スマートフォン用の表示で見る

ルボックス

選択的セロトニン再取り込み阻害剤(SSRI)

マレイン酸フルボキサミン抗うつ剤だが、「社会不安障害」(社会恐怖)にも処方される。

歴史
SSRIとしては初めて日本で認可の下りた薬。ハッピードラッグといわれたプロザックに似た化学式を持つ。
主な作用
脳に直接はたらいて感情の調節と高揚作用をあらわし、さらに自律神経を安定させる作用もあります。これらの作用によって精神活動を活発にします。特に脳神経の伝達物質であるセロトニンの神経終末での取り込みを選択的に阻害する事により今までのこの系統の薬より副作用が少ないといわれています。
副作用など
吐き気、のどの渇き、便秘、眠気、めまいなどの症状が出る事があります。
使い方と注意
十分な水とともに服用し、かみ砕かないようにして下さい。(苦みがあり、舌のしびれ感が現れる事があります)
備考
SSRI副作用を利用して早漏の治療に使われることがあります。勿論公費負担外。

抗うつ剤 医薬品

抗鬱薬