トンパ文字

一般

トンパ文字

とんぱもじ

 東巴文字。中国南西部・雲南省の約25万人の少数民族ナシ(納西)族が使っている象形文字。トンパとは、ナシ族の多神教原始宗教トンパ教の祭司のことを言い、その経典を書くために使用された文字がトンパ文字である。それはまるで絵のような文字であり、文字のような絵である。 〔by Yusion〕