スマートフォン用の表示で見る

セダンの戦い

読書

セダンの戦い

せだんのたたかい

(独: Schlacht von Sedan、仏: Bataille de Sedan) 「スダンの戦い」

普仏戦争において、メス攻囲戦の中で生じたセダン(Sedan)での戦い。この戦いに参加したフランス軍戦力は全面降伏した上、最高司令官たるナポレオン3世捕虜となったため、戦争の趨勢を定めた戦いとなった。ナポレオン3世の体たらくにフランス国民は失望し、フランス第二帝政終焉を迎えた。とはいえ戦争は終わらず、メス攻囲戦はフランスの敗北という結果となったが、この後も普仏戦争は続いた。