スマートフォン用の表示で見る

タカミムスビ

一般

タカミムスビ

たかみむすび

日本神話の神。「古事記」では「高御産巣日神」、「日本書紀」では「高皇産霊神」と書かれる。また、天孫降臨の際には「高木神」という名で登場する。神社祭神としては「高皇産霊尊」などとも書かれる。本来は高木の神格化されたものを指したと考えられている。「産霊」は生産・生成を意味する言葉で、神皇産霊神とともに「創造」を神格化した神である。