スマートフォン用の表示で見る

サントリーミュージアム

アート

サントリーミュージアム

さんとりいみゅうじあむ

リスト::美術館

2010年12月末をもって休館の予定。

サントリーミュージアム天保山]はサントリー株式会社の創業90周年事業の一つとして1994年11月3日、創業の地大阪天保山ハーバービレッジに誕生しました。

このミュージアムは、企画展を行う「ギャラリー」、巨大立体映像の「アイマックスシアター」を中心にショップ、カフェ、ラウンジから成る複合文化施設です。

球体を抱く逆円錐形のドラムから2つの直方体が海に向かって伸びるユニークな建物の設計は、大阪出身で国際的な建築家安藤忠雄氏によるものです。

アート&デザインを「わかり易く、楽しく」企画展示する「ギャラリー」では、充実したコレクションとして知られる、ロートレックミュシャ、カッサンドル、サヴィニャックなど15,000点を超える世界の秀作ポスターを所蔵しています。

もうひとつの核となる「アイマックスシアター」は、高さ20メートル、幅28メートルのスクリーンを有する446人収容の世界最大級の立体映像劇場です。巨大スクリーンとデジタル6トラック、1万5千ワットの音響で臨場感あふれる立体映像が楽しめます。

また、オリジナルのグッズを中心に内外のおしゃれなグッズを揃えた「ミュージアムショップ」や、海の景観、 水平線に沈む夕陽の美しさが楽しめる「カフェ・ソラーレ」や「スカイラウンジ」で、安らぎのひと時をお過ごしいただけます。

なお、サントリーミュージアムでは、新エネルギー・産業技術総合開発機構NEDO) の1993年度フィールドテスト事業の一環として、太陽光発電システムを導入しています。