スマートフォン用の表示で見る

サクラスターオー

スポーツ

サクラスターオー

さくらすたーおー

(父)サクラスターオー

生年月日1984年5月2日生まれ・牡・黒鹿毛
生産者藤原牧場(北海道静内
サクラショウリ
サクラスマイル
母の父インターメゾ
馬主(株)さくらコマース
管理調教師平井雄二美浦南)
競走成績7戦4勝
主な勝ち鞍弥生賞 皐月賞 菊花賞
備考1987年JRA賞年度代表馬、最優秀4歳牡馬


サクラスターオー美浦トレーニングセンター平井雄二厩舎に所属した競走馬。1986年10月にデビューし2戦目に勝ちあがり、明けて1987年弥生賞を制しクラシックに名乗りを上げた。皐月賞マティリアルに次ぐ2番人気に推され優勝。しかしながらレース後に両前繋靭帯炎を発症、7ヶ月の休養を挟み、ぶっつけでの挑戦となった菊花賞を9番人気ながら制し、杉本清アナウンサーの「菊の季節にサクラ」の実況は今も語り草となっている。しかし次走の有馬記念競走中に左前繋靭帯不全断裂、第一指関節脱臼という致命的故障を発症。通常であれば予後不良が妥当な重症であったが、関係者の熱意により懸命の治療が施された。しかし闘病は過酷を極め、スターオーはもとより関係者の心痛も頂点に達した5ヶ月後の1988年5月12日、安楽死の判断が下された。なお、弥生賞以降の全てのレースで東信二騎手が騎乗した理由は、馬主である全演植氏と小島太騎手の確執によるものだった(後に解消)。


全競走成績

年月日競馬場距離競走名着順騎手
1986年10月5日東京競馬場芝16003歳新馬新馬2小島太
1986年10月18日東京競馬場芝16003歳新馬新馬1小島太
4ヶ月間休養  骨膜炎    
1987年2月21日東京競馬場芝1800寒梅賞4005小島太
1987年3月8日中山競馬場芝2000弥生賞GII1東信二
1987年4月19日中山競馬場芝2000皐月賞GI1東信二
7ヶ月間休養  繋靱帯    
1987年11月8日京都競馬場芝3000菊花賞GI1東信二
1987年12月27日中山競馬場芝2500有馬記念GI中止東信二


サクラスターオーの血統


サクラショウリ パーソロン
*Partholon
Milesian My Babu
Oatflake
Paleo Pharis
Calonice
シリネラ
*Shirinella
*Fortino Grey Sovereign
Ranavalo
Shirini Tehran
Confection
サクラスマイル インターメゾ
*Intermezzo
Hornbeam Hyperion
Thicket
Plaza Persian Gulf
Wild Success
アンジェリカ *Never Beat Never Say Die
Bride Elect
スターハイネ *Your Highness
スターロッチ


リスト::競走馬

目次
    • (父)サクラスターオー
    • 全競走成績
    • サクラスターオーの血統