ジュディス・メリル

読書

ジュディス・メリル

じゅでぃすめりる

SF作家、評論家、アンソロジスト1923年ニューヨーク生、1968年よりカナダ在住。1997年没。

かつては同じSF作家のC・M・コーンブルースの妻であった。

50年代は、コーンブルースとの共作や単独作などを発表。

1960年代になると、イギリス発のニュー・ウェーヴSF運動に共鳴し、1956年から1966年まで編集していた『年間SF傑作選』に前衛文学を収録したり、また、ニュー・ウェーブのマニュフェスト的な歴史的評論『SFに何ができるか』を書いた。また、1968年、”England Swings SF”というアンソロジーを出版。おなじ年、ベトナム戦争に反対してカナダに移住。


1970年、日本で開催された「国際SFシンポジウム」に参加。日本のSF界に大きな影響を与える。

1972年には、「日本SFの英訳プロジェクト」に矢野徹伊藤典夫浅倉久志らとともに携わるが、企画は頓挫。


彼女が住んだトロント図書館には、メリルの寄贈したSFコレクションがある。