スマートフォン用の表示で見る

フリーミアム

ウェブ

フリーミアム

ふりーみあむ

[英] Freemium

フリーミアムとは、ビジネスモデルの一つで、無料のサービスを多数のユーザーに提供し、高機能または追加された特別な有償サービスによって収益を得るというもの。「free(無料)」と「premium(割増料金)」を組み合わせた造語

とりわけインターネットビジネスにおいては、変動費の割合が相対的に小さいことから、95%が無料ユーザーであっても5%の有料ユーザーがいればビジネスは成立するといわれており、これを「5%ルール」と呼んでいる。

古くからあるマーケティング手法の一つだが、従来のアナログ商品とは根本的に異なる。例えば、化粧品や食料品などは一定の製造コストがかかるため、試供品を無料で配布すると、その数に比例して提供コストも増える。しかし、デジタルコンテンツでは、基本サービスさえ完成すれば、その後の提供コストはゼロに近くなる。

そのためフリーミアムでは、有料ユーザーの比率を高めることよりも、まずは裾野を拡大することが有効であると考えられており、無料のサービス利用者を増やせば、有料サービスに移る絶対数も増えるという戦略である。

2006年、米国ベンチャー投資家フレッド・ウィルソンがジャリド・ルーキンの発案をもとに提唱し、2009年7月に米国で出版されたクリス・アンダーソン著『Free: The Future of a Radical Price』のヒットで注目されるようになった。

2009年11月には、日本でも『フリー <無料>からお金を生み出す新戦略』(NHK出版)の書名で出され、ベストセラーになっている。著者のクリス・アンダーソンは米『ワイヤード』誌の編集長。「ロングテール」の提唱者としても知られる。