スマートフォン用の表示で見る

カネヒキリ

スポーツ

カネヒキリ

かねひきり

(父)(市)カネヒキリ

生年月日2002年2月26日生まれ・牡・栗毛
生産者ノーザンファーム北海道早来
フジキセキ
ライフアウトゼア
母の父Deputy Ministerデピュティミニスター
馬主金子真人 金子真人ホールディングス(株)
管理調教師角居勝彦栗東
競走成績23戦12勝(うち地方9戦5勝・海外1戦0勝)2010年9月引退
主な勝ち鞍ジャパンカップダート*1 フェブラリーS ジャパンダートダービー
ダービーグランプリ ユニコーンS 東京大賞典 川崎記念
マーキュリーC (2着・帝王賞 かしわ記念
備考2005年JRA賞最優秀ダートホース 2008年JRA賞最優秀ダートホース
NARグランプリダートグレード競走特別賞馬


カネヒキリ栗東トレーニングセンター角居勝彦厩舎に所属する現役競走馬。2002年セレクトセール上場され2,000万円で落札された市場取引馬。


2004年・2005年(2歳・3歳シーズン)

2004年7月にデビューし芝のレースを2戦使われたが未勝利。ダートにかわった2005年2月の未勝利戦で7馬身差、続く500万下も大差をつけ楽勝。ふたたび芝の毎日杯に挑んだが着外に終わった。以降芝のレースを使われることはなく、端午Sを9馬身で圧勝、続いてユニコーンSも制し重賞初勝利。交流GIジャパンダートダービーも4馬身差で勝利しフジキセキ産駒初のG1ホースとなった。ダービーグランプリも制し3歳交流GIの両制覇はゴールドアリュール以来2頭目。続いて初の古馬戦となった武蔵野Sではダート戦初の黒星を喫したものの、ジャパンカップダートではシーキングザダイヤの猛追を退けJRAGIを初制覇した。


2006年・2007年・2008年(4歳・5歳・6歳シーズン)

2006年はフェブラリーSを危なげなく制しドバイワールドカップに遠征、期待されたが4着だった*2。6月、国内復帰戦となった帝王賞アジュディミツオーに1馬身及ばず敗れた。その後、秋シーズンは南部杯を目指して調整されていたが、2006年9月放牧先のノーザンファームで右前屈腱炎の発症が判明、手術治療が施された。2007年9月に一旦帰厩したものの浅屈腱炎を再発しふたたび休養に入った。2008年10月1日に帰厩し武蔵野Sで2年4か月ぶりに復帰すると2番人気で9着。続いて挑戦したジャパンカップダートでは4番人気で出走、ゴール前でしぶとく伸び2年10か月ぶりの勝利をGIで飾った。続いて2番人気で出走した東京大賞典ヴァーミリアンとの叩きあいを制し優勝。2008年のJRA賞最優秀ダートホースに選出された。


2009年・2010年(7歳・8歳シーズン)

2009年シーズンは川崎記念に出走、圧倒的1番人気に支持され優勝した。この勝利で国内GI級競走7勝となり史上6頭目となるタイ記録。その後も史上初となるGI級競走8勝目を目指したものの、2月のフェブラリーS勝ち馬サクセスブロッケンとタイム差無しの3着、5月5日のかしわ記念も2着と惜しいレースが続いた。なお、かしわ記念のレース直後内田博幸騎手が違和感を感じ下馬、翌日の検査で左第3指骨々折が判明し約12ヶ月の休養を余儀なくされた。2010年5月に帰厩、復帰戦はハンディキャップなどの問題から二転三転したが、出走規定変更の善処を受け帝王賞に出走しフリオーソの2着と健闘。続いて出走したマーキュリーC単勝1.5倍の支持を受け完勝した。その後出走したブリーダーズゴールドCでは、直線で一旦先頭に立つものの、シルクメビウスの2着に敗れた。9月5日、左前脚浅屈腱炎を発症。年齢を考慮し引退することとなった。2011年から優駿スタリオンステーション種牡馬入りが予定されている。


カネヒキリの血統


フジキセキ サンデーサイレンス
*Sunday Silence
Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
ミルレーサー
*Millracer
Le Fabuleux Wild Risk
Anguar
Marston's Mill In Reality
Millicent
ライフアウトゼア
*Life Out There
Deputy Minister Vice Regent Northern Dancer
Victoria Regina
Mint Copy Bunty's Flight
Shakney
Silver Valley Mr.Prospector Raise a Native
Gold Digger
Severn Valleys Road at Sea
Proud Pied


リスト::競走馬

*1:2勝

*2:2着馬ブラスハットの失格により、5着から繰り上がり

目次
    • (父)(市)カネヒキリ
    • 2004年・2005年(2歳・3歳シーズン)
    • 2006年・2007年・2008年(4歳・5歳・6歳シーズン)
    • 2009年・2010年(7歳・8歳シーズン)
    • カネヒキリの血統