スマートフォン用の表示で見る

リンクの冒険

ゲーム

リンクの冒険

りんくのぼうけん

任天堂より1987年1月14日に発売されたファミリーコンピュータディスクシステムアクションアドベンチャーゲーム

ゼルダの伝説シリーズの第2作目。見下ろし型のフィールドを冒険するが、町や神殿・洞窟に入ったり、敵シンボルに遭遇すると、サイドビュー(横スクロール)のアクション画面に切り替わる。

サイドビューステージは、前作以上にアクションゲーム的な要素が強まっている。Aボタンでジャンプ、Bボタンで剣での攻撃、十字キーで左右の移動としゃがみを行う。ジャンプ中に上方向や下方向に剣で突くことが可能。スタートボタンで魔法を選択し、セレクトボタンで魔法を使用することができる。

敵を倒して経験値をある数値まで溜めると、「ATTACK」「MAGIC」「LIFE」の3つの能力うち1つを選んでレベルアップすることができる。

はるか昔から眠り続ける初代ゼルダ姫が登場し、「ゼルダの伝説」とはどのような伝説なのかが(取扱説明書で)語られる。プレイヤーはリンクを操作してハイラルを冒険し、6つの神殿にいる守護神を倒して、神像にクリスタルをはめ込まなければならない。そして大神殿で最後の守護神を倒し、勇気のトライフォースを解放するのが目的。

難度が高いことでも知られる。


大乱闘スマッシュブラザーズDX』と『大乱闘スマッシュブラザーズX』のステージ「神殿」は、このゲームをモチーフとしている。


2004年8月20日、ゲームボーイアドバンスで「ファミコンミニ ディスクシステムセレクション」のひとつとして移植版が発売された。

また、クラブニンテンドーの景品「ゼルダコレクション」にも収録されている。

バーチャルコンソールでも配信されている。

関連商品

ファミコンミニ リンクの冒険

ファミコンミニ リンクの冒険