スマートフォン用の表示で見る

伊達直人

マンガ

伊達直人

だてなおと

梶原一騎原作、辻なおき作画の漫画「タイガーマスク」の主人公。

天涯孤独の身で、幼少期は孤児院の「ちびっこハウス」で育った。虎の穴での壮絶な訓練を経て、本来は悪役としてデビューするはずだった。

タイガーマスクを被り、虎の穴ミスターXから送り出される刺客を次々と倒し、そのファイトマネーを生まれ育ったちびっこハウスに寄付するという足長おじさんの役割をしていた。普段はドジでおちゃめな一面も見せていたため、タイガーマスクとは気付かれなかった。

ジャイアント馬場ミスタークエスチョンとして伊達直人とタッグを組む事もあり、話題になった。原作では、トラックに轢かれそうな子供を命と引換えに救い、「タイガーは失踪し、伊達直人は死んだ」という筋書きになっている。

伊達直人からのプレゼント

2010年のクリスマスから2011年1月にかけて、全国各地で、児童相談所などの施設にランドセル等の文房具やおもちゃがプレゼントされるケースが頻発した。差出人は最初が「伊達直人」であったためそのフォロアーも多くが「伊達直人」を名乗っていた。

関西では「もうそろそろ俺の出番かな」という書き置きとともに、矢吹丈を名乗る人物からランドセルが児童相談所にプレゼントされている。

2012年12月11日、北海道岩見沢市市役所に「伊達直人」と名乗るタイガーマスクの覆面を被った男性が表れ、現金10万円を寄付。

その他の名義での寄付(2012年12月14日現在)

あしたのジョーの主人公「矢吹丈」、肝っ玉かあさんの女優「京塚昌子」、「桃太郎」、天空の城ラピュタの「ムスカを愛するVIPPER」、サクラ大戦の「大神一郎」、凶弾に倒れた長崎市長伊藤一長