スマートフォン用の表示で見る

ニウエ

地理

ニウエ

にうえ

[英] Niue

ニウエは、ニュージーランドの北東約2,400kmに位置し、ニュージーランド自由連合関係にある国家。日本は2015年5月15日、195番目に承認*1

12か国と外交関係を開設し、34の国際機関に加盟している。

珊瑚礁が隆起してできた島。そういうわけで島の周囲は崖となっており、港湾も存在しない。

概要

もともとはポリネシア人たちが住む島であった。島民はニュージーランド市民権も持つので、ニュージーランド本土への出稼ぎが最大産業である。

十分な働き口が存在しないために人口流出は続き、島に住む人間は慢性的に減少傾向にある。その他にも政府が最大の雇用主で、これといった産業がないため大半の住民が農業を営んでいるとか、いわゆる過疎村を連想させる特徴を多々持つ。

内政

政体
立憲君主制
元首
エリザベスニ世女王(英国女王)
総督
ニュージーランド総督が兼任(現在はジェリー・マテパラエ総督)

沿革

1774年、キャプテン・クックニウエを確認するも、ニウエ人によって上陸を阻まれ、ニウエを未開の島と名付ける。

1846年、ヌカイ・ペニアミナらサモアキリスト教宣教師団が布教活動を開始。

1876年マタイオ・トゥイティガが初代の王に選出される。

1900年ニウエ王の要請により英国保護領になり、ニュージーランド総督がニウエを訪問。

1901年ニュージーランドの属領になる。

1960年議会設立

1974年、ニウエ憲法の下、内政自治権を獲得、ニュージーランドとの自由連合に移行。