Hatena::ブログ(Diary)

フロム A

ページビュー
448044

2011-01-15

タイガーマスクといえば‥「援助する前に考えよう」?

「援助する前に考えよう」

一昨日、自分で書いていながら何なんですが、今話題の「タイガーマスク現象」と、開発教育教材「援助する前に考えよう」を、結びつけて論じるのは難しいと感じました。「援助する前に考えよう」というのは、現在、上智大学教授の田中治彦氏が作成して、開発教育協会(DEAR)から出版した教材で、私もちょっとだけお手伝いしました。
「援助」する前に考えよう―参加型開発とPLAがわかる本|教材|開発教育協会
f:id:key-chi:20110115182612j:image
タイの山岳民族の村にトレッキングで訪れたあなたは、村の小学校で看板を見つけます。そこには「おねがい。この村の学校はお金がなくて困っています。あなたの寄付があればもっと子どもたちに教材や道具を買ってあげられます。どうかあなたの10ドルをこの学校のために寄付してください。アイコ・ナカムラ」と書いてありました。あなたは10ドルを寄付しますか? という問いかけで始まるワークショップです。国際開発援助の現場では、モノやお金をあげる慈善型援助は過去のもので、参加型開発が主流であること。そこで用いられる、現地のニーズ調査の方法「PRA(参加型農村調査法)」は、私たちの社会でのまちづくりワークショップなどで用いられる「PLA(参加型学習行動法)」に繋がっていること、などなど、いろいろ体験型のアクティビティーを駆使して学びます。児童養護施設のニーズを調べることもなく、ただ善意の贈り物をする「タイガーマスク」は、まさに、このワークショップの「アイコ」に似ているというわけです。僕も最初、すぐに「援助する前に考えよう」を思い浮かべたんですが、考えてみると、ちょっと次元が違いすぎる気もしてきました。

タイガーマスクさんたち

大きな違いは「匿名性」。ただ、困っている人たちに善意の行動をするだけなら、何も匿名である必要はない。それから、一般に国際協力に於いてモノを援助したいと考える人は、かわいそうな姿(写真などの映像)を見て自分に出来ることはと考えて行動し、プレゼントをもらって喜ぶ子どもの姿(これも写真などの映像)を観て、達成感を得ています。これが、タイガーマスクさんにはありません。もっとも、マスコミは「ランドセルをもらって喜ぶ子ども」の映像を撮りたがっていることでしょう。でも、こればかりはプライバシー問題もあって、施設の人が許すわけありません。つまり、「ランドセルをタイガーマスク名で置いてくる」という行為で完結しています。もちろん、それが報道されることによって達成感は大きくなったことでしょうけれど。こういった、いかにも日本人的なメンタリティーについて、どなたか研究されたモノはあるんでしょうか?

映画「冬の小鳥」のワンシーン

一昨日も書きましたが、「冬の小鳥」という、孤児院を舞台にした韓国映画を観ました。
Nothing found for Story
この中の1シーン。贈られてきたプレゼントのいっぱい入った段ボールを開けて、玩具や人形をうれしそうに抱きしめる子どもたちの中で、主人公のジニが一人でつまらなそうにしている。スタッフが「ほら、ジニも見てごらん」と、人形の入った箱を渡す。すると、ジニは突然は箱から人形を引っ張り出すと、ものすごい勢いでクビや手や足を引きちぎり始める。さらに、小さい子どもが抱きしめている人形も奪って、凄い形相で手足を引きちぎる。衝撃的なシーンです。もちろん、ジニが乱暴な悪い子ども、という話ではありません。「プレゼントする前に、この映画を観て考えよう」というのがいいかもしれません。

泉麻人氏の論

今日の毎日新聞の「核心」というページに、泉麻人氏が書いています。「今回の騒動がいまのところ『美談』の方向に進んでいるのは、初代伊達直人が選んだランドセルという贈り物が良かったのだろう。程よく質素な、昭和30年代テイスト漂う学習用具。この第1発信者が贈り物はランドセル、と決めたことによって、暗黙の規約のようなものが出来上がった。(中略)最初の人がいきなり金のノベ棒なんかを選んでいたら、一連のゲームはかなり違った展開を見せていたことだろう。そういう意味でこの現象、現時点ではある種の秩序が保たれているように思う」・・・という視点は新鮮。思わずうなりました。さらに、「贈る人々の多勢は、何かいいことをしたい、素朴な善意の人々、というイメージが浮かぶ。(中略)とはいえ、行為そのものは善意でも、現象全般にどことなく薄気味悪いムードが感じられることは確かだ。」と指摘しています。つまり、「キャラクター名」だけ残して姿を消すのは「日本人らしい美学とも解釈できる」が、表面的には「かい人21面相事件」と同じだということ。さらに、「いま危惧するのは、これまでの秩序が崩れて、不快な贈り物を届ける悪質模倣犯が横行するようなシナリオ。」と結んでいます。マスコミがこぞって「美談」を盛り上げているときに、こういう視点で物事を見ることができるって、やっぱり大事なことですね。プロフィールによると、泉麻人氏、僕と同い年ですね。

森井哲也森井哲也 2011/01/15 18:41 ちょっとした、いたずら感覚があると思います。
(『檸檬』にも似たような高揚感があると思う)

それと、まったくの匿名ではなく、半匿名のような
(イメージを掻きたてる)ところ。その名前を
自分でつけるところに、自分の匂いをどこかに
残したい。。。ような。

「縁の下の力持ち」ではちょっと、つまんない。
せめては、「縁の上の」とか「襖の向こうの」
ぐらいには存在感をしめしたい。。。

そんな感じではないかな?と思いました。

Q1:ジニはなぜまわりの子と反応がそれほどちがうのかな?
この場合、贈り物は成功なのか失敗なのかとわからない気が。。

Q2:アイコナカムラは本名だと思いますが、10ドル
寄付をする人は「匿名」になるしかないのでしょうか?
また、アイコナカムラはなぜ本名を名乗ったのかな?

key-chikey-chi 2011/01/17 16:41 児童養護施設にいる子どもたちのために、「今、私にできること」と考えて、何か行動しようとするなら、その方法論について議論することはできるんですよね。それが「援助する前に考えよう」のコンセプトだと思います。でも、今回の現象のほとんどは、そうじゃなくて、「サンタクロースになりたい」んですね。行動の出発点自体が異なるので、同列で議論するのは無理があると思います。DEAR的には、むしろメディアリテラシーの題材じゃないかな? ジニの話は、映画「冬の小鳥」のストーリーを説明しないとならなくなるので、これはやっぱり映画を観てからでないと・・・。

森井哲也森井哲也 2011/01/20 11:11 最近、ふと気づいたことなんですが、

似ているものを考えるときに、同じか違うか?
と考えることが、普通、多いように思うんですが、
考えてみると、細かく見るともちろんすべて「違う」
わけで、その違うものの中に「同じに見える」
ところを抽出して「似ている」と感じ、その
印象がさらに強くなると、「同じ」とまで脳が感じ
始めるんだと思います。

つまり、「似ている」というのは「違う」でも「同じ」
でもなく「似ているところもある」というのに過ぎない。

大切なのは、どこがどう「同じ」で「違う」かを
見極めて、それをどうして強調して「同じ」とか
「違う」とかを、今、自分/論者は主張しようとして
いるのかを、主張する本人やそれを聴く人が、
ある程度は意識しているのが大切なのかな。。。

難しそうですが、話し手にも聞き手にも有効だと思いました。

森井哲也森井哲也 2011/01/20 19:12 ジョギングがてらに図書館に行き、
ふと思い出したので、
斎藤さんが取り上げておられた毎日新聞(1/15)
の泉麻人(本名:朝井泉)さんの記事を読んで
きました。

「昭和30年代テイスト」とあるように、この麻人さん
の書かれるものはちょっと「レトロ」なものも多いように
思います。(たしか『東京23区物語』など)

そういえば、
懐かしい(つまり、かつてあって今はない)ものが
だんだん多くなってきました。

アニメのタイガーマスクも懐かしい。
「みつばちハッチ」とか「てんとう虫の歌」でしたか、
親を亡くした子どもたちの話が多かったように思います。

key-chikey-chi 2011/01/21 00:06 わざわざ図書館で読んでいただけるなんて・・・ありがとうございます。泉麻人氏は僕と同い年のようですから、東京オリンピックが小学校3年生の時だった、という世代です。その前後を知っている世代なので、その頃のことを今思い出して語り出すと、止まらない。・・・ので、このくらいにしておきます。

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/key-chi/20110115/1295082593