ドミトリー・ショスタコーヴィチ

音楽

ドミトリー・ショスタコーヴィチ

どみとりーしょすたこーう゛ぃち

ロシア語: Дмитрий Дмитриевич Шостакович

英文表記:Dmitri Dmitriyevich Shostakovich

ソビエト連邦作曲家

1906年9月25日、生まれ。1975年8月9日、死去。

69年の間に15作の交響曲弦楽四重奏曲、ほかに協奏曲からバレエ歌劇映画音楽ピアノ曲声楽曲と様々なジャンルに渡って傑作を残した天才作曲家。古典的な美しさと前衛性、諧謔的な作風が入り混じった独特の作風は、現在に至っても熱狂的支持者を生み続け、同時に猛烈なアンチをも抱えている。

社会主義国ソ連に生き、幾度となく体制から「批判」されたことが、作品への強烈なメッセージ性の反映になる。

作品

ショスタコーヴィチ全作品解読 (ユーラシア選書)

ショスタコーヴィチ全作品解読 (ユーラシア選書)

録音に関してはhttp://homepage2.nifty.com/shostakovich/が詳しい。

通称「ショスタコ」

日本人の四音に略したがる傾向が良く出ている。オーケストラ関係者などはよく使う。

例)「ウチのオケ、今度ショスタコの五番をやることになったんだ」

  意味:私たちのオーケストラは、今度の演奏会でショスタコーヴィチ交響曲第5番をやることになりました。

アルファベット圏ではDmitrii Schostakovichの最初の四文字でDSCHも使われる。

なお、ショスタコーヴィチ自身がこの略号の音階、すなわちD,Es,C,H(=レ、ミ♭、ド、シ)を曲の中に取り入れて作曲したモノもある(ヴァイオリン協奏曲1番など)。