阿比留瑠比

読書

阿比留瑠比

あびるるい

 産経新聞政治部記者。2013年から政治部編集委員。ネットでの愛称は「あびるん」。

自称・保守派の記者。自治労日教組などを含む、連合と癒着する左派政党民主党を特に毛嫌いしている模様。

いかにも産経新聞らしく、最近の保守系の若者たちや旧来の中高年保守層の、一部に好まれやすい右寄り提灯記事をよく書くので、その層には人気があるといわれるが、文章力に乏しく詭弁も多く、提灯記事以外の価値を持たないとして右寄り以外からは批判されることも多い記者。産経新聞自体がゼロ年代以降は急激に、価格の値下げと同時に、下流右翼保守系庶民読者層を狭くフォーカスしたゴシップ記事ばかりを書く、いわば対ゲンダイ的な社風になってきているため、当然の帰結ではある。

第一次安倍晋三内閣時代は官邸キャップを務め、与党キャップの石橋文登とともに、取材記者を超えた安倍の取り巻きと指摘された。現在にいたるまで安倍とは親しく、たびたび「首相経験者の一人」に取材した記事を書いている。

2007年9月の安倍の退陣とともに外務省担当兼遊軍担当に異動となり、2009年9月の政権交代にあわせて与党担当になったが、与党民主党)に取材した記事はあまり書かなかった。(安倍元総理じたいが右傾・軍国系の発言を重ねる側の人物であるため、無理も無い流れではある。)

より詳しい情報は、当人氏名でのグーグル検索結果やウィキペディアにて充実している。

アルファブロガー

URLは関連リンク参照。産経izaの記者ブログでは最初に300万ヒットを記録し、書籍化もされた。

永田町取材日記 阿比留のブログ―国を憂い、われとわが身を甘やかすの記

しかしその後のヒット数は伸び悩み、1000万ヒット到達では宇佐見彰? *1に追い抜かれている。

ブログ記事「小沢一郎氏の初当選からの言動を振り返る・その一」で、アルファブロガー・アワード2008ブログ記事大賞を受賞した。

アルファブロガー・アワード2008:ブログ記事大賞

http://alphabloggers.com/

 なお、アルファブロガーアワードはこの年で終了している。

*1:韓流徒然日記−わが麗しの大韓民国− http://daehanminguk.iza.ne.jp/blog/