スマートフォン用の表示で見る

ハンデ戦

スポーツ

ハンデ戦

はんでせん

競馬におけるレース条件の一つ。ハンディキャップ戦、ハンディキャップ競走。


競走馬の負担重量(斤量)を増減させることで、競走馬の能力を均一化させて接戦を狙うレース。中央競馬の場合は当該開催について、登録馬の負担重量をハンディキャップ作成委員(ハンディキャッパー)が3人以上で協議し決定する。当然ながら実力や実績を高く見込まれた馬から重い負担重量を課せられ、最軽量馬との差が10kg以上開く場合もある。またハンデ戦にのみ「59.5キロ」というような小数点以下の負担重量が存在する。決勝線で全馬横一線に並ぶような結果が理想となる。