スマートフォン用の表示で見る

ツーシーム

スポーツ

ツーシーム

つーしーむ

野球用語で、球種の1つ。「ツーシームファストボール」などと呼ばれることもある。

縫い目(シーム)が高いためにボールが変化しやすいMLB使用球ならではの球種で、速球が微妙に変化する癖球。シュートに似ている。

松井秀喜がゴロキングと呼ばれ、松井稼頭央がボロボロにされた、そんな日本人選手泣かせな変化球である。

非力な日本人投手には難しく、豪腕ピッチャーが多いMLBならではの球種。

日本人では桑田真澄が最初に投げたとされる。