スマートフォン用の表示で見る

ブーダン

アート

ブーダン

ぶーだん

:芸術家

ウジェーヌ・ブーダン(1824年-1998年)

フランスの風景画家。ノルマンディー地方の海辺の町オンフールに船乗りの 息子として生まれる。

1850年にル・アーブルの芸術家協会の奨学金を得て、 3年間パリで学ぶが、ほとんど独学であった。彼は何よりも自然の風景、海と空 をとくに好んで描いた。

1858年、ル・アーブルでカリカチュアを展示していたモネの才能を発見し、油絵と戸外制作を教えたことが、後の印象派の形成に決定的な 役割を果たすことになる。

彼自身は、それまでにフランスにわずかしか存在しな かった海景画という分野を確立し、海と空の移ろいやすい光の状態を描いた 。