スマートフォン用の表示で見る

ロッキー青木

ロッキー青木

ろっきーあおき

1938年10月9日〜2008年7月10日

日本の実業家。冒険家アメリカでの鉄板焼チェーンのベニハナ(Benihana)の成功で最も知られる。東京都出身。慶應義塾大学経済学部卒業。

大学在学中の1959年にに日本選抜チームのレスリング選手としてアメリカ遠征に参加、1960年アメリカに留学し、ニューヨーク市マンハッタンのハーレムで移動式アイスクリーム店を開いた。番傘を添えるアイデアが話題を呼び、アメリカでの最初の成功を収めた。1964年に「ベニハナ・オブ・トーキョー」を開店。ショースタイルの料理法が受け、日本食がまだ珍しかった時代に店舗を次々に増やし、ベニハナチェーンを築いた。また、1982年に気球による太平洋横断なども行い、冒険家としても活躍した。