スマートフォン用の表示で見る

ラモス瑠偉

スポーツ

ラモス瑠偉

らもするい

サッカー選手、サッカー指導者。

ブラジル名はRuy Goncalves Ramos Sobrinho(ルイ・ゴンサウヴィス・ラモス・ソブリーニョ)。

愛称「カリオカ」「ミスターヴェルディ」「燃える男」。

1957年2月9日生まれ。ブラジルリオデジャネイロ出身。身長181cm、体重71kg。


1977年来日、読売サッカークラブ(後のヴェルディ川崎、現東京ヴェルディ1969)に入団。

1989年11月、日本に帰化が認められて、日本国籍を取得。同年、サッカー日本代表に初選出された。

FIFAワールドカップ1994・アジア最終予選におけるドーハの悲劇の経験者。国際Aマッチ32試合出場、1得点。

1996年に京都パープルサンガへ移籍。

1997年ヴェルディ川崎に復帰。

1998年現役引退。

現役時代には膝の持病に苦しみ、手術でボルトを埋め込んだことも。

永谷園お茶漬け海苔やJリーグカレーのCMでもおなじみの人だった。

2002年、沖縄かりゆしFCの選手兼任テクニカルアドバイザー就任。

同年、分裂騒動により退団。FC琉球のテクニカルアドバイザーとなった。

2005年、ビーチサッカー日本代表の監督を経て、9月13日に柏レイソルのコーチに就任。J2降格により退任。

2006年、東京ヴェルディ1969監督に就任。

2007年、J1復帰に導き勇退

2008年、東京ヴェルディテクニカルアドバイザーに就任。



ブラジルから日本にやってきたサッカーの伝道師。

ブラジルの名門クラブにいたが、読売クラブへの移籍のオファーを受け、制止する母親を説得し、家族の生活のために日本にやってきた。

松木安太郎曰く「見たこともない魔法みたいなテクニック」を日本で披露。


日本での土のグラウンドにも驚いただろうが、慣れない日本での生活にも適応し、その後も日本でプレーを続け、帰化する。

Jリーグ創世期において、 三浦知良と共に、日本サッカー界のサッカーレベルを引っ張りあげた人物の1人。


ロスタイムで失点を許し、日本中が落胆した「ドーハの悲劇」においても、選手1人1人に声を掛けて立ち上がらせたのは、記憶から消える事はないだろう。

年齢的にも、ケガまみれだった事からも、この大会がW杯に行けるラストチャンスだった彼が、一番悲しかったはずなのだから。

指導歴

2002
沖縄かりゆしFC テクニカルディレクター
2005
ビーチサッカー日本代表 監督
2005.9-2005.12
柏レイソル コーチ
2006-2007
東京ヴェルディ1969 監督
2009
ビーチサッカー日本代表 監督
2011-2013
ビーチサッカー日本代表 監督
2014-
FC岐阜 監督