スマートフォン用の表示で見る

ハナモゲラ

アート

ハナモゲラ

はなもげら

1970年代末にタモリらが流行らせた芸で、実在の自然言語のように聞こえるけれども全く意味をなさない言語表現。ハナモゲラ語。

「初めて日本語を聞いた外国人の耳に聞こえる日本語の物真似」が元祖とされている。