Hatena::ブログ(Diary)

風のとおり道

2016-10-19

海の家

f:id:kaze-michi:20161019172316j:image:w360

夏の終わりの一枚。

Blue Moon Hayamaからみた

海と富士山。


しばらくブログをお休みしています。

いつもみにきてくださる方、ありがとう。

今日たまたまみにきてくれたあなたにも、

ありがとう。

またなにかはじめるときは、おしらせしますね。

2016-07-15

鶴岡八幡宮 蓮ひらく

f:id:kaze-michi:20160720221959j:image:w300

朝早く、鶴岡八幡宮に蓮をみに。

地元の人は、はちまんさまと呼んでいる。

段葛(だんかずら)は鎌倉駅から八幡様へ向かう

長い桜並木のことで、この春に植替わったばかり。

大きくなるのだから、

木と木の間をもう少し広くしてほしかったなあ。

ごめんね、窮屈だね。


だれもいない段葛なんて、初めて。



f:id:kaze-michi:20160721122621j:image:w360

先日閉館した、神奈川県立近代美術館。

この一階にあったカフェは、

緑と源平池を見渡せてとても居心地がよかった。


あ、屋上になにかいるね。


f:id:kaze-michi:20160720221956j:image:w300

青鷺が高みの見物をしている。

置き物みたいにずうーっと動かない。


f:id:kaze-michi:20160721122622j:image:w360

源平池の蓮。

つぼみが、ふあっと開きかけているのを

もっと開くかなとしばらく眺めていた。


本宮を挟んで源氏池と平家池があって

ふたつ合わせて源平池と呼ぶのです。

片方には白、もう片方には紅と決まっていたけれど、

前に池の掃除をしてからかしら。

紅の池もほとんど白の蓮になってしまって。

三、四年前くらいの話です。


毎年蓮の写真を撮りにきている年配の女性は、

少し残念そうに教えてくれた。


f:id:kaze-michi:20160720221958j:image:w360





f:id:kaze-michi:20160721122623j:image:w360

かわいい台湾リスが、ちょこまか忙しく駆けまわっていた。


青鷺、リス、カメ、コイ、カモ、ハト、スッポン。

この日出会った鎌倉の動物たち。

2016-07-11

おそうざいとおやつ 夏

f:id:kaze-michi:20160711201847j:image:w360


暑さと、てきとうな食事。

ダブルパンチで

早くも夏ばて気味なのを打開するべく、

簡単なおそうざいをいくつか用意する。


新生姜の甘酢漬け、

ゴーヤの佃煮。

きゅうりとにんじんとハムのサラダ。

祖母のきちんと酸っぱい梅干しは必須。

ゴーヤの佃煮は、

お菓子教室していた頃の生徒さんに教えていただいたもの。

なつかしいー。

きゅうりのサラダは、

シンプルにマヨとこしょうで和えただけで、

朝パンにのせても、さわやかで元気がでそう。


おやつはウィルキンソンソーダのフルーツゼリー。

ポテトチップス、アルフォート、アイス、の

無限ループから抜け出すために作ったの。

シュワっと断ち切れるといいんだけど。

2016-07-01

材木座海岸〜妙本寺

f:id:kaze-michi:20160707214349j:image:w360

七月、夏の材木座海岸。

サーフボードも日焼けしそう。

海の家の建設がはじまっていた。




f:id:kaze-michi:20160707214351j:image:w300

鎌倉駅からすぐ、妙本寺。

のうぜんかずらが咲きほこっていた。



f:id:kaze-michi:20160707214350j:image:w360

ゆれたいの。



f:id:kaze-michi:20160707214352j:image:w360

木の内側に入って、

みあげて、

のうぜんかずらの気持ちになってみる。

2016-06-30

東慶寺 梅雨明け

f:id:kaze-michi:20160704210138j:image:w360

六月最後の日、東慶寺。


まだ美しく咲くあじさいだけをのこして、

終わりかけの花を落としていた。

自然に朽ちて色あせていく姿も風情があるので、

少しさみしい気持ちになる。


来年の花付きがよくなるんですよ、

もう下から新しい葉がどんどんでてきて。

お寺さんによっては七月一日に切ると

決めているところもあるけれど、

東慶寺では枯れたものから切るようにしています。


と、教えていただいた。



f:id:kaze-michi:20160704210137j:image:w300


緑は深く青々として、

太陽を映しただいだい色が眩しい。

ああ、夏がきたのね。