スマートフォン用の表示で見る

スーパー魂斗羅

ゲーム

スーパー魂斗羅

すーぱーこんとら

コナミアクションゲーム

アーケードゲームとして1988年1月28日にリリース。ファミリーコンピュータ版は1990年2月2日に発売された。

前作「魂斗羅」から1年後の西暦2634年のストーリー。「魂斗羅」と呼ばれるビル・ライザーとランス・ビーンの2人の戦士を操り、パワーアップアイテムで武器を強化しながら、地球を侵略しようとするエイリアンと戦う。前作にあった擬似3Dステージが廃止されており、横スクロール形式の「ノーマル画面」のエリアと、上から見下ろす縦スクロール形式の「TOP VIEW画面」のエリアがある。

ファミコン版は、ハード性能に差があるため、アーケード版と比べグラフィックスは劣っているが、オリジナルステージなどの新要素が豊富に用意されているなど、良好なアレンジ移植となっている。


Xbox 360Xbox Live Arcadeアーケード移植版が配信されている。

Wii/ニンテンドー3DSバーチャルコンソールではファミコン版が配信されているほか、ニンテンドーDSで発売された「魂斗羅デュアルスピリッツ」に海外版(NES版)が収録されている。