スマートフォン用の表示で見る

カイリュー

ゲーム

カイリュー

かいりゅー
リスト::ポケモン --> ドラゴンタイプ --> カイリュー
リスト::ポケモン --> ひこうタイプ --> カイリュー
リスト::ポケモン --> 厨ポケ --> カイリュー
リスト::ポケモン --> 種族値 --> 600族 --> カイリュー

ポケットモンスター』シリーズに登場するポケモンの一種。

元祖ドラゴン。しかし、当時は4倍弱点のこおりタイプのわざ、特に「ふぶき」が蔓延しており、進化に必要なレベルも55と高かったため、あまり使われることはなかった。

Lv.50までが主流の第3世代エメラルド』までは大会で使うことすらできず、『ルビーサファイア』初出のボーマンダに出番を取られてしまったが、第4世代ダイヤモンド・パール』のバトルタワー・Wi-Fi対戦でLv.50に調整されるようになって以降「レベル50フラット」が主流になったことで、ようやくLv.50として使えるようになった。あわせてわざも大幅に増え、強力なポケモンとして活躍。第5世代『ブラック・ホワイト』からは隠れ特性「マルチスケイル」を得て使用機会が増えた。

第6世代『X・Y』ではドラゴンタイプのわざの効かないフェアリータイプが登場したため相対的に弱体化しているが、もともとの能力の高さを生かして活躍が見込まれる。

素早さはあまり高くないが、「りゅうのまい」で攻撃共々補強できる。

同じタイプのボーマンダと比較すると攻撃・特攻では劣るものの、防御面のステータスや技のカバー範囲ではカイリューが勝る。

データ

図鑑
番号
全国図鑑No.149
HGSSジョウト図鑑No.248
マウンテンカロス図鑑No.147
分類ドラゴンポケモン
タイプドラゴンひこう
特性通常特性せいしんりょく
隠れ特性マルチスケイル
タマゴグループすいちゅう1ドラゴン
高さ2.2m
重さ210.0kg
進化の系譜
ミニリュウ-Lv.30->ハクリュー-Lv.55->カイリュー