スマートフォン用の表示で見る

キダ・タロー

音楽

キダ・タロー

きだたろー

通称・浪速のモーツァルト

関西地方を中心にテレビ/ラジオジングル曲、CM曲で活躍。

http://www2.neweb.ne.jp/wc/tanuki/lande/hito1.html

宝塚出身。父は警察官だった。学生時代にバンド活動を始め、この頃美空ひばりのコンサートにバックバンドで出演したことがある。この後作曲家として活動し、「アホの坂田」「日本海味噌」「カニ道楽」「2時のワイドショー」などのテーマ曲を手がけた。ABCラジオで「ヤングリクエスト」中の"ミキサー完備スタジオ貸します"のコーナー、および「フレッシュ9時半キダタローです」という番組に出演した。「探偵!ナイトスクープ」に顧問として登場した。「探偵!ナイトスクープ」で顧問キダ・タローのルーツを探るという企画で、番組のプロデューサーである松本修氏が「キダ・タロー先生は浪花モーツァルトです」とコメントしたことから、“浪花モーツァルト”の愛称が発生した。毒舌家だが、愛妻家としても有名で、2,3時間おきに家に電話を入れるという。講演会をする時のタイトルは「本物の見分け方」だそうである。

総合エンタテインメントプロデューサーつんく♂には「浪速のベートーベン」の称号を与えており,「思った通りに売れた」と『めちゃイケ』で語っている。