タリン歴史地区

地理

タリン歴史地区

たりんれきしちく

(Historic Center of Tallinn)

エストニア首都タリンの旧市街に残る歴史的遺産。1997年ユネスコ世界遺産文化遺産)に登録された。タリンは1219年以来デーン人によって建設され、1346年ドイツドイツ騎士団、1583年スウェーデン、1710年ロシア帝国と支配者が交代した。旧市街にはトームペア城を始め、大聖堂聖霊教会、聖ニコラス教会、アレクサンドル・ネフスキー教会、城壁などが残る。