スマートフォン用の表示で見る

コミッショナー

キーワードの候補

2件

スポーツ

コミッショナー

こみっしょなー

「権限を与えられた人」の意。

原義としては「委員・局長」などの意味を持つが、主に職業野球やボクシングの組織における最高裁定者の事を言う。

1919年に起こった「ブラックソックス事件」をきっかけにメジャーリーグで制度化されたと言われている。

日本野球機構のコミッショナー

日本野球機構においては、日本野球機構会長を兼任。12球団代表による実行委員会によって選任され、その任期は1期3年。再任の期限はなく、また本人が辞意を示さない限りは任期中に解任される事もない。

日本プロ野球界における様々な問題に関する最終的な裁定や制裁の権限を持つ。

歴代コミッショナー(※現行野球協約制定後)

日本ボクシングコミッションのコミッショナー

日本ボクシングコミッションにおいては、最高責任者を務める。

世界タイトルマッチにおいて「コミッショナー宣言」を行う。

歴代コミッショナー

*1:2007年1月で任期切れ退任、2008年4月まではコミッショナー代行。

一般

コミッショナー

こみっしょなー

コミッショナーとは何か、“Commissioner”とは政府行政などで代理権限のある弁務官行政官などを指し、また、プロ野球、ボクシングなどスポーツの分野では、その統制をとる最高権威者の職名として知られています。

スカウト運動においては、全国組織、地方組織においては地域・地方や各年齢別部門などで

特定分野を担任して指導にあたる役員をさすが、その任務は各国によって違いがある。


ボーイスカウト日本連盟発行 コミッショナーハンドブック基本編より抜粋