スマートフォン用の表示で見る

ホクトベガ

スポーツ

ホクトベガ

ほくとべが

ホクトベガ

生年月日1990年3月26日生まれ、牝、鹿毛
生産者酒井牧場(北海道浦河
ナグルスキー
タケノファルコン?
母の父フィリップオブスペイン?
馬主金森森商事(株)
管理調教師中野隆良美浦北)
競走成績42戦16勝(うち地方9戦9勝、海外1戦0勝)
主な勝ち鞍フラワーC エリザベス女王杯 札幌記念
エンプレス杯 群馬記念 浦和記念 川崎記念*1
フェブラリーS ダイオライト記念 帝王賞 南部杯
受賞歴1996年JRA賞最優秀ダートホース NARグランプリ特別表彰馬
総収得賞金8億8112万600円*2


ホクトベガ美浦トレーニングセンター中野隆良に所属した競走馬で「砂の女王」の異名を誇った名牝。クラシックシーズンは重賞フラワーCを制し牝馬三冠競走に全て出走、エリザベス女王杯ではこの年の二冠馬ベガを退けて優勝し「ベガベガでもホクトベガ」と実況された。旧年齢5歳シーズンも芝を中心に使われ札幌記念に優勝。しかしながら当事整っているとは言い難かった古馬牝馬路線で斤量に苦しみ勝ちきれないレースが続き、この時期出走こそしなかったものの障害レースの飛越練習もこなしていた。ホクトベガの転換点であり、砂の女王を印象付けたのが1995年の交流重賞エンプレス杯の18馬身差大勝である。翌年明けの川崎記念ライブリマウントなどを一蹴しダート路線に活路を見出すと、ダートによる地方指定交流競走を中心にGII最後となったフェブラリーSを含む重賞8勝を挙げた。翌年明けの川崎記念ではキョウトシチーアマゾンオペライシノサンデー完封しこのレース二度目の優勝、ダート交流競走に限ると10連勝という未踏の記録を残し引退レースに決まったドバイワールドカップに望んだ。砂の女王の海外遠征に注目が集まったが、結果は最終コーナー手前で他馬に接触し転倒、左前腕節部複雑骨折、予後不良という最悪の結果に終わった。ダート交流戦旅の出発点である川崎競馬場で行われるスパーキングレディーカップは彼女の功績を讃え「ホクトベガメモリアル」のサブタイトルを冠して施行されている。


ホクトベガの血統


ナグルスキー
*Nagurski
Nijinsky Northern Dancer Nearctic
Natalma
Flaming Page Bull Page
Flaring Top
Deceit Prince John Princequillo
Not Afraid
Double Agent Double Jay
Conniver
タケノファルコン フィリップオブスペイン?
*Philip of Spain
Tudor Melody Tudor Minstrel
Matelda
Lerida *Matador
Zepherin
クールフェアー *Yellow God Red God
Sally Deans
シヤークスキン *Silver Shark
Atrevida


リスト::競走馬

*1:2勝

*2牝馬ではウオッカに次ぐ歴代第2位

目次