バルバス・バウ

船の造波抵抗を打ち消すために、喫水線下の船首に設けた球状の突起。球状船首、船首バルブとも。

1911年アメリカ海軍の造船官であったデヴィット・W・テーラー少将が考案、レキシントン級航空母艦に採用された。

船体が浮かびすぎてバルバス・バウが水面上に出ている場合には、従来型船首と比べて逆効果となる。

日本では翔鶴航空母艦で初めて採用された。