スマートフォン用の表示で見る

マクスウェルの悪魔

サイエンス

マクスウェルの悪魔

まくすうぇるのあくま

ジェームズ・クラークマクスウェルによって提案された思考実験のこと。分子の動きを観測できる悪魔を仮定すれば、「熱力学第二法則」で禁じられたエントロピーの減少が可能となる。近年になって、マクスウェルの悪魔は記憶の消去によって破綻するとされ、一応の解決が図られている。呼び名は他に、マクスウェルの魔、マクスウェルの魔物、マクスウェルデーモンがある。