スマートフォン用の表示で見る

メスマー

Franz Anton Mesmer 〔フランツアントンメスマーオーストリアのスワビア生まれの医者、1733〜1815。

1750年代にウィーン大学医学を修了。同地で開業する。

1774年に同棲中のヒステリー勝ちな女性に磁石で“お悪戯”をした所、彼女が静まったことから、磁石治療に目覚める。(但しこの頃、血抜き治療だとか、磁石治療それ自体は珍しいものでも何でもなく、極々日常的に行われる治療法だった。メスマーのこれと異なる所は、鉱物磁気のためではなく、人間のもつ生体エネルギー磁石の先から迸ったのだ、とした点。これによって「動物磁気」なる発想が生まれた次第。)

1776年には『惑星の人体への影響』などとマルシリオ・フィチーノコルネリウスアグリッパのような宇宙観を提出し、1778年にはパリで開業し、その「メスメリズム」(=催眠法)で一世を風靡した。

そのためのバッシングか、1784年にはフランスの王立調査委員会が、「動物磁気は物理的に検証できず、そんなものの治療効果など疑わしい」と断定。2006年1月中旬の“ライブドア・ショック”のように急速に減衰した。

1785年にはついにパリも去り、オーストリアやフランスを転々とした後、故郷;スワビアに戻って孤独な人生を閉じた。

ただメスマー個人は惨め極まりない末路を辿ったが、デュポテ男爵の「魔法の鏡」はこの現象に発想を得たものであるし、オーギュスト・アンブロア・リエボーとイポリット・べルネームなど「ナンシー学派」の精神医学フロイトにしてもメスマー経由の催眠術復興させており、エリファス・レヴィ(1810〜1875)の分析に明らかなように、スウェーデンボリの超自然との交流を万人に可能ならしめたのは、磁石や電池を活用した「メスメリン」の功績が大きく、近代オカルティズムはこの二者によって成立している。