スマートフォン用の表示で見る

ガンダムウォー

ゲーム

ガンダムウォー

がんだむうぉー

機動戦士ガンダムシリーズをテーマにしたトレーディングカードゲーム

第1弾の発売は1999年。以後、以下のような商品が発売されている。

  • ガンダムウォーメインシリーズ*1
    • 第01弾
    • 第02弾「撃墜王(エース)出撃」
    • 第03弾「宇宙(そら)の記憶」
    • 第04弾「新しき翼」
    • 第05弾「永久の絆」
    • 第06弾「新世紀の鼓動」
    • 第07弾「革新の波濤」
    • 第08弾「月下の戦塵」
    • 第09弾「相剋の軌跡」
    • 第10弾「刻の末裔」
    • 第11弾「蒼海の死闘」
    • 第12弾「宿命の螺旋」
    • 第13弾「烈火の咆哮」
    • 第14弾「果てなき運命」
    • 第15弾「禁忌胎動
    • 第16弾「覇王の紋章」
    • 第17弾「不敗の流派」
    • 第18弾「戦慄の兵威」
    • 第19弾「変革の叛旗」
    • 第20弾「流転する世界」
    • 第21弾「放たれた刃」
    • 第22弾「武神降臨」
    • 第23弾「栄光の戦史」


  • ドラマチックブースターシリーズ*3
    • 第1弾「一年戦争編」
    • 第2弾「ウイング/ターンA編」
    • 第3弾「ガンダムSEED編」
    • 第4弾「戦場の女神」
    • 第5弾「ガンダムSEED DESTINY編」
    • 第6弾「機動戦士Zガンダム The Movie」
    • 第7弾「ガンダム・ザ・ガンダム編」
    • 「戦場の女神コインプラス」(パック一つに、戦場の女神に収録された特定のユニット+G+コインが収録されている特殊なパック。全部で6種類あり、種類毎に中身は完全に固定)
    • 第8弾「前線のフォトグラフ」
    • 第9弾「戦場の女神2」


*1:当該商品の主要部分を占めるシリーズで、このシリーズに属するカードの種類が一番多い。どのカードが入っているかは、その弾全体のカードという範囲内で原則としてランダムである。ただし、カードは価値や機能別に区別されていて、その価値別、機能別に一定の枚数配分が決まっている場合がある(以下、「内容はランダム」といった場合には、上述の意味とする。)。再版がかかるので、一度在庫が切れたとしても、再発行がなされれば通常の小売り流通ルートで入手可能。

*2:いわゆる構築済みデッキであり、商品内容はカード枚数のみならずどういったカードが入っているかも確定していて、その内容は、作品中の一定の期間、事件等をモチーフに設計されている。限定発売で再版がかからない

*3:一定の作品をモチーフにしたブースターパックで、内容はランダムで基本的に再版がかからないが、例外的に第8弾のみ再販がかかっている。

*4:その弾の発売時点までに発売されたカードのうち、特に使用頻度の高いとされているカードの再録を中心としたシリーズ。内容はランダムで再版がかかる。

*5:個々の作品にとらわれずに一定のテーマを定めて、その関連カードを収録しているシリーズ。内容はランダムで再版がかからない。

*6:単純なルールのみで遊べるカードを収録した入門用セット。内容は種類まで確定していて、再版にかからない。

*7機動戦士ガンダムSEED DESTINYの放映と連動し、初のジャンボ自販機展開シリーズ。内容はドラマチックスターター収録で、未だ再版されていなかったカードと「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」の新規カード8種類が収録。再収録と合わせて全28種類。

*8:「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」より1シート新規カード1枚の計8枚が新規収録。「ドラマチックブースター 1年戦争編」「ドラマチックスターター ガンダムSEED編/栄光のザフト」からの再録カードと合わせて全28種類。