スマートフォン用の表示で見る

ハーラン・エリスン

読書

ハーラン・エリスン

はーらんえりすん

Harlan Ellison


小説家、批評家、シナリオライター

1934年、米オハイオ州生まれ。

1955年ニューヨークへ出、そこで出会ったレスター・デル・レイの家に居候しながら、小説作法を学ぶ。

56年に「光る虫」がインフィニティ誌に掲載され、プロ作家としてデビュー。58年、非行少年ものである処女長編『喧嘩』を発表。兵役を経て、59年にはハリウッドにその居所を移しし、『バークにまかせろ』『宇宙大作戦』『ヒッチコック劇場』など、数多くのテレビ番組のシナリオを手がける。

SF作家としては1960年に長編第1作「The Man with Nine Lives」を発表。66年に、「“悔い改めよ、ハーレクィン!”とチクタクマンはいった」でヒューゴー賞ネビュラ賞のダブルクラウンを獲得。以後、「世界の中心で愛を叫んだけもの」「少年と犬」などで多くの賞を受賞する他、『危険なヴィジョン』などの先鋭的なアンソロジーの編纂も務める。

ファンダム時代は傲岸不遜なSFファンとして名を馳せ、SF大会で初めて会ったアイザック・アシモフに「なってねえなぁ!」と言った他、テレビ界に入ってからもフランク・シナトラと大喧嘩をするなど、武勇伝には事欠かない。SF界の中でもとりわけ型破りで、数多くの“伝説”に彩られた鬼才。

ロバート・シルヴァーバーグとは仲が良い。アシモフとは喧嘩友達。クリストファー・プリーストはマジで喧嘩相手。

2006年、ネビュラ賞グランドマスターを授与される。

邦訳作品

最近の代表作

武勇伝いろいろ

ターミネーター裁判
ジェームズ・キャメロンの『ターミネーター』のストーリーは自分の作品の剽窃だとエリスン裁判を起こした。キャメロンはエリスンの作品から着想を得たことを認め、エリスンの名前をクレジットに入れると共に謝罪広告を打った。(http://www.imdb.com/title/tt0088247/trivia)
ジーン・ロッデンベリとの確執
スタートレック』の産みの親であるジーン・ロッデンベリと、"City on the Edge of Forever" の脚本をめぐって険悪な仲だった。エリスンの脚本ではマッコイがドラッグに手を出すという設定だったが、スポンサーに配慮してロッデンベリが書き変え、事故により自分に注射を刺してしまうことにした。ロッデンベリの死後も未だにミソクソに言っている。
ファンレター
「あなたの作品がよく分かりません」というファンレターに対しエリスンは「どこかの馬鹿があなたの名前を騙って手紙を書いて来ました。早急に手を打たれた方がよいでしょう」という返事をよく出すらしい。(http://groups.google.com/groups?lr=&selm=5597a794.0203232000.a11f5b2%40posting.google.com)
"Dead gopher"
契約を破った出版社に対し、地ネズミ(gopher)の死体にその調理法を記した紙を添えて送りつけた。エリスンは山の上に広大な庭を持つ家に住んでいて、庭を荒す地ネズミに困っていた。ある日一匹退治して、その死体を一番遅い郵便で8月に西海岸の家から東海岸の出版社へ送った。出版社のメールボックスには週末に届いたため2日そこに放置されていた。

リスト::SF作家