ゾディアーク

ゲーム

ゾディアーク

ぞでぃあーく

ファイナルファンタジータクティクスファイナルファンタジーXIIに登場するキャラクター。

イヴァリースに存在する異形者の1人。蛇遣の座を司る。

Final Fantasy Tactics

召喚魔法として登場。技の名前は「暗闇の雲」。詠唱呪文は以下の通り。

絶対なる原理を知らしめたまえ 偉大なる戒律の王…ゾディアーク

ゾディアークはエリディブスのみが使ってくる。また、召喚士のジョブに就いているキャラクターが直接ゾディアークを受けること(ラーニング)によってのみ、修得することができる。しかし、攻撃を受けた際、ストップまたは戦闘不能またはダメージゼロだった場合は、ラーニングすることはできない。

聖石サーペンタリウスとの関係

五十年戦争において、ロマンダ軍の侵攻を食い止めるべく活躍し、リオファネス城?奪還戦の際に行方不明となった英雄的な魔道士エリディブス。ラムザ達は、その名を名乗る魔道士と、ディープダンジョンの最下層「end」で対峙することになる。

エリディブスと名乗る彼は、聖石サーペンタリウスを手に入れ、その力を借りてルカヴィと契約を結んだ。そして、現世に姿を現したルカヴィの力により、最強の召喚魔法ゾディアークを手に入れたのである。ゲーム中では契約を結んだルカヴィの名は語られることはないが、召喚魔法との深い関係性を暗示させる。彼のジョブ名も「サーペンタリウス」となっており、謎は深まる。

なお、彼が本当に英雄エリディブスだったのかどうかは、全く不明である。

Final Fantasy XII

ネタバレのため現段階では、詳細は解説しない。