オイラト

一般

オイラト

おいらと

(Oirad、Oyirad、瓦剌)

主にモンゴル高原の西部から東トルキスタンの北部にかけて居住する民族。モンゴル国の一部になった後、モンゴル民族の一員とみなされている。オイラト人と呼ばれる人々は、15世紀から18世紀にモンゴルと並ぶモンゴル高原の有力部族連合であったオイラト族連合に属した諸部族の民族である。彼らは近代中華人民共和国モンゴル国の一部になった後、モンゴル民族の一員とみなされている。ロシア連邦ではカルムイク人と呼ばれ独立した民族とされている。現在の人口はおよそ20万人から30万人。