カルチュラル・スタディーズ

一般

カルチュラル・スタディーズ

かるちゅらるすたでぃーず

直訳すれば「文化研究」。

社会学用語。定義が非常に難しいので百科事典の力を借りると以下の定義が出ている。

カルチュラル・スタディーズを定義するのは難しい。なぜなら,そこには何らかの体系的な方法論や限定された研究対象があるわけではないからだ。強いていうなら,グラムシ以降のマルクス主義イギリスの文芸学的伝統を背景としつつ,伝統的な経済決定論や階級史観に陥るのでも,また文化を所与のものとして本質化してしまうのでもない仕方で,現代文化におけるイデオロギー的主体の生産とヘゲモニー,諸々の差異とアイデンティティをめぐる諸戦略,テクストの解釈過程における意味のせめぎあいと階級やジェンダー,エスニシティの社会的実践などを探究していく批判的な知の潮流ということになる。(世界大百科事典