歌劇

キーワードの候補

2件

社会

歌劇

かげき

歌劇とは、かつて京阪神急行電鉄(現・阪急電鉄)で運転されていた特急列車。

歴史

京阪神急行電鉄成立

昭和18(1943)年10月、国策により阪神急行電鉄京阪電気鉄道が統合し、京阪神三都市を結ぶ「京阪神急行電鉄」となり、総延長距離は213.2kmにも及んだ。しかし、国策により半強制的に統合させられた両社は折り合いが悪く、昭和24(1949)年には分離してしまった。

この分離の際、京阪の路線であった京都線(天神橋駅-京阪神京都駅)・十三線(十三駅-淡路駅)・千里山線(淡路駅-千里山駅)・嵐山線(桂駅-嵐山駅)*1は、阪急側に残される事となった。

運転開始

そんな中、昭和24(1949)年に、京阪神京都駅(現・大宮駅)〜神戸駅(現・三宮駅)間を結ぶ特急列車が運転を開始*2。当時、京都線系統の架線電圧が1500Vだったのに対し、神宝線*3系統の架線電圧が600Vであった為、双方の電圧に対応可能である複電圧車が使用された。この特急は、京都神戸の間を70分で結び、好評を博した。

この事があって、翌昭和25(1950)年春に、京阪神京都駅宝塚駅間を結ぶ特急歌劇」が、日曜・祝日限定1往復で運転を開始した。

当初、神宝線系統の810系で運転されていたが、後に、京都線系統の710系列車での運転に改められた。

昭和38(1963)年、大宮駅(もと京阪神京都駅)〜河原町駅間が延伸した際、河原町駅宝塚駅間での運転に改められた。

昭和42(1967)年、神宝線の架線電圧が1500Vに昇圧され、全線の電圧が統一された事で、複電圧車を使用しなくても運転が可能となり、運行上の妨げが無くなった。

しかし、翌昭和43(1968)年の神戸高速鉄道東西線開通を前に、運転休止となった。

停車駅

1963年以前の停車駅。駅名称や停車駅の変更については「備考」で表した。

駅名称読み “えき”は略備考
京阪神京都駅けいはんしん きょうと昭和38(1963)年に大宮駅へ改称*4
西院駅さいいん-
高槻市駅たかつきし-
十三駅じゅうそう-
西宮北口駅にしのみやきたぐち宝塚行きのみ停車し、京都行きは通過。
宝塚南口駅たからづかみなみぐち後に、利用者減少のため通過。
宝塚駅たからづか-

*1:いずれも、路線名と駅名は当時のもので表した。

*2:昭和26(1951)年に運転休止。

*3神戸線宝塚線の総称。

*4大宮駅河原町駅間延伸開業のため。同時に河原町駅発着へ変更。

アート

歌劇

かげき