スマートフォン用の表示で見る

ミレトス学派

一般

ミレトス学派

みれとすがくは

紀元前6世紀に誕生した哲学の学派。エーゲ海アナトリア半島にある都市国家ミレトス出身の3人の哲学者タレス、アナクシマンドロス、アナクシメネス)に代表される。宇宙を形成し、あらゆる生命の源である万物の根源(アルケー)で自然を定義しようとした。