スマートフォン用の表示で見る

スカルノ

一般

スカルノ

すかるの

本質的にはスカルノ大統領を指す。

日本でタレント活動中のデヴィ夫人が有名であり、彼女を指すこともある。


スカルノ(Sukarno)1901年6月6日生まれ。1927年インドネシア国民党を結成し、インドネシア民族独立運動最大の指導者となる。1945年からインドネシア共和国初代大統領(〜1967年)。1959年に訪日した際、当時ホステスをしていた根本七保子をみそめ第3婦人として結婚*1。1967年スハルト将軍との政争に敗れて失脚。1970年6月21日死去。長女はファトマワティ第1婦人との間に産まれたメガワティ・スティアワティ・スカルノプトゥリ(Megawati Setiawati Sukarnoputri)。2001年からインドネシア第5代大統領(〜2004年まで)。

*1:以降彼女はラトナ・サリ・デヴィ・スカルノ(Ratna Sari Dewi Sukarno)を名乗っている。日本ではデヴィ夫人としてタレント活動中。