スマートフォン用の表示で見る

オペレーティングシステム

コンピュータ

オペレーティングシステム

おぺれーてぃんぐしすてむ

英文表記:Operating System

略称OS

コンピュータ基本ソフトウェアと呼ばれるものである。カーネルだけではなく、ユーザーランドGUIなども含めてこう呼ばれている。

オペレーティングシステムの機能と役割

オペレーティングシステムの種類

良く知られているWindowsを初め、そのOSSクローンであるReactOS

Unix系(FreeBSD, Solaris, NetBSD, Plan9, OSXなど)、

Linux系(Ubuntu, Debian, Fedora, SuSEなど)、

国産OS (Mona OS, OSASK, 超漢字)

などがある。

また、特殊な用途には特殊なオペレーティングシステムが使われることが多く、リアルタイム性能(低レンテンシ)が必要な場合はリアルタイムオペレーティングシステムRTOS)が、組み込みでは組み込み用オペレーティングシステムが使われることが多い。

オペレーティングシステムの開発

オペレーティングシステムの開発は個人でも可能であり、オペレーティングシステムの上で自分のオペレーティングシステムを動かしてみたり、独自のアセンブラから作ってみたり、Linuxディストリビューションの1つとして作るなど様々。

サイズも昔はフロッピーディスク1枚に入っていたが、現在は一枚のCDにオペレーティングシステムを入れてCDからオペレーティングシステムを起動できるようにしたものもある。

APIの提供

オペレーティングシステムはオペレーティングシステム自身が使っている機能をオペレーティングシステムのAPIとしてプログラマーにも使えるようにしている。つまり、オペレーティングシステムはファイルを開く機能を持っていて、これをプログラマーにも使えるように提供してやろうということ。→ Application Programming Interface
プログラマープログラミング言語によってプログラムできるのは、すべてのプログラミング言語が見えないところでこのオペレーティングシステムのAPIを使っているからである。ただし、C言語ではプログラマーがダイレクトにオペレーティングシステムのAPIを叩くことになる。

目次