スマートフォン用の表示で見る

エンド・オブ・ザ・ワールド

キーワードの候補

2件

映画

エンド・オブ・ザ・ワールド

えんどおぶざわーるど

Seeking a Friend for the End of the World

スタッフ

  • 脚本&監督:ローリーン・スカファリア?
  • 製作:スティーヴ・ゴリン?、ジョイ・ゴーマン?、スティーヴン・M・レイルズ?、マーク・ロイバル?
  • 製作総指揮:ニコール・ブラウン?、ネイサン・カヘイン?
  • 共同製作:ケリー・コノップ?
  • 撮影:ティム・オアー?
  • 編集:ゼン・ベイカー?
  • 音楽:ロブ・シモンセン?、ジョナサン・サッドフ?

概要

地球に衝突する小惑星マチルダの破壊作戦が失敗に終わり、人類の滅亡が避けられないと判った日、保険セールスマン、ドッジの妻は何も告げずに去っていった。小惑星衝突まであと3週間。周囲の人間が酒やドラックに溺れる中、普段と変わらぬ生活を送るドッジは、隣人の奔放な女性ペニーが泣いているのを見つけ、「最後の飛行機に乗り遅れて、イギリスの両親に二度と会えなくなってしまった」と嘆く彼女と初めて言葉を交わす。 翌日ドッジはペニーから、彼女のもとに誤配達された3年分の自分宛の手紙の束を渡されるが、そのときの会話から、思いがけない事実を知ってしまう。ドッジの妻はずっと、彼が仕事に行っている間に浮気していたのだ。残酷な現実を突きつけられ、激しいショックを受けたドッジは荒れ狂い、夜の公園で自殺を図る。しかし、死ねなかった。翌朝目を覚ました彼の胸には「ソーリー(ごめんなさい)」と書かれたメモが置かれ、目の前には一匹の犬がいた。街に暴動が起き始める中、犬を連れて家に帰り、ペニーから手渡された郵便物の中から思いがけない手紙を見つける。それは、かつて心ならずも別れた最愛の人、オリヴィアからのものだった。 しかし、その時には、暴動がすぐそばまで迫っていた。ドッジはオリヴィアの手紙を持ち、彼がソーリーと名づけた犬を連れてペニーのもとへ。そして、お気に入りのレコードを持ち出したペニーと、彼女の車で脱出を図る。「知人が自家用機を持っているので、僕をオリヴィアのところまで車で送ってくれれば、君をイギリスの家族に会わせる」とペニーに持ちかけるドッジ。自分が手紙を放置していたことに罪悪感を感じたペニーは、ドッジと共にオリヴィアを探す旅に出ることを決意する……。

(公式サイトより)

*1:Rated R for language including sexual references, some drug use and brief violence.

テレビ

エンド・オブ・ザ・ワールド

えんどおぶざわーるど

スタッフ

主なキャスト

  • アーマンド・アサンテ
  • レイチェル・ウォード?
  • ブライアン・ブラウン?
  • グラント・バウラー?
  • ジャクリーン・マッケンジー?
  • ビル・ハンター?
  • アリソン・ウェッバー?
  • ティーガン・ウェッバー?
  • スティーヴ・バストーニ?

解説

59年製作の名作SFドラマ『渚にて』を、『ハイランダー』『タロス・ザ・マミー』のラッセル・マルケイ監督がリメイク

Amazon.co.jpより引用

関連商品

エンド・オブ・ザ・ワールド 完全版 [DVD]

エンド・オブ・ザ・ワールド 完全版 [DVD]

渚にて【新版】 人類最後の日 (創元SF文庫)

渚にて【新版】 人類最後の日 (創元SF文庫)

渚にて―人類最後の日 (創元SF文庫)

渚にて―人類最後の日 (創元SF文庫)