スマートフォン用の表示で見る

ヨッシーのたまご

ゲーム

ヨッシーのたまご

よっしーのたまご

任天堂より1991年12月14日にファミリーコンピュータゲームボーイ用ソフトとして発売されたパズルゲーム

マリオが下にある4つのトレーを入れ換えて、上から落ちてくるパネルを消していく落ち物パズルだが、パズルゲームにしては珍しく連鎖が存在しない。同じパネルを縦に2枚並べるとパネルが消える。ヨッシーのたまごのかけら「うえたまご」と「したたまご」が出現することがあり、「したたまご」と同じ列にパネルを挟んで「うえたまご」を上に積むと、ヨッシーが生まれてパネルを消すことができる。対戦時には、これが相手プレイヤーへの攻撃方法となる。

開発は、後に「ポケットモンスター」を開発するゲームフリークで、田尻智ゲームデザインを手掛けている。任天堂側のプロデューサー横井軍平


Wiiバーチャルコンソールにて、ファミコン版が2007年3月6日より配信開始。ダウンロードに必要なWiiポイントは500。

ニンテンドー3DSバーチャルコンソールでも、ファミコン版が2012年8月22日に配信開始。価格は500円。