スマートフォン用の表示で見る

暗黒の木曜日

一般

暗黒の木曜日

あんこくのもくようび

1929年10月24日木曜日のアメリカニューヨーク株式市場株価暴落。この時はウォール街の仲買人たちが協議の末、モルガン銀行が中心となって買い支えを決意し、1億3000万ドルが投じられたと言われる。このニュースで一旦は値を戻す。しかし週が明けた28日に市場は再び急落、翌日の火曜日29日はさらに1600万株以上が売りに出され市場は崩壊した。同年9月には381だったダウ・ジョーンズ工業株価指数は結局11月半ばには198とほぼ半減、金融の急激な縮小は深刻な景気後退をもたらした。恐慌はただちに世界の資本主義諸国に波及し、世界恐慌となった。

関連:ブラックマンデー