スマートフォン用の表示で見る

アナザーコード 2つの記憶

ゲーム

アナザーコード 2つの記憶

あなざーこーどふたつのきおく

『さわれる推理小説』が誕生!

任天堂から発売のニンテンドーDS専用アドベンチャーゲーム

2005年2月24日発売。定価4800円(税込)。

開発はCING

タッチスクリーン、2画面、マイクなどを駆使して謎を解いていく。

アナザーコードシリーズの続編として「アナザーコード:R 記憶の扉」がある。

主人公アシュレイは、政府の秘密機関の研究所で働く父リチャードと母サヨコの間に生まれた。しかし、研究所で開発した装置“アナザー”をめぐったトラブルで、まもなくサヨコは殺され、リチャードも行方不明となる。

13歳となったアシュレイは、行方不明のはずの父から受けとった手掛かりを元に、ブラッド・エドワード島へと向かった…。

アナザー(仮称)(注:正式ページ開設につき消滅)

テレビCMにはユースケ・サンタマリアを起用。またTouch-DS.jpではミステリー作家有栖川有栖氏がこの「アナザーコード」を語っている。

ASIN

アナザーコード 2つの記憶

アナザーコード 2つの記憶