…。申し訳ないです。もしよろしければ、コメント欄にアドレス下さると嬉しいです(文中リンクはご面倒でしょうし)。